レビュー
» 2006年04月07日 20時28分 公開

“初めて天外魔境をプレイする人がうらやましい”と愚痴もこぼれるほどのデキ「天外魔境 ZIRIA 〜遥かなるジパング〜」レビュー(1/2 ページ)

PCエンジン時代からのファンなら感涙モノ、初めて触れる人なら過去のRPGの偉大さを思い知らされるであろう「天外魔境」シリーズ。内容に定評のある過去の大作を最新ハードXbox 360で表現するとこうなる、という後続に向けたよい手本となった作品といえる。

[小城由都,ITmedia]

過去について語ってもよいですか

 「天外魔境」といえば、忘れもしない1989年6月に発売されたPCエンジン版。この作品を語るのに、PCエンジン版に触れない方法を筆者は知らない。当時画期的だったCD-ROMを記憶媒体にした初のゲーム機、PCエンジンCD-ROM2をプラットホームに、鳴り物入りで登場。ハード販売台数の向上にかなりの寄与をした、当時のゲーマーにすれば伝説的なタイトルなのである。

 かくいう筆者も、PCエンジンCD-ROM2を購入するキッカケになったのがこのソフトだ。今となっては珍しくもないが、当時イベントシーンでアニメーションを使うという手法は、かなり斬新だった。このエポックメイキングな出来事に“ゲームもとうとうここまできたか!”と拍手喝采したものである。

photo アニメーション映像を見ると、当時の興奮を思い出す。Xbox 360版は当然、当時のPCエンジン版をもとに描き起こされているからだ

 しかも、あろうことかゲームミュージックは、あの世界の坂本龍一さんが担当。媒体はCD-ROMなので、イベントシーンでは生オーケストラがガンガン流れ、さらにはアニメーションもグリグリと動いた。その分、通常のゲーム画面に戻った時、内蔵音源のピコピコ音と当時のRPGを思わせるタイルマップに、かなりのギャップがあったのは確かだが……。

 さまざまな物議をかもしたゲームでもあった。当時のRPGといえば、自分で名前を決め、その世界に入り込み、自分が冒険をするというのが当然の流れだった。しかし本作は、主人公の名前が最初から決まっており、しかもイベントごとに自分の意図や思いを完全に無視してストーリーが展開されてしまう。しかし、現在ではそんなRPGの手法は当たり前のように存在しているのである。

天外魔境三部作は、この物語から始まる……

 天外魔境はもともと三部作として企画立案された、当時にすればかなり大きなプロジェクトだった。1989年に発売された「天外魔境 ZIRIA」(以下、ZIRIA)、1992年に発売された2部「天外魔境 卍MARU」までは順調に製品化されたが、PCエンジンの後継機であるPC-FXが業績不振だったこともあり、3作目は立ち消えになっていた。以後、外伝として「天外魔境 風雲カブキ伝」、「天外魔境 カブキ一刀涼談」、「天外魔境 真伝」、「天外魔境 電脳絡操格闘伝」が発売されるものの、物語の終結にあたる3作目「天外魔境 NAMIDA」が発表された2005年までには、実に13年ものブランクがあったのである。

 最新ハードXbox 360で再登場した初代のリメイク「天外魔境 ZIRIA〜遥かなるジパング〜」は、目に映るものすべてが新鮮だ。今のハードウェアの力をもってすれば当然のことなのだが、アニメーションが劇的にキレイになっている。そして、アニメーションが終わっても、そのままのディテール表現を保ったまま3D化された主人公・自来也(じらいや)たちを操作できるのである。17年ぶりに再会した天外魔境は懐かしい反面、あまりに成長しすぎていてちょっと照れくさい感じだ。

photo PCエンジン当時よりも洗練されたアニメーションに生まれ変わった自来也。このアニメシーンを見るために、当時はゲームを続けたものだが……
photo 今ではプレイ中もほとんどアニメの世界と同じになった

懐かしさにばかり浸ってはいられない

 ジパングという島国を一度は滅亡させかけた、魔王マサカド。そのマサカドを封じ込めた火の一族の末裔が主人公の自来也だ。筑波山のガマ仙人に師事し、武者修行を積んでいた自来也のもとに、突如異形の者たちが現れ、ガマ仙人を誘拐、筑波山の美しい木々をすべて燃やし尽くしてしまう。自来也はガマ仙人を助けるために旅立つ。

 そのころジパングでは、大門教という一風変わった宗教がはやりだしており、時代に変化が訪れようとしていた。どうやらガマ仙人をさらった人物の裏には、この大門教が絡んでいる様子。自来也は、冒険を進めるごとに、大門教のなぞに踏み込んでいくことになる。

photo 大門教の一味らしいこの2人が、ガマ仙人を誘拐した犯人。突然自来也たちに襲い掛かった彼らは、いったい何者なのか
photo いやがおうなく旅立つことになった自来也。ガマ仙人のじっちゃんを救うため、住み慣れた村から旅立つ

 プレイしたことのある人も多いであろうZIRIAだが、そんな人が“懐かしさ”だけで本作を始めたとすれば、うれしい意味で期待を裏切られることになる。物語はPCエンジン版をより掘り下げた内容になっており、説明不足だった(というより、容量不足だった?)部分を補ってあまりあるストーリー展開が楽しめるからだ。

photo オートモードで自動戦闘を行わせることもできるが、やはり属性にあわせて戦い方を変えながら楽しみたいものだ

 ストーリーはRPGの根幹とも言える部分なので詳細は避けるが、それ以外にも変わった部分がある。戦闘シーンだ。主人公たちはもちろん、モンスターなどすべてのキャラクターには「物・火・水・氷・雷・風」という自然属性が設定されており、「光・闇」といった精神属性、さらには「ガマはナメクジに、ナメクジはヘビに、ヘビはガマに強い」という3すくみ属性が用意されている。これらの属性をコントロールするのが「陣形」で、味方にとって不利な相手が登場したときは、その不利な効果を相殺する陣形を選択すると有利に戦闘を行えるようになっている。

 最初はあまりに種類が多すぎて大混乱をきたしたのだが、プレイを進めるうちに徐々に慣れていき、その法則が当たり前のように感じられる。今となっては逆に、モンスターに属性が設定されていないゲームが味気なく思えるくらいだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」