ニュース
» 2006年01月17日 23時52分 公開

ファンとコンテンツの新しい関係――コミュニティサイト「BEWE」登場

タブリエ・コスパグループのコンテンツプロモーション企業であるタブリエは、2月10日からサポーターズコミュニティサイト「BEWE」(ビーウィー)の運営を開始すると発表した。これまでのファンクラブなどの運営とは異なり、“自発的に連携して応援する”ことを目指すという。

[今藤弘一,ITmedia]

 “サポーターズコミュニティサイト”を掲げてスタートする「BEWE」。これまで存在したファンクラブなどのコミュニティとは異なり、BEWEを通じて“自発的”にサポーターとコンテンツホルダーが連携し、コミュニケーションを図っていくことを目的とする。

画像 BEWEのロゴ。「because we like」から名前を取ったという

 BEWEは会員制のサイトとなり、無料の「スタンダード会員」と、月額300円(登録初月500円)の有料「プレミア会員」に分けられている。スタンダード会員ではブログの閲覧のほかマイページの作成、登録したサポーターズコミュニティ(SC)が発信するメールマガジンの購読が可能だ。なおプレミア会員になると、スタンダード会員が受けられるサービスのほか、SCが更新するブログへのコメント投稿、プレミアムコンテンツの入手、会員限定イベントへの参加、イベントやライブへの優先・優待サービス、チケットやグッズの割引・先行購入といったサービスが加わるほか、会員が共同出資してイベントを開催することも可能になるという。

画像

画像

画像

 BEWEに当初用意されるコンテンツとしては、GONZOのアニメ「カレイドスター」向けの「カレイドスターサポーターズクラブ」、ガイナックスの「トップをねらえ!」シリーズ向け「お前ら全員バスター軍団!」、歌手・佐藤ひろ美さんの「ひろみたち。」、声優・榎本温子さんの「Rainy Lady Palace」の4コンテンツ。このあと2月には、アニメ「Solty Ray」と声優・徳永愛さんのコンテンツも加わる予定だ。

画像

画像

 コンテンツの運営開始は2月10日から。有料コンテンツの運営は2006年4月上旬を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」