バンダイ「.hack//G.U.」プロジェクト発表会で壮大なメディアミックスを語る(1/4 ページ)

バンダイは、2002年にメディアミックス展開をして話題となった「.hack」シリーズの最新作を発表。それに伴う壮大なプロジェクト内容を公表した。

» 2006年02月06日 22時30分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 バンダイが2002年に巻き起こした、ゲーム、アニメ、コミック、ラジオなどからなる一大メディアミックスプロジェクト「Project .hack」を、最新作の「.hack//G.U.」の発売を契機に、より壮大に、より濃密に、新たなプロジェクトとして展開していくことを発表した。

 「『.hack//G.U.』プロジェクト」と題した一連の動きは、ゲーム、TVアニメ、ラジオ、コミック、小説、カードゲームなど多岐に渡る。昨年11月よりはじまっている隔月発売の.hack専門誌「G.U.The World」を皮切りに、4月にはテレビ東京系全国5局にて深夜1時30分からTVアニメが放映のほかラジオ放送も開始。5月には満を持してゲーム第1巻(全3巻)が発売される予定となっているなど、前作に負けず大きなプロジェクトとなっている。

 発表会にまず登場したバンダイ常務取締役の鵜之澤伸氏は、「バンダイは2002年に.hackシリーズが発売されるまでは、ガンダムやドラゴンボールなどの既存モノを使ったものではないオリジナルゲームでは、はっきり言ってクソゲーしか出せなかった」と過激に切り出す。それがプレイステーション 2という新しいハードに対応すべく企画された「.hack」シリーズがサイバーコネクト(当時)から持ちかけらるや、メディアミックスという新しい展開に乗って、結果的に成功へと導かれることになったと自負していると言う。

 鵜之澤氏は、当時ナムコから発表されていた「ゼノサーガ」をシリーズのライバル視(仮想敵国)し、ターゲットを中高校生へと定め、DVDを視野に入れた新しいハードに合わせた展開ができたと振り返る。今ではナムコと同じ会社になるというから運命を感じる。

バンダイ常務取締役・鵜之澤伸氏は、冒頭バンダイとナムコの統合について説明。今年4月に迫ったバンダイおよびナムコのゲーム部門を統合し、2006年4月1日をめどに、バンダイナムコゲームスが誕生することを改めて話す。年間60タイトルほど発売するバンダイと、年間40タイトルほど発売するナムコが合わさることで、年間100タイトルを世に送りだすことができる巨大なゲーム会社となる

 前シリーズは年間4本連続でリリースするという異例の展開で、世界規模で発売。DVDや出版、音楽CDなどのメディアミックスを経て話題を集めた。日本国内だけでも78万本(全世界累計170万本以上)を記録。DVDが国内シリーズ累計20万本(全世界累計37万本)、コミック累計60万部、小説も累計35万部と、音楽CDや商品化アイテムを合わせて全世界で約120億円のビジネススケールとなったと説明する。

 当初は1巻のゲームとして企画されたものを、あとからメディアミックスというアイディアに乗った形となっていたものが、今回はそのノウハウを活かし、企画当初から綿密に計画されたものとなっていると鵜之澤氏は確信をもって「.hack//G.U.」を立ち上げたと明かす。それに伴い今回のプロジェクトでは、「.hack//G.U.コングロマリット」を形成し、事にあたっていくと発表した。コングロマリットとは“関連性のない事業をいくつも手がけている複合企業体”の意で、今回の趣旨とは多少意味合いは異なるが、「.hack//G.U.」を通していくつもの企業の複合体であるとしている。発表会ではそのロゴも公開された。

 続いて「.hack//G.U.コングロマリット」の代表者たちが登壇。バンダイ ビデオゲーム事業部リーダー プロジェクト総合プロデューサーである内山大輔氏から紹介された。

テレビ東京 コンテンツ事業局局次長兼アニメ事業部長 岩田圭介氏は、2002年の前シリーズを振り返り、「映像の何が素晴らしいかという先々のことがすべて入っていること。前シリーズでは昨今話題の放送と通信の融合について言及している」と例を出し、4年前の段階で現状を予言していたと語る。今回も先を見据えたものになると期待していると語った
角川書店 常務取締役 井上伸一郎氏は「今回も出版面で複合的に協力していくために、専門誌を発売している。情報がここに集約していくように仕掛けていきたい」と豊富を述べた
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」