ニュース
» 2005年12月22日 01時27分 公開

「機動戦士ZガンダムIII ―星の鼓動は愛―」の最新情報到着

2006年3月4日より全国でロードショー公開される劇場版「機動戦士ZガンダムIII ―星の鼓動は愛―」。シーンカットとストーリー解説が到着したので紹介しよう。

[ITmedia]
画像

 「A New Translation=新訳」としてよみがえった「機動戦士Zガンダム」の最終章となる「機動戦士ZガンダムIII ―星の鼓動は愛―」。第1部「星を継ぐ者」、第2部「恋人たち」に引き続き、デジタル技術「エイジング」と新作画パートにも磨きがかかる。ティターンズ対エゥーゴの内戦状態に、木星輸送船ジュピトリス、旧ジオン軍の残党アクシズを加えた複数勢力の乱戦模様を、富野由悠季総監督がスピード感とダイナミックなリズムで一本のフィルムにまとめあげていく。

 また、第1部からテーマ曲を手がけてきたGacktさんの歌が映画のクライマックスをさらに盛り上げる。完全新作となるエピローグでは、驚きの映像が我々を待ち受けているという。

 Zガンダムは、世代を超えた新しい作品として再生した。過去と現在――20年という時の隔たりを超えて、ガンダムの原作者であり総監督の富野由悠季氏は、明日への希望を次なる新世代へ提示する。


ストーリー

 宇宙世紀0087年、地球圏の戦乱は混迷を極めていた。連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、エゥーゴを指揮する立場となったクワトロ(シャア)、ティターンズを我が物にしようともくろむ“木星帰りの男”シロッコ、そして「ザビ家」復興を掲げるジオン軍残党"アクシズ"の指導者ハマーン・カーン。3つの勢力の地球圏の覇権を賭けた、政略と軍略が絡み合い、戦局は、巨大レーザー砲へと改造されたスペースコロニー、グリプス2を巡る最終局面へと突き進んでいく。

画像

 戦場では、人の愛情と憎しみが交錯する。エゥーゴを離れ、ティターンズのシロッコのもとへ身を寄せるレコア。シロッコを慕いながらも、エゥーゴのカミーユたちにひかれる少女サラ。そんな人々の想いを受け止めながらZガンダムは、混迷の戦場を飛ぶ。そして、ついにカミーユは知る。Zガンダムの持てる力で倒すべきは誰なのかを――。戦火の果てにカミーユを待ち受ける運命とは!?

画像

スタッフ&キャスト
原作・脚本・絵コンテ・総監督富野由悠季
カミーユ・ビダン飛田展男
シャア・アズナブル池田秀一
ハマーン・カーン榊原良子
パプテマス・シロッコ島田 敏
製作吉井孝幸
企画内田健二
原案矢立 肇
プロデューサー松村圭一、久保聡
キャラクターデザイン安彦良和
メカニカルデザイン大河原邦男、藤田一己
キャラクター作画監督恩田尚之
メカニカル作画監督仲盛文
美術監督甲斐政俊
デジタル色彩設計すずきたかこ
撮影監督木部さおり
編集坂本久美子
スタジオ演出松尾衡
音楽三枝成彰
テーマ曲Gackt
音響監督藤野貞義
企画・製作サンライズ
製作協力バンダイビジュアル
配給松竹
2006年/カラー/99分/ドルビーデジタル/ビスタサイズ
(C)創通エージェンシー・サンライズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい