ニュース
» 2006年02月17日 21時54分 公開

各ブースの見どころ教えます――AOU2006の歩き方(1/2 ページ)

千葉・幕張メッセにて開催した「AOU2006 アミューズメント・エキスポ」。明日は一般公開となっているが、どのようなタイトルが出展されているのか、気になっている人のために、各ブースに分けてビデオゲーム中心に、注目タイトルの紹介していく。

[ITmedia]
photo

 本日より、千葉・幕張メッセにて開催した「AOU2006 アミューズメント・エキスポ」(以下、AOU2006)。明日(2月18日)は一般公開日となっているが、どのようなタイトルが出展されているのか、気になっている人も多いだろう。そこで、各ブースのビデオゲームを中心に、注目タイトルを紹介していこうと思う。本イベントに参加予定という人はその参考に、残念ながら会場に足を運ぶことができないという人は、本稿から少しでも会場の雰囲気を感じ取ってもらえれば幸いだ。

コナミ

photo

 まず目につくのは、ブース正面に出展されている「ワールドサッカーウイニングイレブン2006 ARCADE CHAMPIONSHIP」となる。家庭用では爆発的な人気を誇るシリーズだけに、もはや説明の必要もないだろう。アーケード版でもその面白さは健在で、e-AMUSEMENT PASS(ICカード)を所持すれば、「オリジナルチーム」、「対戦成績」、「ランク」などの情報が保存できるほか、「オンラインマスターリーグ」にも参加することが可能だ。

 速報でもお伝えしたが、コナミブースではNOVA監修のエデュテインメントゲーム「ゲーセン留学(仮称)」にも注目したい。本作では、ゲームを専門に作ってきたコナミと、外国語教授のノウハウをもったNOVAのコラボレーションにより、ゲーム感覚で楽しく英語を学ぶことができる。「定期テスト」などのイベントもコンスタントに実施されるので、全国のユーザーと競争しながら、語学力が身につくという。

photophoto (左から)ワールドサッカーウイニングイレブン2006 ARCADE CHAMPIONSHIP、ゲーセン留学(仮称)

 このほか、音ゲーシリーズからは、すでに稼働中の「GuitarFreaks V2」、「DrumMania V2」に加え、「DanceDanceRevolution SUPER NOVA」、「beatmaniaIIDX13 DistorteD」、「pop'nmusic14 FEVER!」がプレイアブルで出展されている。まさに音ゲー勢ぞろいと呼ぶにふさわしいラインアップだが、中でも「DanceDanceRevolution SUPER NOVA」は3年半ぶりの新作。待ち望んでいたというファンも多いと思うので、ぜひとも会場にて復活した「DDR」を堪能してきてもらいたい。

photo DanceDanceRevolution SUPER NOVA
photo beatmaniaIIDX13 DistorteD
photo pop'nmusic14 FEVER!

photo 「全国三人打ち麻雀」を追加した「麻雀格闘物語5」。日本プロ麻雀連名所属の48名のプロ雀士が参加するなど、タイアップも強化されている
photo テレビ番組仕立てで用意されたゲームを、ボールをぶつけてクリアしていく「投球王国ガシャーン」。短時間で爽快感やスリルを味わうことができる
photo メダルゲーム機史上、最大の大きさを誇る大型マスメダルゲーム「GRAND CROSS」。写真からはその大きさが伝わらないかもしれないが、プレイ可能人数は最大で32人(16ステーション、投入口2カ所)と言えば、そのすごさが伝わるだろうか

セガ

photo

 約5年ぶりとなる最新作「バーチャファイター5」が、ついにプレイアブル版で登場した。「エル・ブレイズ」や「アイリーン」といった新キャラクター、アイテムシステムのさらなる進化など、中身も随分と変わっているが、リンドバーグ基板を搭載した高解像度の32インチワイド液晶モニターキャビネットをはじめ、テレビ番組さながらのプログラムが放映される「VF.TV」、アイテム装着やカードの再発行など、プレーヤーを強力にサポートする「VF TERMINAL」といったシステムの導入により、ひとつの筐体として、大きく変化しているのも特徴だろう。稼働日はまだ未定とのことなので、本作に触れることができる貴重な機会を、しっかりと生かしてもらえればと思う。

photophoto (左から)バーチャファイター5、バーチャストライカー4 Ver.2006

 1995年の登場以来、アーケードサッカーゲームとしては根強い人気を誇る「バーチャストライカー」シリーズからは、最新作「バーチャストライカー4 Ver.2006」が出展された。本作では出場国全64カ国中、世界の主要強豪32カ国の選手が実名で登場するほか、1人プレイモードに他プレーヤーのチーム(ゴーストチーム)が登場する「VS.NET FRIENDLY MATCHモード」を追加。「VS.NET FRIENDLY MATCHモード」は、全国の「VS.NET」会員のゴーストチームと仮想対戦することができるというもので、これによりあたかも対人戦をプレイしているような、緊張感ある試合が楽しめるという。

photo “プレーヤーの右脳能力”をチェックできるゲームとして、アミューズメント施設やモバイルで遊ばれている「タッチ・デ・ウノ!」シリーズの第3弾「頭脳能力向上マシーン タッチでズノー 楽しくチェック?それともバトル!?」。50インチの大モニターとタッチ専用の“タッチ棒”の導入により、大人はもちろん、子どもも無理なく手軽に遊ぶことができるようになった
photo NAOMI基板を使用していることから、セガブースに出展されていた童のシューティングゲーム「トリガーハート エグゼリカ」。プレーヤーのレベルに合わせた「ステージボス攻撃形態変化システム」などが採用されている
photo 速報でもお伝えした「THE HOUSE OF THE DEAD4 SPECIAL」。カップルや親子で楽しめるアトラクションとして進化しており、「THE HOUSE OF THE DEAD4」では語られなかった外伝的なストーリーが用意されている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/19/news020.jpg 保護された野良の老犬、最初は怯えていたが…… 飼い主に子犬のように甘える姿に涙があふれる
  2. /nl/articles/2109/19/news008.jpg 猫「絶対許さニャい……(怒)」 お尻を洗われたことを根に持つ猫の表情に「めっちゃ怒ってる」「猫の執念ですね…」の声
  3. /nl/articles/2109/19/news033.jpg DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
  4. /nl/articles/2109/19/news041.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「一連の流れで爆笑した」「エンターテイナー」
  5. /nl/articles/2109/19/news042.jpg 「大変なことになってる」「何があったの」 アレクサンダー、身動き取れない“痛々しい姿”に心配の声
  6. /nl/articles/2109/18/news007.jpg 「1カ月だけ死ぬのを延ばしてくれねーか?」 首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2107/07/news017.jpg 近所をさまよっていた犬を一時保護→3日後…… 先住犬が困惑するほどの大胆な姿に「安心したんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  9. /nl/articles/2109/18/news052.jpg 「かなりヤバい」 ROLAND、イタリアンレストラン開店初日から「料理1時間待ち」「オーダーミス」など“アクシデント連発”に焦り隠せず
  10. /nl/articles/2109/18/news004.jpg ぬいぐるみを抱きしめて眠る子猫 “ぎゅっ”とする姿がたまらなくかわいい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」