レビュー
» 2005年12月28日 09時18分 公開

年末年始はごろごろコタツでごろごろ転がせ「僕の私の塊魂」レビュー(1/3 ページ)

塊を転がし、周りにあるオブジェクトをくっつけていき、どんどん大きくしていくという“塊魂”シリーズ。その最新作がPSP版「僕の私の塊魂」として登場した。PS2版と違い、アナログスティックが1つしかないPSPでは、快適にプレイできるのだろうか。そして、中身はどのように変わったのだろうか。誰もが気になる部分を見てみた。

[篠崎薫,ITmedia]

不思議な面白さを持つ“塊魂”シリーズとは

 PS/PS2用コントローラ・デュアルショックに付いている2つのアナログスティックを上手に利用したゲームは数多く発売されているが、中でも奇抜な内容なのが、ナムコから発売されている「塊魂」(以下、塊1)」だろう。主人公の王子を操作して、塊を転がしながら周囲のモノを巻き込んで、どんどん大きくしていく。一言で言うならば、たったそれだけなのにも関わらず、プレイした人間を中毒にしてしまうゲーム性に、驚きと感嘆を覚えたものだ。雑誌で記事を見ても、DVDなどで動画を見てもあまり面白いと感じなかったのに、なぜか自分で遊ぶと虜になる……。この不思議さは、今もって謎だ。

 塊魂の操作方法はいたって簡単で、左右のアナログスティックを用い、戦車を移動する感覚で動かすだけ。両方を前に倒すと前進だが、片方が前でもう片方が後ろの場合は、その場で右または左に回転する。左右両方共に右または左へ倒すと、その方向へ転がっていく。両方のアナログスティックを押し込むと、塊の反対側へ王子が移動する“王子ターン”ができ、前後にスティックをガチャガチャと入力すれば、一気にダッシュする“王子ダッシュ”などの行動がとれる。

初めての時は違和感を感じるかもしれないが、慣れれば何の問題もない
“王子〜”という技が付いているものの、要はダッシュや方向転換するだけ

 このように、理にかなった操作方法と不思議な面白さで数多くのプレーヤを惹きつけた作品はその後、2005年に続編となる「みんな大好き塊魂」(以下塊2)を発売し、バリエーション豊かになったステージと大幅にアップしたボリュームで、またも大勢の人を魅了した。その第3弾となるのが、今回PSPで発売された「僕の私の塊魂」となる。

PSP初期ロットに悩まされるも、面白さは変わらず

 これまでシリーズを通してプレイしてきた身としては、どのような操作形態を取るのかという点で、一抹の不安を抱えていた。アナログスティックが1つしかないPSPなので、操作方法がまったく思いつかなかったのだ。ところが実際にプレイしてみると、それは良くある方法で解決されていた。

 左側の方向キーを左スティックに、右の○×△□が右スティックに見立てた操作方法という、ある意味それ以外はないという配置。前方へ進みたいときは、方向キーの上と△ボタン、その場で回転ならば、方向キーの下を押しながら△ボタンといった具合だ。とはいえ、前述した“王子ターン”などはアナログスティックを押し込むという動作のため、そのままでは再現できない。どのように解決されているのかと言えば、方向キーの左と○ボタンを2回、素早く押すことでターンが出来るようになっていたのだ。そのほかのコマンドも、方向キーとボタンの組み合わせで再構築されており、遊んでいくうちに自然と慣れていくため問題はなかった。

王子ターンは、アナログスティックなら左右に2回素早く開くような感じの操作になっている。そのほかも、なかなか考えられた仕組みになっているのに関心

 ただし、PSPで遊んでいると指が痛くなってしまい、長時間のプレイはキビシイ。せっかく時間があっても、指が先に音を上げてしまうのだから、これはもう致し方ない。このようなことがあるたびに思うのが、PSやPS2用のコントローラを外付けできるコネクタを、どこでもいいから出してほしいということ。そうすれば、本作も普通にアナログスティックでプレイできるのだから、一気にプレイ環境が快適になるのだが……。

簡単ルールで、誰もがすぐにプレイ可能

 それでは早速ゲームの中身を見ていこう。今回、またも王子が塊を転がすことになってしまったわけはこうだ。バカンスで南の島に来ていた王様一家。ダイナミックでステキな泳ぎを披露します。思いっきり遊ぶ日々を過ごし、みんな大満足。しかし一方「楽園諸島」と呼ばれる島々では、とてつもない大波が押し寄せそこに住んでいた動物たちは漂流生活を始めることに……。やがて出会った王子と王様に不幸を打ち明け、王様がいつものように、王子に島作りを任せる……となっている。

相変わらず、自由奔放な行動の王様。それがまた、王様らしいという話もあるわけだが

 ゲームを始めると、シリーズお馴染みのチュートリアルからスタートする。ステージ構成は塊2に近く、ここで画面左右に表示されている指示通りに塊を動かしていくと、最後はイトコ達を巻き込んでクリアとなる。単純ながらも一通りの操作方法を覚えられるので、慣れないうちはここで練習するのがいいかもしれない。

拠点となるオウジ島

 それが終わると、王子のために王様が島を1つ用意してくれる。そこが今回のスタート地点であり、王子の今後の拠点となる「オウジ島(名前は任意に変更可)」。島が流されてしまった動物たちが陳情に来たり、各種スコアのチェックやデータの保存などができる。ほかにも、いとこたちが住む「豆ノ木島」や、一風変わった依頼をしてくる動物が集まる「ミニ火山島」などもあり、なかなかにぎやかな感じだ。オウジ島にやってきた又はミニ火山島を訪れた動物たちの話を聞くと、いよいよゲームスタートだ。

素敵コレクションもチェックできる。今回も100%達成は至難の業だ
何故かイトコ達が住み着くようになる「豆ノ木島」。雲の上と水中にも、イトコ達がわんさか
ミニ火山島では噴火で、オウジ島ならパチンコで目的地に飛ばされる。これがまたユニークで、思わず笑ってしまう
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」