レビュー
» 2005年12月14日 09時00分 公開

任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場「おいでよ どうぶつの森」レビュー(4/5 ページ)

[仗桐安,ITmedia]

いざ、おでかけ! 近くにも遠くにも行けるようになりました

画像

 前作までもほかのプレーヤーの村におでかけすることはできたが、それはあくまでもメモリーカードなどを持ち寄よることでの交流しかできないことだった。しかし本作は違う。本作の最も画期的なところは、ニンテンドーWi-Fiコネクションによる、遠くの村へのおでかけである。

 カンタンあんしん無料の3つのセールスポイントを前面に押し出し、満を持して提供を開始したニンテンドーWi-Fiコネクション。その対応ソフト第1弾が本作だ。無線LAN環境を整える必要があるが、今やブロードバンドの普及率はかなりのものだし、家に無線LANのアクセスポイントがなくても、ニンテンドーWi-FiUSBコネクタを使えばサービスを受けることができる。家にインターネット環境がなくてもFREESPOT提供エリアや家電量販店、総合スーパーや、玩具店などにあるニンテンドーWi-Fiステーションでもつなげることができるので、選択肢はかなり広い。

 実際に接続して4人で遊んでみたのだが「これが今ネットワークにつながっているのか」と疑問を抱くくらいに操作は快適。オンラインゲームといえば、ともすればタイムラグが発生したりしそうなものだが、ラグまったくなしでノンストレスだった。

 前述したように、基本的には軽快な動作で、気軽にニンテンドーWi-Fiコネクションを楽しむことができる。お互いにコードを知ってる人でなければ村に入って来れない、というクローズドな設定は、セキュリティ面の安心さもあるし、誰だか分からない人が入ってきて対応に困るという気苦労もない。

画像 チャットはタッチペンで書いたほうが断然早い!

 先日、友人夫妻と3人で遊んでいるときに、その奥さんのほうの友人が遊びにきたときはびっくりした。もちろん筆者は面識がない方だ。現在広島に住んでいるとのこと。「今広島在住の全く知らない人と同じ村で遊んでいる」と思ったら、ネットワークゲームではそんなことは当たり前なのに、何だか妙に感動したのだった。

 つながること自体の感動もあったが、4人で遊ぶとその楽しさたるや半端ではない。タイマーというアイテムを使って「5分以内に何匹魚を釣れるか」「釣った魚を売ったらいくらになったか」を競ったり、ただ単に「よーいどん」で役場から自宅まで走るだけという“かけっこ”や、虫あみを使った“鬼ごっこ”や“かくれんぼ”、まったりとチャットなど、その行為自体は取るに足らないものでも、インターネットを経由して、遠くの人とつながっていることが楽しさを何倍にもしていた。本作は「コミュニケーション」というジャンルを銘打っているが、まさにその通りだと思わされた一面であった。

 本作の通信はWi-Fiだけではない。もちろんニンテンドーDSを持ち寄っての通常のワイヤレス通信によるおでかけも可能だ。近所に本作を持っている友人がいるという幸せな人はそちらで積極的に遊んでみるのもいいだろう。

画像

 さらに本作はすれちがい通信機能も搭載している。メッセージボトルを海か川に流した状態でゲームを終了し、その後タイトル画面からすれちがい通信を選択すると、みしらぬネコが登場。すれちがい通信モードに入る。この機能もさっそく試してみた。結果としては、新宿や有楽町など山手線エリアを移動していると割と高確率ですれ違えた。ボトルにさくらんぼをつけてくれた人もいたりして(これが前述したさくらんぼだ)、そうすると筆者もボトルに何かアイテムをつけるようになり、メッセージにブログのURLを載せてみたり色々と工夫をするようになった。どこの誰だか分からない人とすれ違うわけだが、メッセージをちゃんと書くことで確かに相手とつながってるという感覚を持つことができる。数日間のあいだにかなりの頻度ですれ違えたという結果から「nintendogs」から始まったすれちがい通信が、ここに来て定着して来ているなという印象を持った。今後ますますすれちがい通信の需要も供給も高まっていくのではないだろうか。

画像 よくわからない面白メッセージが来ることもある。みんなそれぞれに工夫をしているようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる