ニュース
2006年02月15日 21時29分 更新

PCで「モンスターファームオンライン(仮)」、レボリューションで「スカッとゴルフ パンヤ」を展開――テクモ新規事業提携発表会 (2/2)

前のページへ 1|2       

レボリューション用ソフト「スカッとゴルフ パンヤ レボリューション(仮称)」

 さらにテクモは次世代家庭用ゲーム機にもゲームの供給を発表した。現在、日本でもサービス化され100万人の累計登録会員を誇るカジュアルゴルフゲームの「スカッとゴルフ パンヤ」を、任天堂が開発を急ぐ次世代家庭用ゲーム機レボリューション(仮称)に対応させようというのだ。

 再び登壇したテクモ代表取締役社長の安田善巳氏は、韓国の開発会社Ntreev Softとの共同開発によりレボリューション用ソフトとして「スカッとゴルフ パンヤ レボリューション(仮称)」を発売すると発表。年内発売を予定しているハードと同時発売を目指すべく開発を進めると、今回共同で開発に携わるNtreev Soft代表取締役社長 Kim, Jun Young氏を紹介した。

wk_060215tecmo07.jpg これはPC版のイメージイラスト

 「スカッとゴルフ パンヤ」は、Windows用オンラインゴルフゲームとして、日本国内での累計登録会員数が100万人を突破するほどの人気で、基本プレイ料金を無料、一部優良アイテム衣裳などで課金を行うアイテム課金方式で運営されているカジュアルゲーム。韓国や日本をはじめ、タイ、インドネシア、中国などのアジア各国、北米、ブラジルなど12カ国でサービスが開始され、ワールドワイドな展開をしているオンラインコンテンツとなっている。

 今回のレボリューションでの発売についてKim氏は、今回レボリューションとの同時発売タイトルを目指すこと、テクモと日韓共同で開発に関われること、そして家庭用ゲーム機に本作が生まれ変わることの3つの事で大きな意義を見いだしていると緊張気味に発言。最大限の努力を約束。晴れてテクモとの調印式が行われた。

 テクモ ハイシナジープロダクション エグゼクティブプロデューサー原尾宏次氏は、開発をするにあたりプレッシャーを受けていると挨拶。「スカッとゴルフ パンヤ」を製作したチームと仕事をすることで、全力を挙げて取り組みたいと次のコンセプトを発表した。

 1つはパンヤの持つゲーム性を家庭用で表現すること。2つ目はレボリューションの特殊なコントローラを最大限に活かして対応させていきたいこと。3つ目は、若年齢層に受け入れられるような遊びを提供したいと、ゴルフを知らない人でも楽しめるものを仕掛けていきたいと語った。

wk_060215tecmo08.jpg Ntreev Soft代表取締役社長 Kim, Jun Young氏
wk_060215tecmo09.jpg テクモ ハイシナジープロダクション エグゼクティブプロデューサー原尾宏次氏
wk_060215tecmo10.jpg 会場では「スカッとゴルフ パンヤ レボリューション」のイメージイラストが投射された。モッチーがこうしてバッグを担いでキャディーをしてくれることもあるのだろうか?

wk_060215tecmo11.jpg やはりここでも調印式。がっちり握手が交わされた
wk_060215tecmo12.jpg 最後は皆さんそろっての撮影
スカッとゴルフ パンヤ レボリューション(仮称)
ジャンル:ゴルフゲーム
対応機種:レボリューション(仮称)
発売時期:ハード同時期発売予定
価格:未定
(C)TECMO,LTD.
(C)2004 Ntreev Soft Co.,Ltd.All Rights Reserved.
Exclusive License (C)2004 HanbitSoft, Inc.,All rights reserved.
(C)2004 Gamepot Inc., All rights reserved.


前のページへ 1|2       

[加藤亘,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.