ニュース
» 2006年04月24日 03時57分 公開

「スパロボ15周年記念“鋼のOG祭り”」で新シリーズのアニメ化も発表(2/3 ページ)

[加藤亘,ITmedia]

「スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS」とは?

 「スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS」はプレーヤーとコンピュータが交互にユニット(持ち駒)を移動させ、戦闘を行っていく戦術タイプのキャンペーン型シミュレーションRPGである。本作は、ゲームボーイアドバンスで発売され約40万本の売り上げを記録した2作品を合わせ、新要素を追加した、プレイステーション 2での最新作となる。

 本作では、戦闘シーンをすべて刷新。新キャラクターや新規ロボットも登場する。GBA版の「ORIGINAL GENERATION」と「ORIGINAL GENERATION 2」をつなぐシナリオや、「ORIGINAL GENERATION 2」以降のシナリオも追加。すでにGBA版を楽しんだファンにも新たな驚きを提供している。

プレストーリー

新西暦と呼ばれる時代。

人類が宇宙へ本格的に進出してから2世紀近くが過ぎていたが、

人々の生活そのものは21世紀初頭とさほど変わらない時代……。

その理由は、落下した2つの隕石による被害と混乱のため、

人類の進歩が一時的に停止したからであった。

そして、新西暦179年。3つめの隕石「メテオ3」が、

南太平洋マーケサズ諸島沖に落下した。

地球連邦政府の調査団による調査の結果、その隕石は人工物であることが判明。

そこには人類にとって全く未知の物質と技術の情報が封印されていた。

それらは「EOT」と称され、「EOT特別審議会」と「EOTI機関」による厳重な情報管理の下、調査が進められた。

そして、EOTI機関の代表者であるビアン・ゾルダーク博士は、

研究結果から地球外知的生命体による侵略の危機を地球連邦政府や地球連邦軍に示唆。

それを受けて人型機動兵器、通称「パーソナルトルーパー」の開発が開始された……。


 「スーパーロボット大戦OG」は、DC戦争からL5戦役までの第1部(ORIGINAL GENERATION 1)と、インスペクター事件やシャドウミラー反乱を描く第2部(ORIGINAL GENERATION 2)に大きく2つに分かれています。ゲームでは、第1部と第2部のどちらからでもスタートすることができる。ただし、第1部から第2部の通しプレイは可能だが、第2部からプレイすると第1部に戻ることはできない。

キョウスケ搭乗のアルトアイゼン
エクセレン搭乗のヴァイスリッター
ラーダ搭乗のシュッツバルト

R-1搭乗のリュウセイ
R-2パワード搭乗のライ
R-3パワード搭乗のアヤ

SRX

本作には、初登場となるコンパチブルカイザーやゲシュペンスト・タイプRV、アーマリオン、ミロンガのほか、アンジュルグ、ソウルゲイン、アシュセイヴァー、ラーズアングリフなどが登場する。もちろんいつものSRXチームや、アルトアイゼン、ヴァイスリッターが大活躍する。


 続いて行われたクリエイタートークショウでは、声優のかかずゆみさんの司会の元、「スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS」の開発に携わるデザイナー大張正己さんと、藤井大誠さん、河野さち子さんが登壇。寺田貴信氏も加わり、本作の魅力とその開発裏話が語られた。このようなスパロボファン感謝イベントで、開発陣がステージに上がることは珍しく、本作でファイター・ロアの再登場に合わせ、大張氏によって新たに描きおこされた「コンパチブルカイザー」や、藤井氏によるソウルゲインやアシュセイヴァーについて紹介された。また、OGに登場する女性キャラクターのバストがなぜでかいのかに触れ、別に寺田氏の趣味というわけではなく、河野さんの趣味だと弁明する場面も。

左から司会のかかずゆみさん、プロデューサーの寺田貴信氏、デザイナー大張正己さんと、河野さち子さん、藤井大誠さん。「コンパチブルカイザー」の登場や、「ソウルゲイン」や「アシュセイヴァー」の存在を発表。また、本作発表にともない、スパロボ公式サイトにて、プレミアムメンバーズクラブが設立され、23日の0時からスタートしたことが発表された。ここでは、壁紙配信やイベントで公開された映像などが見られるメンバー限定サービスが受けられる(今回のダウンロードは終了)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響