連載
» 2005年12月14日 12時00分 公開

三国志演義のテーゼ「三國志II」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/4 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

計略コマンドはまさに“詭道”が満載

画像 フードテーマパーク「横浜大世界」1階おみやげ屋さんの店頭にあった関羽像

 「三國志II」では、こうした戦闘時の計略ばかりではなく、そのものずばり「計略」というコマンドも用意されている。ほかの勢力に対して、裏の策略を仕掛けることができるのだ。

 「計略」は、「埋伏の毒」「二虎競食」「駆虎呑狼」「敵中作敵」「偽書疑心」の5つ。

 「埋伏の毒」とは、武将をほかの国の在野武将として送り込む計略。その国で登用されると、ほかの武将の忠誠度が下がっていくし、いざその国と戦闘となったとき、こちらに寝返る可能性が高い(本当に敵の武将になってしまう場合もある)。

 元ネタは三国志演義で、曹操が赤壁の戦いの際、蔡中・蔡和という武将を呉に送り込んだことに由来する。ただしこれは周瑜に見破られ、ニセの情報を流すのに利用されてしまった。

 「二虎競食」と「駆虎呑狼」は、曹操の軍師・荀揩ェ、劉備に仕掛けた計略が元になっている。二虎競食は劉備と呂布を争わせようとした計で、駆虎呑狼は劉備に袁術を攻めさせ、そのすきに、呂布に劉備の城を乗っ取らせようとした計。二虎は劉備に見破られる。駆虎は一応成功したが、結局呂布と劉備はすぐに休戦した。

 「三國志II」では、「二虎競食」は2つの国をけしかけて争わせる計略、「駆虎呑狼」はほかの国の太守を説得して独立させる計略になっている。

 「敵中作敵」は、敵の武将と事前に交渉して、戦闘のとき確実に寝返らせる計略。

 三国志演義では、例えば劉璋配下の張松、法正らが、実は劉備と通じていて、劉備の入蜀に協力した例や、孟獲が諸葛亮と対決した際、味方と思っていた楊鋒に捕らえられた例などがこれに近いか。

画像 あらかじめ内通していた武将は、戦闘の際、確実に寝返る

 「偽書疑心」は、ニセの手紙を出して敵の君臣の仲を裂く計略。敵の武将に仕掛け、成功すると武将の忠誠度が下がる。

 演義では、魏の賈ク(クは言べんに羽)が、馬超と韓遂の間を引き裂くため、ところどころを墨塗りにした手紙を韓遂に送っている。馬超がこれを見て韓遂に疑いを持って仲違いし、曹操に敗れている。

画像 偽書疑心の計は、「三國志II」では手軽で使いやすい計略だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  7. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  8. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  9. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10