バンダイ「.hack//G.U.」プロジェクト発表会で壮大なメディアミックスを語る(3/4 ページ)

» 2006年02月06日 22時30分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 物語は西暦2017年。前作の7年後の世界を舞台としており、近い未来ということで、それほど今と変わらない将来が描かれている。現実世界と仮想世界である世界最大のネットゲーム「The World(R:2)」の両面で事件は進んで行く。「The World(R:2)」は極めて自由度が高いことが裏目に出たのか、現実世界の鬱憤をゲーム世界ではらそうという“殺伐”とした“荒廃”した世界が広がっていた。本作は17歳の主人公「ハセヲ」を通して、現実世界と仮想世界両方で起きる不可解な事件の顛末が語られる。

「The World(R:2)」はMMORPGであり、この世界で活動しているキャラクターはすべて現実世界で誰かがプレイしているという設定。彼らは冒険したり、トレードしたり、ギルドを組んで世界を楽しんでいる
登場キャラクターは主人公ハセヲやオーヴァン、アトリを中心に総勢50人以上が登場。ストーリーは前作換算で8巻分に相当する。イラストは、ハセヲとアトリ。そしてハセヲが追う三爪痕(トライエッジ)と呼ばれる双剣士。前作のカイトに似ているが……?
バトルは簡単にボタンひとつで攻撃が繰り出せるようになっている。武器にはそれぞれ攻撃特性があり、“ため押し”と“連打”の2タイプに分類されるという。スキルトリガーを使えば攻撃中隙なく発動でき、強力な攻撃となるなど「触って気持ちのいいアクション」を目指している

 バトルでは、特異の能力を持った8人につき、憑神(アバター)というシステムが使用できるらしい。データの裏側で行われるバトルとして、通常のものとは違う位置づけだ。アバターを使うとキャラクターの容姿は変身を遂げ、一般のプレーヤーには見えない戦いへと誘うという。作中ではスーパーフェイシャルと名付けられた表情豊かなアニメ的表現を実現しているなど、前作とは格段にパワーアップした新シリーズらしい内容となっている。

 メディアミックスを「ゲームを楽しむための提案」としたいと語るゲームプロデューサーの原田真史氏は、それを実現するためには“プロジェクトの核となるべくゲームの圧倒的なクオリティとボリューム”と、“主人公「ハセヲ」を軸に、綿密にくみ上げられたユーザー視点のクロスメディア”でなくてはならないと心がけているという。

 「.hack//G.U.」がVol.1〜3「再誕」「君想フ声」「歩くような速さで」の全3巻構成となっているのも、アニメやコミックなどの商品がリリースされるタイミングに則しているためであり、無駄に分割したものではないと計画的であることを強調する。それら計画されたメディアミックスは以下のような構成となっている。

TVアニメ:「.hack//Roots」

 4月5日(水)深夜1時30分よりテレビ東京系全国5局にて毎週放送予定のTVアニメ「.hack//Roots」は、前シリーズとは異なり、ゲームと完全にリンクしている。主人公がゲームと同様「ハセヲ」であることからも、「.hack//G.U.」へとつながる“根っこ”の部分が描かれるという。

 監督は「.hack//SIGN」に引き続き真下耕一氏が担当。シリーズ構成・脚本は川崎美羽氏、キャラクターデザインを同じく「.hack//SIGN」から続投の大澤聡氏、キャラクター監修を貞本義行氏が務める。またオープニングテーマにはFictionJunction YUUKAの「Silly-Go-Round」が、エンディングテーマにはALI PROJECTの「亡國覚醒カタルシス」が決定している。

テレビ東京の番組担当プロデューサー東不可止氏(写真左)は、「クロスメディアの最新形を常に実現していくプロジェクトである本シリーズでは、リアルなプレーヤーと仮想世界のプレーヤーという二重構造が織りなす世界観の深さももちろんのこと、視聴者の心をつかむ現実感がいっぱい詰まったものになっている。ゲームもアニメも楽しめる1年間にしていきたい」と豊富を語る。また、角川書店「.hack//G.U. The world」編集担当デスクの田村淳一郎氏(写真右)は、昨年から先行して雑誌を発行。多くの解釈を元にコミックと小説を手がけている。

コミック&ノベル:「.hack//G.U. The world」

 「.hack//G.U. The world」では、ゲームの同時代のハセヲを描く「.hack//G.U.+」(漫画:森田柚花/原作:浜崎達也)や、殺伐としていない世界がウリの「.hack//Gnu」(漫画:河南あすか/原作:種子島貴)、シリーズキャラクター総出演の4コマ漫画「.hack//4koma」(漫画:墨丸こいち)のほか、美貌の剣士と今作謎の人物として描かれる三爪痕との話が描かれる小説「.hack//CELL」(著:涼風涼/イラスト:睦月アキラ)が連載されている。また、2巻目からは前作での主人公カイトを描く「.hack//XXXX」(漫画:喜久屋めがね/原案:松山洋/原作:正倉ヒロタ)の連載がはじまっている。

ラジオ:「.hack//G.U.」Radio(仮)

 2006年4月から文化放送で毎週日曜A&Gゾーンで放送決定。「.hack」の総合情報番組としてハセヲ役でもある櫻井孝宏さんと榎本温子さんをキャストにお届けする予定。

カードゲーム:「.hack//G.U.」CardGame

 2017年に全世界で流行しているカードゲームという設定で、2006年6月・9月・12月に発売予定。ゲームとの連動も考慮されているという。

ショップ:「.hack//G.U.」SHOP

 ショップもひとつのメディアであるとして、全国のゲームショップに応援店となってもらい、ここでしか手に入らない情報や最新映像、フリーペーパーなどの配布を行っていく。「.hack//AccessPoint」として全国展開。

フリーペーパー:「.hack//G.U.」Free Paper

 上記の「.hack//AccessPoint」でしか手に入らない情報誌として最新情報を掲載。4月から全国で配布が開始される。誌名は「.hackey」。

ネット&モバイル:「.hack//G.U.」Net&Mobile

 「.hack」世界の情報をネットやモバイルから入手するポータルとして活用していくことはもちろんのこと、プレーヤー同士のコミュニティーの場としての活用を視野に展開していく。こちら

今明かす仕掛け

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」