ニュース
» 2006年04月24日 00時00分 公開

ファンイベント「アルケ祭2006」開催 (1/2)

アルケミストのファンイベント「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」が都内の会場で開催された。「ARIA」のゲーム化発表や「びんちょうタン」、「パルフェ」、「ひぐらしのなく頃に」といったゲームについての概要が紹介された。

[作倉瑞歩,ITmedia]
画像

 ほかの記事にもあるように、4月16日は日曜日にもかかわらずあいにくの空模様。そのような天候にもかかわらず、数多くのファンが訪れていた「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」(以下、アルケ祭2006)。当日は午前中の物販ブースオープンから始まり、午後には5時間ぶっ通しでイベントが行われるなど、ファンにとってはとても“濃い時間”を過ごせた日曜日となったようだ。

 イベントステージは既報の通り、「びんちょうタン」、「バルドフォースエグゼ レゾリューション」、「ARIA The NATURAL」、「パルフェ- Chocolat Second Style -」、「ひぐらしのなく頃に」といったタイトルについて紹介されたほか、最後にはアーティストによるライブが行われた。

「びんちょうタン」ステージ

画像 (左から)司会のおたっきぃ佐々木さん、原作者の江草天仁さん、野中藍さん(びんちょうタン)、門脇舞さん(ちくタン)、野川さくらさん(クヌギたん)、斎藤桃子さん(あろえ)

 「びんちょうタン」ステージでは、関東地区のTBSでは未放送だった第10話、第11話の上映が行われたあと、ゲーム「びんちょうタン しあわせ暦」について紹介された。

 びんちょうタン しあわせ歴は、びんちょうタン以外のキャラクターを操作してびんちょうタンに干渉し、びんちょうタンをしあわせにするゲームになるとか。なお、ご飯はプレーヤーがあげる必要があるが、びんちょうタン自体は操作できない。

 なお、びんちょうタンのDVD第1巻は5月26日から発売されるとのこと。初回限定版には野中藍さんとファンが備長炭のふるさと・和歌山県みなべ町を訪れたときの映像が特典として付くほか、TBSでは放送されなかった「びんちょうタン音頭」のビデオクリップも歌詞付きで収録される。

「ARIA The NATURAL」ステージ

画像

 「ARIA The NATURAL」ステージでは、セカンドシーズンのアニメ紹介が行われたあと、ゲーム「ARIA 〜遠い記憶(ゆめ)のミラージュ〜」の制作が発表された。プロデューサーのアルケミスト 永田氏からゲームについて紹介されたが、「基本的にはアドベンチャーゲームだが、音とグラフィックにはこだわっている」とのこと。CGはふつうの倍くらいの枚数となっているほか、アニメ制作会社に協力してもらい、背景も作り込んでいるそうだ。アニメや原作まんがの“癒し系”といった雰囲気とは異なり、ミステリアスな部分も描いていきたいと永田氏。

画像画像画像

 ちなみにもちろんフルボイスでの収録となるため、「タウンページ3冊分くらいの台本になりました(笑)」(永田氏)とか。水無灯里と藍華、アリスなどはヒロイン扱いとなり、オリジナルで男の子のキャラ(プレーヤーキャラ)が主人公となる。フキダシやカットインが多用されるシステムになるとか。

画像画像画像

画像画像

 なお、ゲームの音楽プロデューサーを務めるのは志倉千代丸さん。ARIAの舞台でもあるネオヴェネチアが醸す広大な広がりをサビの部分に盛り込んだというテーマ曲は、最後のライブでもKAORIさんが聴かせてくれたが、いまTVアニメで放映されている、牧野由依さん歌うオープニングテーマ2曲よりもアップテンポなノリのいい曲となっていた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた