ニュース
» 2006年02月17日 21時54分 公開

各ブースの見どころ教えます――AOU2006の歩き方(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

ナムコ

photo

 昨年11月に家庭用として発売された「ソウルキャリバーIII」が、ファンの熱い要望に応えてアーケードに凱旋、「ソウルキャリバーIII ARCADE EDITION」として登場する。アーケード版では対人戦を最も楽しめるように、技の1つ1つにいたるまで再調整が施されており、オリジナルのモードとして、バトルごとに獲得したポイントを使い、キャラクターを強化しながら戦う「レジェンドモード」を用意。キャラクターもシリーズ史上最多の27キャラクターが登場するなど、さまざまな要素が追加されている。

photo ソウルキャリバーIII ARCADE

 2003年4月より、LED ZONE蒲田店などの店舗で試作機を使用した運用テストを実施してきた「カウンターストライク ネオ」。その新キャラクター16体が公開された。「カウンターストライク」は、全世界で800万本を販売するリアル系アクションシューティングゲーム。本作では、最大10対10というアーケードゲームの常識を覆す20人同時対戦を実現している。

photo (左から)EDITION、カウンターストライク ネオ
photo プレーヤーをサポートし、ゲーム展開をドラマチックに彩る「ボイスナビゲーション」や、プレーヤーの意志で画面を切り替えて戦う「マルチスクリーンバトル」、さらには新基板「システムスーパー256」を採用し、迫力のグラフィックで展開する「TIME CRISIS4」
photo 全国アミューズメント施設で稼働中の「マリオカート アーケードグランプリ」も出展

バンプレスト

photo

 ガンダムファンのための、ガンダムだけのクイズゲーム「機動戦士ガンダム 問・戦士」が今回のバンプレストブース一番の注目作となる。舞台は一年戦争の世界だが、先の速報でもお伝えしているように、出題対象はファーストから「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」までの歴代のガンダム映像作品、「スーパーロボット大戦」シリーズなどのゲーム、小説版「機動戦士ガンダム」などと幅広い。また、解答が遅いとブライト艦長から“選択遅いよ、何やってんの!”(念のため、元ネタは“弾幕薄いよ、何やってんの!”)といったセリフを聞くことができるなど、ファン心理をくすぐる要素が満載となっている。

 このほか、キン肉マンや息子のキン肉万太郎、サンシャインといった超人たちの熱き戦いを描いた対戦格闘ゲーム「キン肉マン マッスルグランプリ」がプレイアブルで出展。「打つ」、「投げる」、「極める」といった基本アクションで闘い、テンションゲージを上げていけば、「キン肉ドライバー!!」などの超必殺技を放つことができる。なお、余談ではあるが、記者はキン肉マン+対戦と聞くと、どうしても「キン肉マン マッスルタッグマッチ」を思い出し、懐かしい気持ちにさせられる。そういった意味では、「機動戦士ガンダム 問・戦士」同様に、心の琴線にふれるタイトルなのかもしれない。

photophoto (左から)機動戦士ガンダム 問・戦士、キン肉マン マッスルグランプリ

photophoto 「科学忍者隊ガッチャマン」×「ガチャピン」公式コラボレーション「科学忍者隊ガッチャピン」のプライズ商品も多数展示。タイミングが合えば、ガッチャピン1号(写真左)がいるかもしれないので、会場ではまめにチェックすることをお勧めする

そのほかの注目タイトル

ハーフライフ2 サバイバー

photo

 タイトーブースには、全世界で1100万本以上のセールスを記録するFPS「ハーフライフ」のアーケード版「ハーフライフ2 サバイバー」が、プレイアブル出展されている。「ハーフライフ2 サバイバー」はタイトー独自の通信システム「NESYS」対応の筐体。32型ワイド液晶モニターと1360×768の高解像度、さらにはTX SURROUND(5.1chサラウンドシステム)で、アーケードならではの迫力と臨場感を表現している。また、直感的操作を可能にした新型入力デバイスを採用するなど、ガンシューティングとアクションゲームの2つの要素をとことん追求しているという。

ピンクスゥイーツ〜鋳薔薇それから〜

photo

 AMI&ケイブブースに出展されている「ピンクスゥイーツ〜鋳薔薇それから〜」は、2005年に登場した「鋳薔薇」の続編タイトル。「大破壊系桃色シューティング」というジャンルや、“こんどは超エロカワイイの”というキャッチコピーなど、さまざまな点で“ピンク”を強調した作品だ。なお、同ブースには本作とは真逆の路線、1作目「鋳薔薇」の難易度をさらに高めた「鋳薔薇黒〜ブラックレーベル〜」も、プレイアブルで出展されている。

ファンファンカップ

photo

 ホープブースに出展されている、個人的に気になったタイトル。見た目はただの「カンボール」だが、注目すべきは「日清のカップヌードル仕様」となっている点である。ルールはボールをカップに入れるだけと単純そのものだが、それだけに友だち同士や家族でわいわいと楽しめるはずだ。ちなみに最大で5台まで連結可能で、通信対戦も可能だという。

GRAN TURISMO 4(?)

photo

 スバルカスタマイズ工房のブースに「GRAN TURISMO 4」を発見! ついにアーケードに進出かと鼻息が荒いままにスタッフに尋ねたところ、“そういった予定はない。あくまで6軸モーション搭載のドライビング シミュレータのすごさを見てもらうための参考出展”とのこと。ただ、全方向に動く6軸モーションにより、「GRAN TURISMO 4」の走りの世界をリアルに体感できるのは確かなので、興味のある人はぜひのぞいてみてらもえればと思う。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10