レビュー
» 2005年12月21日 17時45分 公開

小畑さんが描く華やかでポップな外見とは裏腹な、本格志向の「義経」でブームを締めくくる「義経紀」レビュー(1/4 ページ)

大河ドラマの影響か、源平の争乱が各方面で話題を集めた2005年。ゲーム界において、そのトリを務めるのが、この「義経紀」だ。人気漫画家・小畑健さんのキャラクターデザイン、さらには田中敦子さんや大塚明夫さんをはじめとする実力派声優の演技を得て、悲劇の将の半生が華麗によみがえる。

[水野隆志,ITmedia]

アクションRPG色の強い、本格的なシステム

 「義経紀」は、ステージクリアタイプのアクションゲームだ。プレーヤーは、主人公である義経を操作し、伊勢三郎、武蔵坊弁慶、那須与一、静御前という4人の仲間たちと日本各地で戦いを繰り広げていく。純粋な歴史物ではなく、敵には妖怪、怨霊、鬼などのちみもうりょうが登場。平安時代末期を舞台にした、伝奇アクションなのだ。

 システム的に見ると、顕著な特徴として、アクションRPG色が強いことが挙げられる。義経たちは敵を倒し、経験値を得ることでレベルアップしていく。これはかなり重要で、レベルが低い状態では、攻撃力・防御力ともに低く、苦戦は必至だ。

 本作では、持てるアイテムの総数が決まっており、さらに同一アイテムは9個までしか持てないようになっている。そのため、レベルが低い状態で無理矢理先へ進もうとすると、ダメージを受ける→回復アイテムが足りなくなる→撤退という、悪循環に陥ってしまう。戦い慣れた敵が相手なら、ノーダメージで倒すことも可能だろうが、初めて出くわした敵や、数が多い場合などは簡単にはいかない。ナメてかかると痛い目に遭うだろう。

photo すべての武器には損傷の概念がある。どんな名刀もずっと使っていると、どんどん切れ味が悪くなっていってしまう。そのため、戦闘には切れ味を回復する「砥石」を携行することが必須。仲間のひとりである那須与一は弓を使うが、この場合も弦が傷んでいく。予備の弦がないと、ボス戦のときにはまともに弓が撃てない、という最悪の状況を招くことさえある

歴史上の名場面をステージとして再現

 物語は、義経の幼少期、まだ牛若丸と呼ばれていたころから始まる。平家の目を逃れて鞍馬山に潜んでいた時代から、奥州・平泉への逃亡、そして兄・頼朝の挙兵に応じてその幕下に馳せ参じ、木曽義仲や平家一門と戦っていく過程が、歴史の時間軸に沿って展開していく。クライマックスは当然、平家との最終決戦、壇ノ浦だ。

ステージ構成

No 戦場 操作キャラ 主要敵
1 鞍馬山 牛若丸 大天狗
2 平安京 牛若丸 酒呑童子
3 奥州平泉 牛若丸 平国香
4 宇治川 義経 木曽義仲、巴御前
5 平安京 義経 酒呑童子(再戦)
6 一ノ谷 義経 平家の軍勢
7 屋島 義経 平家の軍勢
8 壇ノ浦 義経 平家の軍勢

photo ステージ間に移動は、このマップ上で行う。なお、1度クリアしたステージには、何度でも再挑戦が可能。仲間のレベルに差がついてしまったときなどは、これを使って鍛えるのが有効だ

 各ステージは、情報収集や武器・アイテムの購入などを行う「ホームタウン」と、敵との戦闘を行う「クエスト」に分かれている。例えば、第1ステージとなる鞍馬山の場合、牛若丸が預けられている寺の周辺がホームタウン、そこから山中に入るとクエスト開始という構造になっている。

 さらに、各ステージには、サブクエストと呼ばれる、小規模のクエストが用意されている。メインストーリーを進めていくだけでもゲームはクリアできるが、サブクエストは経験値や金を稼ぐことができる絶好の機会。ホームタウンで情報を集めれば、簡単に始めることができるので、なるべく無視せずにチャレンジしたいところだ。

photo サブクエストの内容は、味方に情報を届けたり、略奪を受けている村を救うなど、実にさまざま。ただし、いずれの場合も敵兵や妖怪たちとの戦いが待っている。メインのクエストに比べると短い場合が多いが、それでも準備なしでクリアできるほど、甘くはない。油断は禁物だ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」