日本を感じろ――ドキドキ、ワクワクが止まらない由緒正しき冒険活劇「大神」レビュー(1/3 ページ)

水墨画調のグラフィックや、画面に筆を走らせて様々な奇跡を起こす「筆しらべ」など、見た目の新しさについ目を奪われがちだが、「大神」はただ新しいだけの作品ではない。忘れかけていた“ゲームって楽しい!”という感情を、呼び覚ましてくれる良作だ。

» 2006年05月02日 14時45分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

新しいだけではない、良質なアクションアドベンチャー

 制作発表から待つこと2年、クローバースタジオ渾身のオリジナルタイトル「大神」がついに発売を迎えた。開発元であるクローバースタジオは、もともと「バイオハザード」や「デビルメイクライ」、「逆転裁判」などの人気作を手がけてきたカプコン第4開発部のスタッフを中心に、2004年にカプコンの開発スタジオとして分社化・設立されたもの。言わば、カプコンの一番オイシイところだけを切り取ったようなメーカーだ。本作はそのクローバースタジオが放つ完全オリジナルタイトル第1弾ということで、個人的にも発表当初から期待を寄せていた作品だったりする。

photo プレーヤーはオオカミの姿を借りた大神「アマテラス」を操り、大地に命を取り戻すべく戦っていく

 本作を象徴する要素として、真っ先に思い浮かぶのが「水墨画調のグラフィック」と、画面に筆を走らせ、さまざまな奇跡を起こす「筆しらべ」だろう。確かにどちらの要素も、これまでのゲームにはなかった新しいモノだ。でも、本作は決してそれだけの作品ではない。アクション、謎解き、物語……むしろこうした基本的な部分にこそ、本作の魅力や、こだわりが詰まっているような気がする。パッと見のインパクトが強すぎることもあり、ともすれば「変化球」のイメージを与えがちな本作だが、むしろゲーム内容はストレート、それも極めて良質なアクションアドベンチャーに仕上がっている。

ポリゴンであることが信じられない、圧巻のグラフィック

 とは言え、やはりその独特なグラフィックについて触れないわけにはいかないだろう。雑誌やWebなどでさんざん目にしてきたとは言え、「和」のイメージを強く打ち出した水墨画調のグラフィックはやはり圧巻だ。スクリーンショットを見ていても、いまだにこれがすべてポリゴンでできていることが信じられないくらいである。

 静止画しかお見せできないのが残念だが、実際に動いている映像はまた一段階上の感動がある。草木はゆらゆらと風に揺れ、空には雲や風がたなびく。主人公であるアマテラスが走れば、その後には草が生え、敵を倒せば花が咲く。後述する「筆しらべ」を使えば、枯れた大地をよみがえらせたり、風や水を自在に操ることもできる。プレーヤーの操作に合わせて目まぐるしく表情を変えるナカツクニ(本作の舞台となる世界)は、それ自体がちょっとしたインタラクティブアートのようなものである。

photo 水墨画に絵の具を乗せたような、独特のグラフィック。これが滑らかに動くのだからスゴい
photo アマテラスの走った後には草木が生えてくる。神様ならではの凝った演出だ
photo 戦闘時のエフェクト類も独特。特に炎や風といった自然物の表現は素晴らしい

 こうした映像美の極致とも言えるのが、荒廃した大地に生命力を注ぎ、よみがえらせる「大神降ろし」の瞬間だ。それまで灰色だった大地にどわぁーっと緑が広がり、草花の波が大地を覆い尽くしていく演出は、何度見ても背筋がぞくぞくしてしまう。こうして失われた自然を少しずつ取り戻していくのもゲームの目的のひとつなのだが、大神降ろしの演出見たさについつい先へと進めたくなってしまう。

photo 大地の生命をつかさどる「塞の芽」。最初は邪気によって枯れてしまっているが……
photo 筆しらべ「桜花」の力でこれをよみがえらせると、一斉に咲き乱れるピンクの桜
photo 力を取り戻した塞の芽により、一面の緑が大地を覆っていく。これが大神降ろしだ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評