2006年内にニンテンドーDSを1000万台に――任天堂岩田社長(1/5 ページ)

ついに600万台を突破したニンテンドーDS。2月15日に開催された「ニンテンドーDS カンファレンス!2006.春」では、「Touch! Generations」系ソフトの展開や、ブラウザソフト、ワンセグ放送への対応など、年内の1000万台普及へ向けた施策が発表された。

» 2006年02月15日 19時58分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

ゲーム機史上最速の普及率――任天堂の自信

画像 任天堂代表取締役社長 岩田聡氏

 「ゲームのプレイスタイルは、20年以上前に任天堂が提供した、十字キーとボタンをつかった両手操作がスタンダードだった。しかしこれが逆にゲームへの食わず嫌いを生んでしまっていると分析した。そこで新しい直感的なプレイスタイルを提案したのがニンテンドーDSである」と岩田社長は語る。この結果、2005年末より爆発的な伸びを見せ、発売14カ月で600万台の販売台数を突破した。

 「この普及ペースは記録更新。ゲームボーイアドバンスの20カ月、プレイステーション 2の21カ月を大きく上回る」(岩田氏)

画像 ニンテンドーDSの発売台数推移

 ニンテンドーDSはソフトウェアの販売数推移でも好調で、発売14カ月で1700万本を突破したとのこと。そして、市場のハード占有率でも、4月の「nintendogs」以降は順調に推移し、11月以降は爆発的な普及により、年末には6割を超えた。また、ソフトウェアの占有率についても、これまではプレイステーション 2ソフトが圧倒的に優位だったのに対し、こちらも6割に近いものとなった。

 「ポケモンのような大ヒットソフトが発売されたときでさえ、携帯型プラットフォームのソフトが、これまで高い市場占有率を3カ月以上続けて達成したことはない。日本のゲーム機史上初めて、携帯型ソフトが据え置き型を圧倒したのが昨年末」(岩田氏)

画像 ソフトの販売数推移
画像 ハードの占有率。年末に一気に加速し、6割を超える。1月に落ち込んでいるのはハード不足によるものと思われる
画像 ソフトウェアの占有率

 このように、ハードの普及だけでなく、ソフトウェアの大幅な伸びを示した原動力は、7本ものミリオンセラータイトルにある。nintendogsは国内累計出荷本数118万本(海外を含めると500万本以上)、「おいでよ どうぶつの森」にいたっては217万本(238万本の累計受注)のダブルミリオンセラー。そして「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は180万本、続編となる「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」は154万本と、発売1カ月でミリオンセラー。しかも、脳を鍛える大人のDSトレーニングは、続編の相乗効果もあって、発売週の3倍以上の売れ方を示しているという。このほかにも「やわらかあたま塾」(同114万本)、「たまごっちのプチプチおみせっち」(同100万本突破)、「マリオカートDS」(同121万本)と、ミリオンセラータイトルが続出しているのがニンテンドーDSだ。

 しかしこの結果、ニンテンドーDSがどこの店頭からも消え去るという状況も招いてしまった。これについて岩田氏は「一連のニンテンドーDSソフトが生み出した勢いは、わたしたちの想定を越えていた。十分な供給責任を果たせず、その結果、せっかく店頭まで買いに来ていただいたユーザーや、対応に苦労された流通関係の方にご迷惑をおかけしたことをおわびしたい」と述べた。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」