レビュー
» 2006年03月06日 17時48分 公開

頼みは己の腕前のみ――ようこそ、狩って狩って狩りまくるハンティングアクションの世界へ「モンスターハンター2(ドス)」レビュー(3/3 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

オフラインも充実。ジャンボ村の発展に協力せよ

 前作まではあくまでオマケ程度の存在にとどまっていたオフラインモードも(「モンスターハンター ポータブル」は除く)、本作ではぐっとボリュームを増し、ようやくひとつのゲームとして十分に遊び込めるものになった。

 オフラインモードでは、プレーヤーは「ジャンボ村」を訪れた1人のハンターとなり、村人からさまざまなクエストを請け負いながら、村の発展のため働いていくことになる。レベルや経験値による成長要素は一切存在しない本作だが、オフラインモードでは代わりに、住人の依頼をこなすことで村がどんどん成長する。最初は住人も少なく、「回復薬」すら買えないと、雑貨屋の品ぞろえも悪いが、発展してくると住む人も少しずつ増え、村の施設や店の品揃えも充実していく。装備品集めなども合わせて行っていくことを考えると、これだけでも100時間以上は遊べるボリュームとなっているだろう。

photo 村人からの依頼内容はさまざま。少しずつ発展していく村を見守るのが楽しい
photo 最初は買えなかった回復薬も、依頼をこなしていくと入荷されるようになる

 ただ、オンラインモードでのみでしか入手できない上位素材があるなど、相変わらず「オンライン優遇」の感があるのは否めない。当然、これらの素材を使った上位装備品などもオフラインでは作成できないため、やはり本作を100%楽しみたいのなら、オンラインデビューは必須と言える。また前述の通り、そもそも本作は4人プレイが前提のバランスとなっているため、シングルプレイだと回復薬すら使うヒマがなかったり、ヘタをすると起き上がりに連続攻撃を重ねられてハメ殺されたり、といったことも少なくない。せめてNPCと一緒に戦えるようにするなど、少しでもモンスターの狙いを分散させる工夫があると、うれしかったのだが……。

 とは言え、オフラインでできることは格段に増えており、相変わらずのオンライン優遇体制も、前作までに比べればずいぶん緩和されている。逆に村の発展など、オフラインモードならではの楽しみもあるので、すでにオンラインデビューを果たしたプレーヤーも、たまにはジャンボ村をのぞいてみるといいかもしれない。

MHPとの連携でますます楽しく

 MHPとの連携についても触れておきたい。PSP本体とMHPを持っているプレーヤーは、USBケーブルを使って両作品を接続することで、さまざまな恩恵を得ることができるのだ。目立ったものとしては、「新種・イャンガルルガの出現」、「新たな生産レシピの追加(普通より安く作れるものが多い)」、「行商ばあちゃんの取り扱い商品が変化」などで、いずれもMH2、MHPの両方に影響がある。細かなところでは、MHP側にさすらいの料理ネコが村にやってきたり、MH2側だと髪型変更時に選択できる髪型が増えたりといったものもある。

photo 両作品のメニュー画面から「CONNECT」を選べば連携が可能だ
photo 新種・イャンガルルガ。早くから戦えるが、討伐するのは難しい

 ただ、実際に連動させてみた感想としては、いずれもちょっとうれしいオマケ程度といった感じだ。一部でもいいからキャラクターデータやアイテムの持ち越しを期待していた身としては、ちょっと肩透かしを食らったような気分ではあったが、貴重なイャンガルルガ素材が序盤から入手できるのはありがたく、両タイトルを持っている人はぜひ連動させてみることをオススメしたい。

「弱肉強食」の意味を体に刻め

 正直に言うと、本作は数十時間程度のプレイではまったく底が見えてこない。筆者もまだまだ見たことがないモンスターや、見たことがない装備、試したことがないスキルが山ほどあり、ハンターとしてはまだまだ駆け出しのヒヨっ子だ。今さらではあるが、このレビューではまだほんの「入り口」をのぞいただけ、という点を改めて断っておく。

 ネット上では早くも“難易度高すぎ!”、“ドスファンゴ強すぎ!”、“回復薬売ってねぇ!”といった悲鳴があちこちから聞こえていたりするものの、個人的には“それでこそMH”だと思っていたりする。たしかに最初は“こんなのムリ!”と感じるかもしれない。しかし、注意深くモンスターの動きを観察し、行動パターンを把握し、スキを見つけ、せっせとアイテムを集めて下準備をして、苦労と試行錯誤を山のように積み重ねれば、どんなにアクションゲームが苦手でも、いつかは絶対にクリアすることができる。そして、その時のよろこびは、ほかのゲームでは絶対に味わえないものになるはずだ。

 それに、必ずしもメインターゲットを討伐しなくても、より簡単なサブターゲットを達成すればクエストクリアが可能になっていたり、片手剣では抜刀したままアイテムが使えるようになっていたりと、前作よりも親切に、より遊びやすく調整されている部分も多い。面倒だったフィールド系素材の採取も、一度により多くの素材が入手できるようになり、格段に集めやすくなった。狩りの基本は暑苦しい教官が懇切丁寧にレクチャーしてくれる。ここまでしてもらってすぐに音を上げていては、ハンターの名がすたるというものだろう。

 筆者は昨日はババコンガのタックルで一撃死、今日は起き上がりにフルフルの電撃を重ねられ、なす術もなく死亡した。思えばいまどき、これほど死にまくるゲームもないだろう。しかし、何度も失敗を重ね、技術と経験を蓄積していくことで、死亡の確率は確実に減らすことができる。かつてのゲームが持っていた“プレーヤー自身が上達していく楽しさ”を、本作では存分に味わうことができるだろう。レベルや経験値といった見せかけの成長にとらわれない、“真の強さ”を求めて、今日も元気に死にまくってきます!

photophoto オフラインで死ぬのはまだいいけれど……オンラインで死ぬと、さすがにちょっと気まずかったりする
モンスターハンター2(ドス)
対応機種プレイステーション 2
メーカーカプコン
ジャンルハンティングアクション
発売日発売中
価格通常版:7329円(税込)
(C)CAPCOM CO.,LTD.2006 ALL RIGHTS RESERVED.


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」