ニュース
» 2006年04月24日 00時00分 公開

ファンイベント「アルケ祭2006」開催(1/2 ページ)

アルケミストのファンイベント「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」が都内の会場で開催された。「ARIA」のゲーム化発表や「びんちょうタン」、「パルフェ」、「ひぐらしのなく頃に」といったゲームについての概要が紹介された。

[作倉瑞歩,ITmedia]
画像

 ほかの記事にもあるように、4月16日は日曜日にもかかわらずあいにくの空模様。そのような天候にもかかわらず、数多くのファンが訪れていた「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」(以下、アルケ祭2006)。当日は午前中の物販ブースオープンから始まり、午後には5時間ぶっ通しでイベントが行われるなど、ファンにとってはとても“濃い時間”を過ごせた日曜日となったようだ。

 イベントステージは既報の通り、「びんちょうタン」、「バルドフォースエグゼ レゾリューション」、「ARIA The NATURAL」、「パルフェ- Chocolat Second Style -」、「ひぐらしのなく頃に」といったタイトルについて紹介されたほか、最後にはアーティストによるライブが行われた。

「びんちょうタン」ステージ

画像 (左から)司会のおたっきぃ佐々木さん、原作者の江草天仁さん、野中藍さん(びんちょうタン)、門脇舞さん(ちくタン)、野川さくらさん(クヌギたん)、斎藤桃子さん(あろえ)

 「びんちょうタン」ステージでは、関東地区のTBSでは未放送だった第10話、第11話の上映が行われたあと、ゲーム「びんちょうタン しあわせ暦」について紹介された。

 びんちょうタン しあわせ歴は、びんちょうタン以外のキャラクターを操作してびんちょうタンに干渉し、びんちょうタンをしあわせにするゲームになるとか。なお、ご飯はプレーヤーがあげる必要があるが、びんちょうタン自体は操作できない。

 なお、びんちょうタンのDVD第1巻は5月26日から発売されるとのこと。初回限定版には野中藍さんとファンが備長炭のふるさと・和歌山県みなべ町を訪れたときの映像が特典として付くほか、TBSでは放送されなかった「びんちょうタン音頭」のビデオクリップも歌詞付きで収録される。

「ARIA The NATURAL」ステージ

画像

 「ARIA The NATURAL」ステージでは、セカンドシーズンのアニメ紹介が行われたあと、ゲーム「ARIA 〜遠い記憶(ゆめ)のミラージュ〜」の制作が発表された。プロデューサーのアルケミスト 永田氏からゲームについて紹介されたが、「基本的にはアドベンチャーゲームだが、音とグラフィックにはこだわっている」とのこと。CGはふつうの倍くらいの枚数となっているほか、アニメ制作会社に協力してもらい、背景も作り込んでいるそうだ。アニメや原作まんがの“癒し系”といった雰囲気とは異なり、ミステリアスな部分も描いていきたいと永田氏。

画像画像画像

 ちなみにもちろんフルボイスでの収録となるため、「タウンページ3冊分くらいの台本になりました(笑)」(永田氏)とか。水無灯里と藍華、アリスなどはヒロイン扱いとなり、オリジナルで男の子のキャラ(プレーヤーキャラ)が主人公となる。フキダシやカットインが多用されるシステムになるとか。

画像画像画像

画像画像

 なお、ゲームの音楽プロデューサーを務めるのは志倉千代丸さん。ARIAの舞台でもあるネオヴェネチアが醸す広大な広がりをサビの部分に盛り込んだというテーマ曲は、最後のライブでもKAORIさんが聴かせてくれたが、いまTVアニメで放映されている、牧野由依さん歌うオープニングテーマ2曲よりもアップテンポなノリのいい曲となっていた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声