ニュース
» 2006年01月24日 21時15分 公開

「七人の侍」を原作としたアニメ「サムライセブン」が4月から地上波で

[ITmedia]

 黒澤明監督の映画「七人の侍」を原作とするアニメ「サムライセブン」が、4月7日(金)24時30分から毎週金曜日の深夜に、NHK総合テレビジョンで放送される。

画像

 サムライセブンはこれまでNHK衛星ハイビジョン、NHK BS2のほか、SKY PerfecTV!のPPV(ペイパー・ビュー)方式で放映されたが、多くの視聴者の方からの高い反響を得て、地上波での放送が決定した。

 本作はストーリーにSF要素が加えられており、舞台設定を戦国時代から宇宙大戦終結後の世界に移し、巨大メカや戦艦と侍との決闘を描くなど、原作を大胆にアレンジ。アニメーションならではの世界観で、“もう1つの「七人の侍」の世界”を創造した作品となっている。

画像

ストーリー

 はるか未来、地球と呼ばれていたかもしれないある惑星。全身を機械化したサムライ達の大戦は終り、人々は再び田を耕し、生きていくには困らない程度の米を生産できるようになった、そんな時代。カンナ村は大戦時の痛手から立ち直り、米の収穫に恵まれていたが、村人たちは、毎年やってくる黒い脅威「野伏(のぶ)せり」(かつて戦場を彩っていた、機械化されたサムライ達のなれの果て)の襲撃と蹂躙をしかたなく受け入れる以外、生きるすべをもたなかった。収穫期を前に稲穂の実りを視察にきた野伏せりに対して、カンナ村の長であるギサクは野伏せりに対抗できる唯一の存在・サムライを雇い入れることを決断する。報酬は腹一杯の米。かくして血気盛んな若者リキチと、水分(みくまり)の巫女のキララとコマチ姉妹が村の代表として、砂漠の向こうにある街・虹雅渓(こうがきょう)に向かう事となる。紆余曲折を経て集まった個性豊かな七人のサムライ−カンベエ、カツシロウ、キクチヨ、ゴロベエ、ヘイハチ、キョウゾウ、シチロージ。知行や恩賞には全く縁のない戦いを、哀れな農民達のため命を懸けて剣を振るう!

画像

原作黒澤 明監督「七人の侍」より
監督滝沢敏文
演出協力高橋良輔
シリーズ構成冨岡淳広
キャラクターデザイン草K琢仁
アニメーションキャラクターデザイン橋本英樹
メカニカルデザイン小林誠
美術監督小倉宏昌
音響監督鶴岡陽太
音楽和田薫、林英哲
テーマ曲OPテーマ:相川七瀬「夏の日のコーラル」、EDテーマ:Rin’「普遍」
アニメーション制作GONZO
出演寺杣昌紀(カンベエ)、朴ろ美(カツシロウ)、コング桑田(キクチヨ)、三木眞一郎(キュウゾウ)、草野徹(シチロージ)、稲田 徹(ゴロベエ)、犬飼淳治(ヘイハチ)、折笠富美子(キララ)、斎藤千和(コマチ)
(C)2004 黒澤 明/橋本忍/小国英雄/MICO・GDH・GONZO


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声