次世代クオリティで描かれる“戦争”はすごく美しくて、何より重い「NINETY-NINE NIGHTS」レビュー(1/2 ページ)

マイクロソフト ゲームスタジオが放つ、Xbox 360用大作アクション。敵で埋め尽くされた戦場から、何を感じて、何を楽しめるのか。単純に爽快(そうかい)感を求めて楽しむこともできれば、テーマについて深く考えることもできる本作、その魅力に迫る。

» 2006年04月26日 19時26分 公開
[磯野正学,ITmedia]

オレのまわりが「N3」なワケ

photo 敵は四方八方から襲い来る。なかには、プレーヤーが操作するキャラクターの倍以上もデカい敵も

 砂糖に群がるアリのごとき大部隊を、一閃の元に切り倒していく「NINETY-NINE NIGHTS」(以下、N3)は、爽快(そうかい)感を重視した3Dアクションゲームだ。このジャンルは、数多くのタイトルがリリースされている昨今の定番であり、筆者はもちろん、周りにもファンが多い。今回、そんなN3が到着した時も、どこから嗅ぎつけてきたのか、同僚がテレビの周りに集まってきた。あまりに集まりすぎて、筆者の周囲がN3みたいになってしまったほどだ……すみません、さすがにウソです。

 ただ、ここで面白いのは、みんなが口裏を合わせたように“N3ってどうなの?”、“アレとどう違う?”と聞いてくること。その時は、まだXbox 360の電源すら入れていない状態だったので、“まだ分からないッスよー”と答えていた。が、今ならはっきりと“これまでにあった同種のゲームとはかなり楽しみ方が違う”と断言できる。

画面を埋め尽くす敵! 敵! 敵!

 本作の見どころは数多くあれど、胸を張って“スゲェ!”と言えるのは、圧倒されるほどの敵の数だろう。現在、唯一の次世代機であるXbox 360のタイトルなので、かなり多くの敵が登場するだろうと期待はしていた。だが、筆者の予想はハッキリ言って甘かった。

 まさか自分の操作するキャラクターが埋もれて見えなくなるほど、多くの敵が現れるとは! ステージによっては、どこを見ても敵だらけで、人ごみを抜け出すにも苦労するほどだった。ゲームの世界に没頭できるため、主人公に感情移入もしやすい。いつの間にか、戦場で奮闘する戦士の気分に浸っていること請け合いだ。

photophoto (写真左)イベントムービーで突然、崖の上に現れるゴブリン族の大部隊
(写真右)ムービーだけだろうと甘く見ていると、痛い目にあう。ムービー同様の大部隊が、実際に襲ってくるのだ!

 ただ、いくら敵の数が多いとは言え、攻撃がスイスイ出せないと、爽快(そうかい)感も半減するというもの。だが、N3でそのような心配は皆無だ。攻撃アクション(スキルという)は、XボタンとYボタンを特定の順番で押すだけなので、ゲーム初心者でも、ガチャプレイで華麗な連続技が簡単に出せるのは、非常に良いポイントだと思う。

photo 連続技は見た目にも楽しいものが多く、それぞれ1度は使ってみたい

 敵を倒すと「赤オーブ」と呼ばれる、魂のようなものが登場する。このオーブを集めてゲージが一定以上溜まれば、強力な必殺技「オーブアタック」を発動できるのだ。これがまたシャレにならない強力さで、敵を一網打尽にできる。

 さらに言うならば、オーブアタックで敵を倒すと、今度は敵から「青オーブ」が現れる。勘の良い人ならもうお気づきかと思うが、この青オーブを一定数以上集めれば、超強力な奥義「オーブスパーク」が使えるのである。その威力と派手さは本作を象徴しているかのごとく壮大で、相応の爽快(そうかい)感を味わうことができるのだ。一度味わうと、ヤミツキになるほどの魅力を秘めている。使用後の周囲は死屍累々といった光景で、ちょっとかわいそうな気にもなるが、“オレって最強!”という気分を嫌と言うほど堪能できるのだ。

photophoto 敵を倒すと現れる赤と青のオーブ。拾いに行かなくてもオーブが飛んでくるので、気にしないOKだ
photo 連続技は、レベルがあがるごとに使える種類が増えていく

 N3には、連続して敵に攻撃を与えた回数を表す「コンボ」システムも用意されている。最大コンボ数を狙うのは、やり込みがいがあってかなり楽しいのだが、面白いのはその数が青天井ということだろう。適当にプレイしていても500くらいは楽に達成でき、意識してプレイすれば2000以上にも達する。

 あまたのゲームをプレイしてきた筆者だが、これだけのコンボ数がはじき出せる作品は記憶にない。筆者は2400コンボを出して喜んでいたが、同僚にあっさりと2600コンボを出され、一気に敗北感を味あわされた。雪辱を晴らすため、今も必死になってコンボの練習をしているところだ。

photophoto (写真左)敵の数が減ってくるので、1000コンボを超えたあたりから、つなげるのが難しくなってくる。となりの敵部隊に近づくように少しづつ戦闘場所を動かすのがコツだ
(写真右)武器やアイテムはステータス画面で装備しなおすことができる。コンボ数を稼ぐには、攻撃力の弱い武器や、攻撃範囲を広くするアイテムを装備するなど、クリアー目的とは異なるカスタマイズが重要になる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」