レビュー
» 2006年04月26日 19時26分 公開

次世代クオリティで描かれる“戦争”はすごく美しくて、何より重い「NINETY-NINE NIGHTS」レビュー(1/2 ページ)

マイクロソフト ゲームスタジオが放つ、Xbox 360用大作アクション。敵で埋め尽くされた戦場から、何を感じて、何を楽しめるのか。単純に爽快(そうかい)感を求めて楽しむこともできれば、テーマについて深く考えることもできる本作、その魅力に迫る。

[磯野正学,ITmedia]

オレのまわりが「N3」なワケ

photo 敵は四方八方から襲い来る。なかには、プレーヤーが操作するキャラクターの倍以上もデカい敵も

 砂糖に群がるアリのごとき大部隊を、一閃の元に切り倒していく「NINETY-NINE NIGHTS」(以下、N3)は、爽快(そうかい)感を重視した3Dアクションゲームだ。このジャンルは、数多くのタイトルがリリースされている昨今の定番であり、筆者はもちろん、周りにもファンが多い。今回、そんなN3が到着した時も、どこから嗅ぎつけてきたのか、同僚がテレビの周りに集まってきた。あまりに集まりすぎて、筆者の周囲がN3みたいになってしまったほどだ……すみません、さすがにウソです。

 ただ、ここで面白いのは、みんなが口裏を合わせたように“N3ってどうなの?”、“アレとどう違う?”と聞いてくること。その時は、まだXbox 360の電源すら入れていない状態だったので、“まだ分からないッスよー”と答えていた。が、今ならはっきりと“これまでにあった同種のゲームとはかなり楽しみ方が違う”と断言できる。

画面を埋め尽くす敵! 敵! 敵!

 本作の見どころは数多くあれど、胸を張って“スゲェ!”と言えるのは、圧倒されるほどの敵の数だろう。現在、唯一の次世代機であるXbox 360のタイトルなので、かなり多くの敵が登場するだろうと期待はしていた。だが、筆者の予想はハッキリ言って甘かった。

 まさか自分の操作するキャラクターが埋もれて見えなくなるほど、多くの敵が現れるとは! ステージによっては、どこを見ても敵だらけで、人ごみを抜け出すにも苦労するほどだった。ゲームの世界に没頭できるため、主人公に感情移入もしやすい。いつの間にか、戦場で奮闘する戦士の気分に浸っていること請け合いだ。

photophoto (写真左)イベントムービーで突然、崖の上に現れるゴブリン族の大部隊
(写真右)ムービーだけだろうと甘く見ていると、痛い目にあう。ムービー同様の大部隊が、実際に襲ってくるのだ!

 ただ、いくら敵の数が多いとは言え、攻撃がスイスイ出せないと、爽快(そうかい)感も半減するというもの。だが、N3でそのような心配は皆無だ。攻撃アクション(スキルという)は、XボタンとYボタンを特定の順番で押すだけなので、ゲーム初心者でも、ガチャプレイで華麗な連続技が簡単に出せるのは、非常に良いポイントだと思う。

photo 連続技は見た目にも楽しいものが多く、それぞれ1度は使ってみたい

 敵を倒すと「赤オーブ」と呼ばれる、魂のようなものが登場する。このオーブを集めてゲージが一定以上溜まれば、強力な必殺技「オーブアタック」を発動できるのだ。これがまたシャレにならない強力さで、敵を一網打尽にできる。

 さらに言うならば、オーブアタックで敵を倒すと、今度は敵から「青オーブ」が現れる。勘の良い人ならもうお気づきかと思うが、この青オーブを一定数以上集めれば、超強力な奥義「オーブスパーク」が使えるのである。その威力と派手さは本作を象徴しているかのごとく壮大で、相応の爽快(そうかい)感を味わうことができるのだ。一度味わうと、ヤミツキになるほどの魅力を秘めている。使用後の周囲は死屍累々といった光景で、ちょっとかわいそうな気にもなるが、“オレって最強!”という気分を嫌と言うほど堪能できるのだ。

photophoto 敵を倒すと現れる赤と青のオーブ。拾いに行かなくてもオーブが飛んでくるので、気にしないOKだ
photo 連続技は、レベルがあがるごとに使える種類が増えていく

 N3には、連続して敵に攻撃を与えた回数を表す「コンボ」システムも用意されている。最大コンボ数を狙うのは、やり込みがいがあってかなり楽しいのだが、面白いのはその数が青天井ということだろう。適当にプレイしていても500くらいは楽に達成でき、意識してプレイすれば2000以上にも達する。

 あまたのゲームをプレイしてきた筆者だが、これだけのコンボ数がはじき出せる作品は記憶にない。筆者は2400コンボを出して喜んでいたが、同僚にあっさりと2600コンボを出され、一気に敗北感を味あわされた。雪辱を晴らすため、今も必死になってコンボの練習をしているところだ。

photophoto (写真左)敵の数が減ってくるので、1000コンボを超えたあたりから、つなげるのが難しくなってくる。となりの敵部隊に近づくように少しづつ戦闘場所を動かすのがコツだ
(写真右)武器やアイテムはステータス画面で装備しなおすことができる。コンボ数を稼ぐには、攻撃力の弱い武器や、攻撃範囲を広くするアイテムを装備するなど、クリアー目的とは異なるカスタマイズが重要になる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい