レビュー
» 2006年04月26日 19時26分 公開

「NINETY-NINE NIGHTS」レビュー:次世代クオリティで描かれる“戦争”はすごく美しくて、何より重い (1/2)

マイクロソフト ゲームスタジオが放つ、Xbox 360用大作アクション。敵で埋め尽くされた戦場から、何を感じて、何を楽しめるのか。単純に爽快(そうかい)感を求めて楽しむこともできれば、テーマについて深く考えることもできる本作、その魅力に迫る。

[磯野正学,ITmedia]

オレのまわりが「N3」なワケ

photo 敵は四方八方から襲い来る。なかには、プレーヤーが操作するキャラクターの倍以上もデカい敵も

 砂糖に群がるアリのごとき大部隊を、一閃の元に切り倒していく「NINETY-NINE NIGHTS」(以下、N3)は、爽快(そうかい)感を重視した3Dアクションゲームだ。このジャンルは、数多くのタイトルがリリースされている昨今の定番であり、筆者はもちろん、周りにもファンが多い。今回、そんなN3が到着した時も、どこから嗅ぎつけてきたのか、同僚がテレビの周りに集まってきた。あまりに集まりすぎて、筆者の周囲がN3みたいになってしまったほどだ……すみません、さすがにウソです。

 ただ、ここで面白いのは、みんなが口裏を合わせたように“N3ってどうなの?”、“アレとどう違う?”と聞いてくること。その時は、まだXbox 360の電源すら入れていない状態だったので、“まだ分からないッスよー”と答えていた。が、今ならはっきりと“これまでにあった同種のゲームとはかなり楽しみ方が違う”と断言できる。

画面を埋め尽くす敵! 敵! 敵!

 本作の見どころは数多くあれど、胸を張って“スゲェ!”と言えるのは、圧倒されるほどの敵の数だろう。現在、唯一の次世代機であるXbox 360のタイトルなので、かなり多くの敵が登場するだろうと期待はしていた。だが、筆者の予想はハッキリ言って甘かった。

 まさか自分の操作するキャラクターが埋もれて見えなくなるほど、多くの敵が現れるとは! ステージによっては、どこを見ても敵だらけで、人ごみを抜け出すにも苦労するほどだった。ゲームの世界に没頭できるため、主人公に感情移入もしやすい。いつの間にか、戦場で奮闘する戦士の気分に浸っていること請け合いだ。

photophoto (写真左)イベントムービーで突然、崖の上に現れるゴブリン族の大部隊
(写真右)ムービーだけだろうと甘く見ていると、痛い目にあう。ムービー同様の大部隊が、実際に襲ってくるのだ!

 ただ、いくら敵の数が多いとは言え、攻撃がスイスイ出せないと、爽快(そうかい)感も半減するというもの。だが、N3でそのような心配は皆無だ。攻撃アクション(スキルという)は、XボタンとYボタンを特定の順番で押すだけなので、ゲーム初心者でも、ガチャプレイで華麗な連続技が簡単に出せるのは、非常に良いポイントだと思う。

photo 連続技は見た目にも楽しいものが多く、それぞれ1度は使ってみたい

 敵を倒すと「赤オーブ」と呼ばれる、魂のようなものが登場する。このオーブを集めてゲージが一定以上溜まれば、強力な必殺技「オーブアタック」を発動できるのだ。これがまたシャレにならない強力さで、敵を一網打尽にできる。

 さらに言うならば、オーブアタックで敵を倒すと、今度は敵から「青オーブ」が現れる。勘の良い人ならもうお気づきかと思うが、この青オーブを一定数以上集めれば、超強力な奥義「オーブスパーク」が使えるのである。その威力と派手さは本作を象徴しているかのごとく壮大で、相応の爽快(そうかい)感を味わうことができるのだ。一度味わうと、ヤミツキになるほどの魅力を秘めている。使用後の周囲は死屍累々といった光景で、ちょっとかわいそうな気にもなるが、“オレって最強!”という気分を嫌と言うほど堪能できるのだ。

photophoto 敵を倒すと現れる赤と青のオーブ。拾いに行かなくてもオーブが飛んでくるので、気にしないOKだ
photo 連続技は、レベルがあがるごとに使える種類が増えていく

 N3には、連続して敵に攻撃を与えた回数を表す「コンボ」システムも用意されている。最大コンボ数を狙うのは、やり込みがいがあってかなり楽しいのだが、面白いのはその数が青天井ということだろう。適当にプレイしていても500くらいは楽に達成でき、意識してプレイすれば2000以上にも達する。

 あまたのゲームをプレイしてきた筆者だが、これだけのコンボ数がはじき出せる作品は記憶にない。筆者は2400コンボを出して喜んでいたが、同僚にあっさりと2600コンボを出され、一気に敗北感を味あわされた。雪辱を晴らすため、今も必死になってコンボの練習をしているところだ。

photophoto (写真左)敵の数が減ってくるので、1000コンボを超えたあたりから、つなげるのが難しくなってくる。となりの敵部隊に近づくように少しづつ戦闘場所を動かすのがコツだ
(写真右)武器やアイテムはステータス画面で装備しなおすことができる。コンボ数を稼ぐには、攻撃力の弱い武器や、攻撃範囲を広くするアイテムを装備するなど、クリアー目的とは異なるカスタマイズが重要になる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた