ニュース
» 2006年03月17日 22時36分 公開

ネオロマファン集結。2006年春の聖地も弾けてました!!

3月最初の週末、聖地パシフィコ横浜にコスプレ姿の女子が集結。彼女たちが愛してやまない「ネオロマンス」のイベントが行なわれた。

[塙恵子,ITmedia]

 3月4、5日の2日間、神奈川・パシフィコ横浜で「ネオロマンス・アラモード2」が開催された。「ネオロマンス」とは、コーエーが発売している女性向け恋愛ゲーム「アンジェリーク」、「遙かなる時空の中で」、「金色のコルダ」の総称で、ゲーム以外にも書籍、CDなどが発売され幅広く展開、2006年は遙かなる時空の中での劇場公開やアンジェリークのテレビアニメ化も予定されている。

 今回のイベントテーマは、「MAX Voltage〜さあ!思いっきり弾けちゃおう!!〜」。2回目の開催となるネオロマンス・アラモードには、初日に発売されたプレイステーション 2ソフト「ネオ アンジェリーク」のキャストも参加する。新たな出演者も加わったことで、ファンのボルテージはさらに上がっていることだろう。取材陣も気合いを入れ直し会場入りする。会場にはコスプレ衣装を持参した人のための更衣室が設けられており、彼女たちはこちらが思わず「ドキッ」とするほどステキな男性に変身して出てくる。中にはすでにネオ アンジェリークの衣装で現れるファンも見かけられた。

楽しみつつもどのコーナーも真剣に望む。出演者同士の仲の良さが伝わってきて、会場は和やかなムードだった

 出演者のシルエットを見ただけで、黄色い声が飛び交うという“マックス・ボルテージ”状態で開演した。今回は、出演者が舞台から下りてファンと触れ合う機会も多く、ファン参加のゲーム大会では、キャスト自らファンの席に向かい賞品を直接手渡す場面もあり大いに盛り上がる。

 目玉は出演者の“アドリブ”が試されるコーナー、「武術入門」と「愛のメッセージ講座」。自分が当てたシチュエーションの中でセリフを考え、いかに演じきれるかが勝負となる。

 遙かなる時空の中での「有川譲」の弓矢に見立てた武術入門では、丸いボードが用意されていた。ボードには「プロポーズ」、「投げキッス付きの告白」など6つのお題が書かれ、それぞれ矢が当たったテーマでセリフを発表しなければならない。「ネオロマンスの洗礼を受けた」と話すのは、イベント初参加となる鳥海浩輔さん(遙かなる時空の中で 藤原泰衡役)。武術というよりも精神を養ったようである。

(写真左)福山潤さんのライブに観客は酔いしれる/(写真右)浪川大輔さん。盛り上げ役として常に会場を沸かせていた

 愛のメッセージ講座では、シチュエーションとラストメッセージという2つの箱の中から1枚ずつ紙を引く。その場で引いた設定でストーリーを作り、演じなければならないという、非常に役者泣かせのコーナーである。強引なシチュエーションに出演者はたじたじ……。そんな姿をファンが微笑ましく見守るといった感じで「かわいい〜」、「がんばれ〜」という声があちこちから聞こえた。

キャスト全員がそろってお辞儀をする、真摯な姿勢が印象深かった

 キャラクターなりきるミニドラマやLOVE QUESTIONのほか、岩永哲哉さん(アンジェリーク セイラン役)、中原茂さん(遙かなる時空の中で3 十六夜記 藤原鷹通/藤原幸鷹/有川譲役)、福山潤さん(金色のコルダ 志水桂一役)、浪川大輔さん(アンジェリーク ユーイ役)、小山力也さん(アンジェリーク レオナード役)によるライブが行なわれる。ライブではサイリウムを振りながら一同総立ち状態であった。

 エンディングで、堀内賢雄さん(アンジェリーク オスカー役)が「みなさんのおかげでいろんなことができました。このイベントがもっともっと大きくなればと思います」とファンにお礼の言葉を述べ、最後に全員が深々とお辞儀をするシーンはとても印象的だった。アンコールには、ネオロマンスイベント恒例の「僕たちのAnniversary」が流れる中、キャストがファンに握手して回るという大サービス。“笑い”が絶えない楽しい雰囲気の中、ファンと出演者が一緒になって作り上げた一体感のあるイベントであった。

撮影/大山雅夫


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」