レビュー
» 2005年12月15日 17時56分 公開

10周年記念作品の名に違わぬ「テイルズ オブ」シリーズ最新作を隅々まで遊び倒す「テイルズ オブ ジ アビス」レビュー(1/3 ページ)

1995年12月に発売されたシリーズの第1作目「テイルズ オブ ファンタジア」から10年。10周年記念作品とうたわれたシリーズ最新作は、最高傑作となりえたのか!?

[桜山憂太,ITmedia]

 スーパーファミコンからNINTENDO64の移行期に、シリーズの第1作目「テイルズ オブ ファンタジア」(以下TOP)が発売された。それが、今からちょうど10年前の、1995年12月15日のこと。当時TOPは、ハード移行期からか、あまり話題になることが少なかったように記憶している。

 しかし、オープニングの演出や独自の戦闘システム、そのストーリーに惹かれるユーザーが増え、口コミでソフトの素晴らしさが広がっていく……。その不遇とも言える船出をしたナムコの本格RPGシリーズが、遂に10周年を迎え、最新作「テイルズ オブ ジ アビス」(以下TOA)を発売。本作は10周年記念作品とうたわれ、シリーズの総力を結集して制作された、まさに最高傑作と言える作品になっている。今回のレビューでは、各要素にスポットをあてて、じっくりと本作の楽しさをお伝えしようと思う。

傍若無人な主人公ルークを始め、展開の読めないストーリーや設定に惹きつけられる

 「テイルズ オブ」シリーズと言えば、登場キャラクターたちの魅力が、大きな要素の1つだが、TOAではそれがもっとも顕著な作品になっていると言える。なんと言っても主人公であるルークが、公爵家の子息という今まででにはなかったパーソナリティを持ったキャラとなっている。しかも、わがままで世間知らずという、ある意味やりたい放題だ。最初にミュウを「ブタザル」と呼ぶあたりなど、傍若無人ぶりをいかんなく発揮しているわけである。

 このキャラクター性には賛否両論ありそうだが、個人的にはいわゆる普通のRPGの主人公と違い、己の欲求を剥き出しにするあたりに人間らしさを感じることができた。そして、ストーリーが進むにつれて様々な経験や出会いを経て、ルークが成長して行く様、さらにはあらゆる葛藤が垣間見え、自分とシンクロする感覚を味わえるはず。物語の後半では、ルークの考えに共感できるかできないかは、個人の考えによる所が大きいが、そういう意味でもシリーズの中でも異色の展開が続いて行くと言える。

 そして、ルークと旅を共にする、ティア、ジェイド、アニス、ガイ、ナタリア、イオンは、ルークとは違うパーソナリティを持っており、それぞれの個性が存分に引き出される展開が待ち受けている。今作が、1人ひとりにしっかりスポットの当たるストーリー構成のため、それぞれの考えや行動理念などがしっかり理解できるようになっている。ふざけているようなキャラの背景には、特別な理由があったり、そのうえで今までの行動を思い返してみると、あらゆるところに伏線が張られていたり……。2周目プレイでも、新たな理解をさせてくれるはず。

 ストーリーは、最初から最後まで惹きつけられっ放しで、とにかく先を知りたくなる展開が続いていく。しかも、六神将たちとの絡みや、シリーズお馴染みの漆黒の翼など、さまざまな人間たちの、それぞれの思惑が絡み合い、飽くことがない。多少イベントシーンが多いと感じたが、ストーリー内容が深いため、苦にならずにどんどん進めることができるだろう。

川が海に流れて行くことを知らなかったり、世間知らずだけでは済まされないような感じ。人に対する態度も貴族のものとは思えない。あらゆる意味で、既存のRPGの主人公の殻を破っている言える
ヴァンの本名はヴァンデスデルカ? などといった、思わず唸ってしまうような設定が多く練り込まれている。何故ティアは実の兄であるヴァンを殺そうとしたのか、その理由が徐々に明らかになる時に、物語は思わぬ方向へ転換していく
各キャラクターのパーソナリティが、余すことなく生かされている。後述するが、その個性は戦闘にも見事なまでに生かされている為、気に入ったキャラクターをそのまま戦闘で扱いたくなるはず。イベントシーンでの表情や動きも豊かで、キャラの個性がとても分かりやすい
TOAのあらすじはルークの日記になっている。これも、ルークの性格をよく表しており、イベントによってどんな心境だったのかが分かりやすい。もちろん、あらすじの本質はブレていないので、迷ったときにも重宝する

フリーランで縦横無尽に駆け巡り、“FR-LMBS”を満喫せよ

 TOAでは遂にフリーランが搭載され、戦闘時に自由に動き回れるようになった。“FR-LMBS”(フレックスレンジ リニアモーションバトルシステム)と呼ばれ、「テイルズ オブ シンフォニア」(以下TOS)の正統進化と言って間違いない。TOSの戦闘の爽快感をそのままに、さらに自由度を増した今回の戦闘は、シリーズ最高のデキと感じた。

 残念なのは、ADスキルでフリーランを覚えるまでは、自由に動き回れないという点。もっとも、普通にプレイをしていれば、序盤で覚えるはずなので、大きな問題ではないが。また、戦闘は、今までセミオートでしかプレイしたことのない人でも、今回はマニュアルでプレイしてみてほしい。敵の鼻ッ先をかすめて背後に回るなどの戦略を、存分に堪能できるはずだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい