トップ10
» 2005年12月14日 20時48分 公開

次世代の幕は開けた……のか!?

Xbox 360の発売週ということもあり、Xbox 360関連の記事7本がトップ10にランクインする結果となりました。これだけ高い注目度だけに、すばらしいスタートダッシュをきったかと思いきや……。

[遠藤学,ITmedia]

 ご覧の通り、今回のトップ10はXbox 360一色と相成りました。中でも「Xbox 360徹底解剖!」シリーズはトップ3を独占。その注目度の高さがうかがえます。

 発売日には編集部も散り散りとなって、各イベントの取材へと行ってきました。私は前夜祭イベント「Xbox Live オフ会@Xbox 360 LOUNGE」へと赴いたのですが、やはり現行機を所持しているユーザーだけあり、その熱気はかなりのもの。開場時間は午後9時でしたが、30分前にはすでにかなりのユーザーが集結していました。

 さて、発売からすでに4日がたち、販売状況なども明らかになってきました。数字だけ見ると、Xboxよりも穏やかなスタートとなっているようです。その理由として幾つか考えられるものがあります。

 まずは何と言っても、「デッド オア アライブ4」が延期になってしまったこと。Xboxが登場した際には「デッド オア アライブ3」が、初週で10万本近い販売本数を誇っていただけに、人気シリーズ最新作の延期が、そのままダイレクトに影響してしまったと見ることができます。

 さらに言えば、やはりロンチタイトルの少なさも挙げられます。Xboxの時は12タイトルでしたが、Xbox 360では6タイトル。“タイトルを厳選してリリースした”と捉えることもできますが、それでも購入するユーザーの立場から見れば、選択肢が限られてしまっていたということになるのでしょう。

Xboxのロンチタイトル

 幻魔 鬼武者
 信長の野望 嵐世紀
 ESPN winter XGames Snowboarding2002
 エアフォースデルタII
 サイレントヒル2 最後の詩
 ハイパースポーツ2002WINTER
 JSRF ジェット セット ラジオ フューチャー
 デッド オア アライブ3
 ダブル・スティール
 天空 -Tenku- Freestyle SnowBoarding
 プロジェクトゴッサム ワールドストリートレーサー
 ねずみくす

Xbox 360のロンチタイトル

 エブリパーティ
 パーフェクトダーク ゼロ
 FIFA 06ロード・トゥ・FIFAワールドカップ
 RIDGE RACER 6
 ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド
 テトリス ザ・グランドマスターエース

 ただ、プラスの面でXboxの時とは明らかに違う点もあります。それは多くの日本メーカーが具体的にリリースタイトルを表明していること。そして、坂口博信氏(ミストウォーカー)の「ブルードラゴン」や「ロストデッセイ」、水口哲也氏(キューエンタテインメント)の「ナインティナイン・ナイツ」など、著名クリエイターによるXbox 360専用タイトルが控えていることです。

 Xbox 360は、プレイステーション 3やレヴォリューション(仮)といった、ほかの次世代機よりもかなり早いスタートを切りました。両者が発売するまでに、定期的なソフトの供給体勢を整える。Xbox時代からのユーザーはもちろん、Xbox 360に期待して購入したユーザーのためにも、今後のさらなる奮起を期待したいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」