レビュー
» 2006年03月14日 17時09分 公開

良作に賞味期限なし――帰ってきたあいつらをやってみたPSP4本まとめてレビュー(1/3 ページ)

PSPソフトもかなりの数が発売されるようになったため、ユニークなタイトルが増えてきた。そこで今回は、3月9日にSCEから4本同時に発売となった懐かし系のゲームをまとめてレビューしてみた。ユニークな試みもなされているので、そのあたりも見てみよう。

[篠崎薫,ITmedia]

名作は、いつの時代に遊んでもおもしろい!

 毎週、多くのゲームソフトが発売されるが、残念ながらヒットする作品は限られている。しかし、大勢に受け入れられたタイトルは、続編が発売されたりプラットフォームを変えて登場するなど、さまざまな形で私たちの前に再び姿を現す。そうなることで、優れたタイトルを何度もプレイできるのは、ある意味ではいいことだろう。

 今回、SCEから4本同時に発売された「レミングス」、「I.Q Mania」、「ボンバーマン 爆風戦隊ボンバーメ〜ン」、「XIコロシアム」も、根強い人気をもつヒット作品だ。これらを1本ずつ見ていき、そのおもしろさを再確認してみよう。なお、4本中3本で共通する部分に関しては一番最後に列挙したので、そちらを参考にしてほしい。

思わず夢中になるパズルゲーム「レミングス」

 「レミングス」の元は、シグノシスというメーカーがAmiga用のソフトとして発売したパズルゲームだ。画面に映る小さな動物・レミングたちの頭上でカウントダウンが始まり、0になると爆発を起こして消えてしまう、そんなシーンを覚えている人もいるだろう(PH。

 そもそも、ゲームのタイトルにもなったレミング(複数形なので、タイトルはレミングスとなる)は、集団自殺をするとして知られている“タビネズミ”がモチーフになっている。体長12センチほどのげっ歯類で、主に北極圏で見かけることができる。ところが、食料を食べ尽くしてしまうと大移動を開始し、最後には海へ入って全員おぼれ死んでしまうのだ。この、集団で移動するという部分を取り出し、神の見えざる手=プレーヤーが指示を下して、レミングたちをゴールに導くのが本作の目的となっている。

このカウントダウンが0になると、哀れレミングは爆発してドットになってしまう
集団で出てくるレミングたちを、大量にゴールに導けたときは、なかなか気持ちがいい

 これだけ聞くと簡単に思えるのだが、実際にプレイしてみると、これがなかなか難しい。1つには、レミングたちを重力に逆らわせず移動させる方法は豊富にあるものの、その反対の手段が限られている点。もう1つが、それらコマンドの使用回数に制限があることだ。例えば、レミングは一定以上の高さから落ちると潰れて死んでしまうが、パラソルコマンドを使えばゆっくり降下してくる。ところが、回数が制限されていると、それ以上のレミングを助けることができなくなるため、別の手段を考える必要があるのだ。

レミングたちを上へと移動させる手段は階段のみ。これを連続して作れれば、かなり上方まで誘導できる
1匹のレミングだけを移動させ、反対側から穴を掘るという手段もある。これを初めて知ったときは、目からウロコが落ちる思いだった
パラソルは、どちらかというと力業? の部類に入るような感じがした。どうしてもほかに手段が見つからなかったときに使ってみるのがいいのかもしれない

 PSPに移植されて特に変わった部分もなく、画面のスクロールをアナログスティックで行うぐらい。若干のアクション要素が入るものの、ポーズボタンを押して道順を考えてから行動に移せばいいので、アクションゲームが苦手でも問題ないだろう。用意されたモードは、初代レミングスにも登場した120ステージで構成される“オリジナル”と、徐々に難しくなっていくPSPオリジナルの“スペシャル”など。どちらも最初は簡単なので、あっさりとクリアできる。しかし、面が進むにつれて、一筋縄ではいかなくなってくる。プレイしては失敗し、再び最初からやり直して……を繰り返しているうちに、自然とハマってしまう。実際、悩んだ末にクリアできるとうれしくなるだけでなく、つい調子に乗って次の面も始めてしまうのだ。中毒性が非常に高く、危険なゲームといえるだろう(笑)。

中には、「こんなの思いつかない!」と思うクリア方法もあるが、それが自力で分かったときのうれしさは、また格別

 ただし、海外製のゲームを移植したためか、×ボタンが決定になっているのが問題。メモリースティック内のデータをいじる場面まで、○と×の操作が逆になっているので、とにかくよく間違えた。ゲーム中でも○と×がひっくり返っているので、メニューなどでの選択を間違えて、イライラすることもしばしば。日本国内のインタフェース仕様に基づいて操作ボタンを変更することぐらいは、ハード発売元として最低限行うべき行為ではないかと思うだけに、そのまま移植したのには疑問を感じる。とはいえ、それでゲームのおもしろさが失われているわけではないので、妥協できる範囲ではあるだろう。じっくり考えるパズルゲームが好きで、長く遊びたいという人にお勧めだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい