連載
» 2005年12月27日 15時03分 公開

売れてる割に語られない「スーパーマリオランド」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

今回は、ゲームボーイのローンチタイトル「スーパーマリオランド」(任天堂)。419万本も売れているのですが、その割にいまひとつ目立たないような気がします。個人的には好きなんですけどね。

[ゲイムマン,ITmedia]

最新鋭のゲームとも遜色ないおもしろさ

 12月23日のお台場は、もっとカップルでごった返しているかと思っていたが、昼間はまだ意外と混雑していなかった。

画像 関東の駅百選に選ばれた国際展示場駅。真後ろに有明コロシアムがある。この日はシャラポワさんが来ていたらしい

 駅の近くにあるパナソニックセンター東京の1階に、ニンテンドーゲームフロントがある。任天堂ゲーム機の最新ゲームが楽しめる。お子さんたちでにぎわっていた。

 この日試遊できたゲームは、ゲームボーイアドバンスの「通勤ヒトフデ」「スーパードンキーコング3」、ゲームキューブの「マリオパーティ7」「伝説のクイズ王決定戦」、ニンテンドーDSの「ポケモン不思議のダンジョン」「おいでよ どうぶつの森」「ソニックラッシュ」「マリオカートDS」「だれでもアソビ大全」など。

 通勤ヒトフデをプレイする。おもしろい。今度買おう。

画像 入口のマリオ像は、記念撮影のスポット

 ……じゃなくて、今回のゲームは「スーパーマリオランド」である。

 数あるマリオシリーズの中で、なぜこれを取り上げるかというと、419万本も売れたゲームの割には、語られることが少ないような気がするからだ。

 その理由としては、「スーパーマリオブラザーズ」のゲームボーイ版という位置づけや、2カ月後に発売された「テトリス」が、マリオランドを上回るヒットになって、ゲームボーイ本体の売り上げを牽引したことが挙げられるだろう。

 携帯型ゲーム機のゲームなので、久しぶりに現地でプレーしてみることにした。

 とはいっても、さすがにニンテンドーゲームフロントでやるのは気が引けたので、パナソニックセンター前の路上で、ゲームボーイカラーを取り出して、スーパーマリオランドをプレーしてみた。

 さっき見た最新鋭のゲーム機と比べると、グラフィックはさすがに見劣りするのだが、16年前のゲームなのに、プレーしている感覚は、意外なほど最新のゲームに引けをとらない。

画像 ゲームキューブの「ゲームボーイプレイヤー」で撮影。もともとはモノクロ4階調の画面

 それはやはり、ゲーム機の性能が良くなり、できることが増えていっても、本質的な“おもしろさのエッセンス”は、それほど変わらないからではないだろうか?

 もっとも、通勤ヒトフデなどの新しいゲームにも、そのエッセンスがあるからか、“昔は良かった”という感覚には陥らなかった。

ゲームボーイのローンチタイトル

画像 各ワールドの最後にはボスキャラがいる。ワールド1のボスは、火を吐くキング・トトメス

 ゲームボーイは、1989年4月21日に発売された携帯型ゲーム機。スーパーマリオランドは、本体同時発売ソフト、今でいうローンチタイトルだった。

 ちなみに、ゲームボーイのローンチタイトルは、ほかに「アレイウェイ」、「ベースボール」、「役満」があった。

 年号が昭和から平成に変わり、ベルリンの壁が崩壊した1989年。ゲーム界も変革期を迎えつつあった。

 前年末に、PCエンジンが新しい記憶媒体「CD-ROM」を商品化させ、新時代の到来を予感させた。また、セガは前年、16ビットのゲームマシン「メガドライブ」を発売している。

 一方任天堂は、ファミコンの後継機種となる16ビット機「スーパーファミコン」を発表していたものの、実際の発売は予定より遅れ、結局翌年11月までずれ込んだ。

 そんな時期に任天堂が発売したのは、まったく新しいタイプのゲーム機だった。

 この頃、テレビにつなぐタイプのゲーム機としては、もちろんファミコンが圧倒的なシェアを誇っていたのだが、一方で細々ながら、旧来の液晶ゲームも作られ続けていた。

 私は当時高校生だったが、修学旅行に何人かのクラスメイトが、昔のゲーム&ウォッチを持ってきていて、けっこう人気だったような記憶がある。

 旅先や屋外などでゲームをしたいというニーズが、少なからずあったのだろう。任天堂はうまくそこを読み取って、ファミコンのようにカセットを変えることでいくつものゲームを遊べるゲーム機、「ゲームボーイ」を発売、成功させたのだ。

(ただしゲームボーイより以前、1985年にエポック社が、カセット交換式の「ゲームポケコン」という液晶ゲームを作ったが、あまり普及しなかった)

 ゲームボーイはその後、後発のゲームギア、PCエンジンGT、リンクスの追撃をかわし、一時期低迷期もあったものの、「ポケットモンスター」の大ブレイクで復活。

 その後ゲームボーイカラーなどを経て、ゲームボーイアドバンスに移行するが、ゲームボーイアドバンスSPに至るまでは、スーパーマリオランドを始めとする、初代ゲームボーイ用ゲームもプレイできた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」