レビュー
» 2005年12月14日 09時00分 公開

任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場「おいでよ どうぶつの森」レビュー(5/5 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

提供されたのは自由に遊ぶことができる上質な「遊び場」だった

 本作の魅力はその自由気ままっぷり、フリースタイルさではあるが、それが逆にイヤだという方もいるかもしれない。ゲームには目的があって、それを完遂したときに得られる達成感とかカタルシスが好きだ、という方は本作のあまりの自由度に「で、次は何をしたらいいの?」となるんじゃないだろうか。事実、そこそこゲームが好きな知人に本作がどういうゲームかを説明したら「それはじゃあ何かを倒すとかはないの?」という質問を受けた。「何も倒さなくていいんだよ」と言うと「えー、そうなんだ、分かんねーなー」というリアクションがあった。考え方は人それぞれだとは思うが、そういったスタンスの人には本作はかったるいゲームにしか見えないという可能性もある。

画像

 ストーリー重視の一本道なゲームや、ルールが細かい複雑なゲームがダメだというわけではないが、その対極にある本作の面白さをできるだけ多くの人に体験してほしいと、筆者は切に思う。本作でプレーヤーがメーカーからもらえるのは、用意されたドラマや決まりきったデモシーンではなくて、せまいけれども広大な「遊び場」だけだ。「ここで好きに遊んでいいですよ」と遊び場を提供されたプレーヤーは「はて、好きにと言われても何をしたらいいのやら」と思いつつ色々やっていくうちにやるべきことを発見していく。その過程はなんともアナログなものだ。前述した4人での“かけっこ”や“かくれんぼ”は最たる例だろう。

 筆者の場合、今日はちょっとさかな釣って終わろう、と思って電源を入れたとしても、いったんやりだすと「あ、化石だ」とか「そういえばここであれしたかったんだ」「あんなとこにこんなものが」「これ欲しいからもうちょっと金稼ごう」などといろいろやりだして、結局長いあいだプレイしてしまうということが多かった。我ながらなぜだろうと思う。何もしなくてもいい空間なのに何かを見つけてしまうし、わずかな変化が気になってしまうのだ。メーカー側が遊び場として提供してくれたこの世界が、非常に作りこまれていて懐が深いからこそ、そうやって引き込まれていくのだろう。筆者の周りにいる本作のプレーヤーたちも相当にハマっているようだった。Wi-Fiで遊んだ友人夫妻の家のなかにはそれぞれ思い思いの家具が置かれめいっぱい本作を楽しんでいる様子がうかがい知れた。すれちがい通信の成功頻度も本作の普及度と人気度の高さを示しているように思う。

 本作の売りは何と言ってもニンテンドーWi-Fiコネクションを使ったプレイだが、スタンドアロンな環境でも充分楽しめるつくりになっている。毎日の変化が楽しくて思わず今日も電源を入れてしまうことだろう。そしてたぬきちの店(オープンは午前8時から午後11時)に行きたいがために、夜型人間が朝型人間になるくらいの影響力はあるかもしれない。ハマる人はとことんハマるスローライフな世界観を思う存分楽しんでほしい。そしてこれを読んでいるあなたとどこかですれちがえたり、お互いの村で遊べる日が来ることを待ち望むばかりである。

画像
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい