ニュース
» 2006年01月11日 13時57分 公開

練馬の3人組がアニメ界に新風を巻き起こす!?――TVアニメ「練馬大根ブラザーズ」(1/2 ページ)

1月9日より放映が開始されたTVアニメ「おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ」。“史上初のミュージカルアニメ”と銘打たれたこの作品には、通常のアニメとはまた違った数々のこだわりが隠されているようだ。声優陣のコメントも交え、その実情に迫ってみよう。

[ひろいち,ITmedia]

 お金は天下の回りものなどと言うけれど、実際のところ、回るところと回らないところがあるような気がしてならないなんていうのは、誰もが思っていること。2006年1月9日より放映開始したTVアニメ「おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ」では、そんなせちがらい世の中にお金を回しちゃおうじゃないかという、正義のギャングたちが登場する。

 元アイドルのイチローは、現在はホストクラブで働いている。なぜかといえば、彼は練馬在住の3人組のギャング「練馬大根ブラザーズ」のひとりで、さまざまな人と会話を交わしながら、たくさんの情報を得ているのだ。そんなイチローの情報を元に、ヒデキとマコも含めた「練馬大根ブラザーズ」は、悪徳企業が不正をして手に入れた資金「黒いお金」の調査をしているのだった。そして彼らは、悪い奴らが貯め込んでいるお金を回収しては、恵まれない人々に還元したりしなかったり……。そんな物語が展開される。

ヒデキ
(声/松崎しげる)
練馬区の農園で、練馬大根の栽培している青年。歌と練馬大根をこよなく愛する熱血漢。将来の夢は、畑の上に「練馬ドーム」なるものを建てて、自らのコンサートを開くこと

松崎 56歳の私が25歳のヒデキ役を演じるということで、かなり気合が入っています。ヒデキはすごくパワフルな男だけど、私の心情的には寅さんみたいだなというのがありますね。人情の深さがあって、思い込んだらまっすぐ突っ走るという感じで、従妹のマコに思いっきり惚れていたりして。……あと、めちゃくちゃエッチな男です。えー、私の生活もそうですが(笑)。

イチロー
(声/森久保祥太郎)
ホストクラブ「エコーDAEKODA」に勤めるホスト。元はアイドルでもあったほどの端正な顔立ちから、店の人気ナンバー1でもあるが、多額な借金を背負う苦労人でもある

森久保 イチローは、なぜヒデキやマコと一緒にいるのか分からない謎多き男です。非常に物静かな性格なんですけど、静かながらも冷静に2人にツッコミを入れていく役ですね。じつは練馬区にある江古田のホストで働いていたりもするんです。

マコ
(声/松本彩乃)
モーニング娘。になることを夢見る女子高生で、おねだり上手の小悪魔。貯金が趣味で、空き瓶に小銭を貯め込んではこっそりとヒデキの畑に埋めて隠している

松本 マコはアイドル志望ということで19歳なのにちょっと色気がある女の子です。ヒデ兄ちゃんから言い寄られているんですけども、今のところは恋愛対象としてみてないようですね。でも、どこかですごく頼りにしているみたいなので、コンビネーションはバッチリかなと思います。

 ジャパニメーションと呼ばれ、世界の最先端を行く日本のアニメ。その中でも初めての試みとなる“ミュージカルアニメ”のシリーズに、ナベシンことワタナベシンイチ監督と、シュールかつ奇抜な発想で支持を集める脚本家・浦沢義雄氏のコンビが挑戦する。人気TVアニメ「はれときどきぶた」を手掛けたこのコンビが、アニメ界に新たなるジャンルを築き上げようというのだ。

 そんな2人の意気込みは作業体制にも現れている。各話ごとの分業制が主流になりつつある昨今にありながら、全話の絵コンテをナベシンが、全話のシナリオを浦沢氏が担当するそうだ。彼らの思い描く世界がストレートに表現されるということで、作品への期待がより一層高まる。

 そんな本作最大の見どころは、当然ミュージカルの部分である。1話の中になんと10曲以上もの挿入歌が盛り込まれるという本作のミュージカルは、イチローを演じる森久保さんも「毎回、台詞よりも歌の方が多いんじゃないかと思うくらいに、ずっと歌っていますね」と語るほどの大ボリューム。それだけに、製作側も並々ならぬこだわりを持っているようだ。それはたとえば、スタッフクレジットを見ただけでも容易に想像がつくほど。音楽担当、音響監督、2人の音楽プロデューサー、ミュージカル監督に演出チーフ、ミュージカルのテクニック部分を担当するテクニシャンなど、“音”や“ミュージカル”に関するスタッフに最大の人員が費やされている。

 さらに、作品の顔とも言うべきオープニング曲「マ・ジ・ヤ・バ」を手掛けるのは、金子隆博氏(作曲)と石井竜也氏(作詩)という、元・米米クラブのお2人。数々のヒット曲を世に送り出し、リスナーの心をつかむ術を熟知した2人が作る曲の出来栄えに疑いの余地はないだろう。そんなオープニング曲の聞きどころを、マコ役の松本さんはこう語っている。「OP曲の収録は1人ずつ別々に行うのかなと思っていたんですけど、3人一緒に歌わせてもらえたんです。2人のように歌が上手な方と歌えたので、自分までうまくなったと感じちゃいましたね。とても気持ちよく歌わせてもらいました!! そんな、気持ちよさげで楽しげな雰囲気を感じ取っていただければと思います」。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」