連載
» 2006年02月13日 16時30分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:バレンタイン特別企画 IT戦士 VS ゲイムマン! (3/5)

[ゲイムマン,ITmedia]

あの高島暦がファミコンに! 「'89電脳九星占い」

 続いては、同じく1988年に発売された、「'89電脳九星占い」(販売:ビクター音楽産業 発売:インダクション・プロデュース)。

 '89電脳九星占いは、書店などでおなじみ、神宮館の高島暦を、カートリッジに詰め込んだ占いソフト。生まれた年の“九星”(一白水星から九紫火星まで)によってその人の本命星が決まり、それに基づいて運勢が占われる。

 まず、取扱説明書に驚く。あの高島暦の本そのまんまなのだ。

 外見だけでなく中身もそのままで、九星それぞれの運勢はもちろん、方位の吉凶や、一粒万倍日・三りんぼうなどの説明、人相・手相の見かた、夢判断、六三除けの説明まで書かれている。

 ソフトの内容を見てみよう。占える項目は、一代運、年間運、月間運、日運、男女相性。

 まず、私の運勢から占ってみた。

画像 私は昭和46年生まれの二黒土星。マニュアルには“十八歳”と書かれてあり、ソフト発売時点から17年も経っていることに気づいてかなりヘコむ

 「一代運」で見た私の性格は……、

「思いやり深く、世話好きで、よく気がつきますが、環境によっては全く逆に無関心・無気力といった面が現れることもあります。がんばり屋で、義理人情に厚いのですが、気分屋」

 二黒土星は“縁の下の力持ち”的存在だそうで、適した職業は、「農業、建設業、不動産業」や、「副社長・専務・次長など女房役的役職」だとか。

画像 「一代運」の中に「性格」、「適業・適職」、「異性・愛情運」、「幸運への指針」など、9つのメニューがある。ファミコンでは珍しい、文字ばかりの画面

 あ、「全体的な運勢」に、気になる記述を発見!

男性は妻縁に恵まれぬ傾向が潜在しています」

 そこだけ特に当たってるかもしれない。

 さて、続いて年間運、月間運、日運を占おうと思ったが、……このソフトのタイトルは、'89電脳九星占い。その名のとおり、1989年しか占えないのだ!

 じゃあ、実際当たっていたかどうかをチェックしてみよう。私の年間運は、……

画像 「'89電脳九星占い」ゲイムマンの89年

浮沈運:本年は好調に進展するかと思うと、反面思いもかけぬ期待外れの事態や状況が生じやすい年

 私はこの次の年にライターデビューした。1989年はそのための足固めの年だったが、今ひとつ地味な運勢だったような気がする。まあ当たってるといえば当たってるかも。

 続いて、IT戦士・岡田さんの一代運を見てみよう。

 岡田さんは「順応性・協調性を持っているため、好感を持たれます」、「誠実、謙譲の美点がややもすると誤解を受けがちです」

 適した職業は「貿易商、繊維業、民芸品製造・販売、旅行業、セールスマン、放送・出版等」。人と接する職業が多いような。

 あと、「生涯金銭に困ることなく衣食住にも不自由しません」だそうで。うらやましい。

 異性・愛情運に関しては、「思ってもみなかった機会に意外な相手と知り合う運気があります」というから決して悪くないみたいだ。ただ、「情熱に乏しい傾向があります」とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10