ニュース
» 2006年04月06日 17時33分 公開

10周年記念メモリアルBOXも発売――PSP版「エヴァ2」は全面改良 (1/2)

10周年を経過し、いまだに拡大を続けるエヴァンゲリオンワールドを体感すべく、より気軽に、より深くその世界を堪能できるワールドシミュレーター「新世紀エヴァンゲリオン2 造られしセカイ-another cases-」がPSPで発売される。

[ITmedia]

 バンダイナムコゲームスは、2003年プレイステーション 2で発売された「新世紀エヴァンゲリオン2」をPSPでリメイク。徹底的に気軽にできるよう改良し、「新世紀エヴァンゲリオン2 造られしセカイ-another cases-」として4月27日に発売する。5040円(税込)。

 また、1995年のTV放映開始から10年経過したことを受け、単品ソフトと同時に10周年記念メモリアルBOXの発売も決定した。いまだ現在進行形で緩やかに拡大し続けるエヴァンゲリオンの世界を体現するべく、PSP版は製作されたといって過言ではない。


「新世紀エヴァンゲリオン -DECADE-」10周年記念メモリアルBOX

価格:10500円(税込)
供給メディア:UMD ディスク1枚+ UMD Video2枚
生産期間:2006年5月30日のご発注分まで生産

PSP ソフト

「新世紀エヴァンゲリオン2 造られしセカイ−another cases−」
ジャンル:ワールドシミュレーター
プレイ人数:1人

UMD Videoソフト 

【劇場版 新世紀エヴァンゲリオン DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に】
収録時間:DEATH(TRUE)2:73分 +映像特典 Air/まごころを、君に:85分
収録方式:映像:MPEG-4 
音声:ATRAC3plus(ステレオ)

 「新世紀エヴァンゲリオン2 造られしセカイ-another cases-」は、プレーヤーがエヴァの登場人物となって生活するワールドシミュレーターで、シナリオを選択し、ターン行動中にさまざまな人物に会い、場所に移動し、プレーヤーの行動次第で世界に変化が及んでいくというもの。日常のほんのちょっとした行動によって、会話中のパラメータが変化し、キャラ同士の友好度も変化していく。戦闘訓練も行え、使徒が出現するとフリーターンは終了となり戦闘となる。攻撃時にはムービーも流れ、司令部からの指示にそって撃破を目指す。戦闘が終了すると会話イベントへと進み、シナリオ終了となる。


 行動を起こすきっかけとして「インパルス」という気持ちのエネルギーを総称した、消費することで特殊なことができる行動システムが導入されている。リラックスしていたり、逆につらい体験やダメージをおった時ほどインパルスは上昇し、このインパルスを消費することで誰かにお願いごとができたりする。ゲーム後半になるほど大きな行動をしなくてはならない場面があり、インパルスのキャパシティー(上限値)を上昇させることが大事となってくるのだ。

 もちろん本作はただのリメイクにとどまらず、前作で消化不良だった部分を解消し、新要素を追加したパワーアップが図られている。それはビジュアル面での強化であり、システム面での追加要素であったりと多岐に渡る。

ビジュアルイメージの変化

ゲンドウが授業参観に?

 PS2からPSPへのリメイクに伴い、画面レイアウトを一新。16:9のワイドスクリーンとなっている。これにより戦闘パートではシネスコ風の迫力ある戦闘デモが展開される。また、前作ではデモ戦闘でしか登場しなかった5種類の使徒が特殊戦闘として体験できるようになった。ミサトやパイロットの思考性、操作性も改良され、プレイ環境の最適化も図られている。隠し武器の「マゴロクソード」も復活しているとか。


仲良くなることで、さまざまなイベントが発生する

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた