ニュース
» 2006年04月28日 00時00分 公開

水の惑星・AQUAでのできごとを体験――「ARIA The NATURAL 〜遠い記憶のミラージュ〜」(1/2 ページ)

アルケミストから、プレイステーション 2ソフト「ARIA The NATURAL 〜遠い記憶のミラージュ〜」が、2006年夏に登場する。TVアニメやコミックとは異なるARIAの世界は、ゲームとしてどのように描かれるのだろうか。

[ITmedia]
画像

 アルケミストのファンイベント「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」で紹介された、プレイステーション 2版「ARIA The NATURAL 〜遠い記憶のミラージュ〜」(以下、ARIA)。ご存じの通り、原作であるマンガは月刊コミックブレイドで連載中であり、2005年10月よりテレビ東京系にて放送されているTVアニメも人気となっている。

 PS2版となる本作の舞台は、水の惑星「AQUA」(アクア)の観光都市である「ネオ・ヴェネツィア」。この美しい街に、主人公の青年がやってくるところから物語がスタートする。

〜プロローグ〜

 主人公は、地球の大学に通う青年。専攻する都市工学のフィールドワークのため水の惑星・AQUAを訪れることになった彼は、ふとしたことから水先案内人(ウンディーネ)の少女・水無灯里と出会い、彼女独特のペースに巻き込まれて行動を共にすることになる。

 そしてなぜか、男なのに水先案内人の見習いをやることになってしまった……!? 灯里や先輩のアリシア、そして猫のアリア社長との奇妙な共同生活の中、青年はたくさんの人たちとふれあい、AQUAの暮らしは楽しく有意義に過ぎていく。

 しかし、穏やかに過ぎていくはずの日常はゆっくりと、そして確実に“何か”が変わりはじめていた……。

画像
画像画像

アニメ的演出で見せる「ビジュアルノベル」ゲーム

 PS2版のARIAは、アニメ的演出効果を盛り込んだ「ビジュアルノベル」ゲーム。基本的には、ウィンドウ形式の画面構成でストーリーが進んでいくことになるが、途中で出現する選択肢によってストーリーが分岐する。もちろん、好きなヒロインと仲良くなっていくことで展開が変わるだけでなく、彼女たちの言動も変化する。

画像画像

 なお、ストーリーはAQUAの夏季12カ月の中で、「アクア・アルタ」や「夜行鈴」、「昇級試験」といった、原作やアニメでもおなじみのエピソードも追体験できる。また、ゲームの進み具合によっては、原作にも随所に登場するAQUAの不思議な謎がプレーヤーの前に立ちふさがることも。それに挑んでもよいし、平和で穏やかな時間をヒロインたちと過ごすのもOK。そのどちらもが、ARIAの楽しい雰囲気を描き出していくことになる。

画像画像

 またARIAでは、TVアニメ「ARIA The ANIMATION」、「ARIA The NATURAL」でもおなじみの豪華声優陣が登場。また、PS2版ARIA用の新規のCGも多数描き下ろし。原作ファン、そしてアニメファンなら納得の“あの”シーンがフルカラーで登場する。なお、ゲームのオリジナルキャラクターである主人公の「青年」と「謎の少女」は、原作・天野こずえ先生によるキャラクターデザイン(原案)だ。主人公と謎の少女もフルボイスでの収録となっている。

 ゲーム中のBGMは「蒼い海のトリスティア」や「シュヴァルツシルト」シリーズでおなじみの馬場信繁さんが担当。原作イメージを大切にした音楽で物語を盛り上げていく。なお既報の通り、PS2版は志倉千代丸さん作曲、KAORIさんの歌によるアップテンポな新オープニング曲「BLUE BLUE WAVE」が採用されている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1605/20/news111.jpg 絶対にプラスチックのカップで「焼きプリン」を作るという執念 森永「焼きプリン」の製法特許がすごいと話題
  2. /nl/articles/2312/09/news033.jpg 13年外につながれボロボロのおばあちゃんワンコを保護 人間を信じ始める姿に涙「今まで苦労した分以上の幸せな余生を送れますように」
  3. /nl/articles/2312/10/news011.jpg 犬同伴OKのビュッフェに柴犬と行ったら…… 全く別の楽しみ方をしてしまう姿に「かわいいいいい」「気持ちよさそう」
  4. /nl/articles/2312/10/news019.jpg 入院で2週間不在だったママを待ち続けた猫、再会の瞬間…… 涙を誘う喜びあふれる“お返事”に「深い絆に涙が」「嬉しさがひしひしと」
  5. /nl/articles/2312/10/news018.jpg 同居猫のおしりを嗅いで「テメェ屁こいたなぁ!!!!!??(怒)」と理不尽ギレする猫の姿に抱腹絶倒「夜中に爆笑させないで」「名作」
  6. /nl/articles/2312/10/news061.jpg 遠藤憲一、保護犬を家族に迎える 「保護時には栄養失調と足に怪我を」悲しい過去も、ウキウキお散歩ショットにほっこり
  7. /nl/articles/2312/08/news013.jpg 愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
  8. /nl/articles/2312/09/news081.jpg 短編ホラーゲーム「8番出口」で“開発者も知らない異変”が発生し笑いと恐怖 「マジでホラー」「本物の『怪異』だ」
  9. /nl/articles/2312/10/news033.jpg 捨てられて真っ黒だった元野良猫が、家猫になった今では…… 真っ白で幸せいっぱいの暮らしに「ほんときれいな美猫さんに」「胸が熱くなる」
  10. /nl/articles/2312/08/news180.jpg ミス東大の水着グラビアデビューに「東大まで行って」と失望の声 本人&現役グラドルも加わるネット論争に
先週の総合アクセスTOP10
  1. オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
  2. 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  3. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  4. 田中みな実、“共演した姉”の存在に反響「居るとは聞いていたけど」「激似やなぁ」 すらっとしたたたずまいに「品のあるお方」
  5. 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  6. マックで「プレーンなバーガーください」と頼んだら……? 出てきた“予想外の一品”に驚き「知らなかった」
  7. 伊藤沙莉、“激痩せ報道”の真相暴露→広瀬アリスの株が上がってしまう 「辱めったらない」告白に「アリスちゃん、ええ人や〜」
  8. 「あなたは日本人?」突然送られてきた不審なLINE、“まさかの撃退方法”に反響 「センス良い」「返しが秀逸」
  9. “鬼ダイエット”で激やせの「Perfume」あ〜ちゃん、念願の姿に「着れる日が来るなんて」と大喜び
  10. 900万再生のワンコに「電車で笑ってしまった」「つられてめちゃくちゃ笑っちゃうw」 “突然魔王になった犬”に腹を抱える人続出
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」