レビュー
» 2006年03月06日 17時48分 公開

頼みは己の腕前のみ――ようこそ、狩って狩って狩りまくるハンティングアクションの世界へ「モンスターハンター2(ドス)」レビュー(2/3 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

待望の新武器追加。ますます充実の装備品群

 ますます多彩になった装備品群にも注目したい。特に武器に関しては「片手剣」、「双剣」、「大剣」、「ランス」、「ハンマー」、「ライトボウガン」、「ヘヴィボウガン」といった前作までの7種類に加え、「太刀」、「ガンランス」、「狩猟笛」、「弓」の4種類が新たに追加されている。合計11種類もの武器カテゴリの中から、自分に合った武器を選択できるようになった。

photo 連続攻撃が美しい太刀。ゲージを消費して放つ「気刃斬り」の使いどころが重要となる
photo 意外にクセが強いガンランス。一撃必殺の「竜撃砲」を使いこなせるか!?

photo 奏でた音色によって味方を強化できる狩猟笛。仲間が1人でもいると狩りがぐっと楽しくなる
photo 弾薬を使わないため、気楽に使える弓。右スティックで弦を引き絞る操作が楽しい

 新武器はいずれも従来のシリーズにはなかった、まったく新しいタイプのもの。太刀は大剣、ガンランスはランス、狩猟笛はハンマーの派生と位置づけられているが、実際に触ってみると従来の大剣、ランス、ハンマーとはまったく違う使い心地に仕上がっていて面白い。狩猟笛にいたっては“笛の音色で仲間をサポートする”という、もはや“こんなのアリ!?”なミラクルウェポンとなっており、武器選択のバリエーションは前作までに比べ格段に広がっている。既存の武器に比べ、必ずしも新武器のほうが上位に位置するというわけではないので(太刀は大剣よりも素早い連続攻撃が可能だが、代わりにガードができないといった具合に、それぞれ一長一短がある)、まずは狩人道場でひと通りの武器を試してみて、自分のフィーリングに合った武器を見つけるのがいいだろう。右スティックを攻撃に使った独自の操作系も、最初は面食らうものの、慣れてくると徐々に“使いこなしている感”が出てきて楽しかったりする。

 もちろん、武器だけでなく防具もますます充実している。また、今回は武器同様、防具も素材を集めて強化することが可能になっているほか、組み合わせで発動する「スキル」にも新しいものが多数追加されており、ますますコーディネートを考えるのが楽しくなった。ちょっと数が多すぎて最初は迷ってしまうかもしれないが、あれこれ悩みながら見た目やスキルの組み合わせを考えるのも、MHの面白さのひとつだろう。

気の合う仲間と狩りまくれ

 オフラインでも遊べる本作だが、メインはやはり、最大4人協力プレイが可能な「オンラインモード」だ。時には気の合う友だちと、時には顔も知らない通りすがりのハンターと、力を合わせて巨大なモンスターに立ち向かう楽しさは、シングルプレイの比ではない。

 実は本作の協力プレイはそれほど高尚なものではなく、むしろどちらかと言えば“みんなで囲んでひたすら殴り(撃ち)まくるだけ”という、わりとシンプルかつ大ざっぱなモノだ。やっていること自体はシングルプレイ時とそれほど変わらなかったりする。敵の攻撃も激しいため、戦闘中のチャットもちょっと難しい。

photo 無事に討伐を果たし、みんなで素材を剥ぎ取る。喜びを分かち合う仲間がいるってイイ!

 しかし、それでも“4人いる”というだけで、楽しさのレベルは格段に跳ね上がるのだから不思議なものだ。それぞれ武器も、行動もバラバラでも、ターゲットを倒すというひとつの目標に向かって、4人が一体となって進んでいるというだけで、自分の中のボルテージが一段階上がるのをしっかりと感じる。飛竜の尻尾を切断したり、ハンマーで敵を気絶させた時などに、“ナイス!”、“GJ(※グッジョブの略)”とか言ってもらえると、それだけで“ああ、がんばって良かったな”と思ってしまうし(実際はイイところを見せようと力みすぎて、逆に死亡することのほうが多いのだが……)、苦労の末、4人で勝ち取った勝利は、シングルプレイ時とはまた違った味わいがある。

 そもそもオンラインモードが4人同時プレイを前提にバランス調整されているというのもあるだろう。巨大なモンスターを1人で相手にしていると、全部の攻撃が常に自分を狙ってくるため、攻撃はおろか回復薬を使うチャンスさえなかなか見つけられなかったりする。しかし4人いれば、狙われる確率は4分の1だ。誰か1人が狙われている間、ほかの3人はやりたい放題となる。緊張感を絶やせば即、死につながるシングルプレイと、わりと好き勝手に殴りまくれるオンラインプレイとでは、まったく別のゲームと言っていいほど印象が違う。もちろん、シングルプレイのストイックさもいいが、本作が目指したのはやはり、オンラインプレイのワイワイ感のほうだったんじゃないかなと思う。

 ただ、ちょっとだけ残念に感じたのが、ネットワークシステムまわりが前作とほとんど変わっていない点だ。相変わらず使いにくいチャットシステムとパーティを組みにくい「ランド」、「エリア」のシステムなど、前作の不便な部分もそっくりそのまま引き継いでしまっている。また、クエストを達成するともらえるポイントで「ハンターランク」を上げていくシステムも、ほかのMMORPGの「レベル上げ」のようで、賛否両論分かれるところだろう。

 とは言え、4人協力プレイの楽しさを一度でも体験すれば、これらの不満点はすぐに消し飛んでしまう面白さが本作にはある。もしまだ未体験のユーザーは、今すぐネットワークアダプタを買ってでも、この楽しさ、連帯感を体験してみてほしい。

photo ネットワークモードの入り口となる「街門」。ここでグループを組み「街」へ進む
photo ここで参加するグループを選ぶ。エリアチャットはあるものの、もうちょっと集まりやすくする工夫が欲しいところだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」