E3 2006プレリポート――今年もやはり次世代ゲーム機関連が百花繚乱?E3 2006:

いよいよ「E3 2006」が、北米時間の5月10日から12日まで、ロサンゼルスのコンベンションセンターで開催される。ITmedia +D Gamesでは、事前に行われる各メーカーのカンファレンスも含めて連日リポートしていく。

» 2006年05月08日 07時37分 公開
[加藤亘,ITmedia]
午後から広がった晴天のため、ぐんぐんと気温を上げつつあるロサンゼルス。会場となるコンベンションセンターでは設営が急ピッチで行われ、毎年一番目を引くSouthホールとWestホール入口上部の大段幕がまさに取り付けられていた。明日からの各社のカンファレンスを皮切りに、この会場がヒートアップする

 ゲーム業界では毎年恒例となった世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo 2006」(E3 2006)が、いよいよ現地時間の5月10日から12日までの3日間にわたってロサンゼルス・コンベンションセンターで開催される。ブースの出展社は約90カ国からおよそ400社にのぼる。

 注目は先日正式名称が発表された任天堂の「Wii」や、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション 3」、そして昨年一足先に発売されたマイクロソフトの「Xbox 360」などの次世代家庭用ゲーム機の詳細や今後の動向が発表される点。

 毎年E3の開幕に先駆けて行われる各ハードメーカーやソフトメーカーのカンファレンスやワークショップでは、やはり次世代家庭用ゲーム機関連の今後の展開が報告されることが予想されている。特に正式な発売日や価格などを明かしていない任天堂やSCEが、ハードやそれに対応するサービスの詳細を発表するのではないかと見られており、ロンチ(立ち上げ)における各ソフトメーカーのラインアップを含め、今週1週間は連日大きなニュースが飛び出すことだろう。すでにXbox 360が発売されているマイクロソフト陣営も、現在開発が行われているさまざまなソフトタイトルが発表されることとなりそうだ。また、大手ソフトメーカーによるカンファレンスでは、大型タイトルなどを先駆けて発表されるのがここのところの傾向となっており、今年もあっと驚くサプライズを期待したいところだ。

 ちなみに日本のメーカーでは、ソニー・コンピュータエンタテインメント、任天堂、マイクロソフトといったプラットフォームベンダーのほか、スクウェア・エニックス、バイダイナムコゲームス、コナミ、コーエー、セガ、テクモ、カプコン、D3パブリッシャーなどのソフトメーカーが出展している。

 E3 2006開幕の2日前――つまり現地時間の8日(月曜日)から各メーカーのカンファレンスがロサンゼルス近郊のいたるところで開催され、同時に会場となるコンベンションセンターでの装飾や設営が急ピッチで行われる。会場周辺には今年もSCEAによるプレイステーションのポスターが設置されていた。この「PLAY BEYOND」とだけ書かれたポスターは、確認しただけで4種類あり、コンベンションセンターのWestホール入口上部と、隣接するSTAPLES Centerの壁面には巨大な垂れ幕として存在を誇示していた。付近のバス停などにも設置されており、はじまる前からアピールは十分といったところ。

Westホール入口上部の一番目立つ大段幕ではジャンケンを。STAPLES Centerの壁面では断崖絶壁から身を乗り出す男のシルエットのイメージショット。プレイステーション 3へのひとつの答えということなのか、“PLAY BEYOND”とだけ刻まれている
同じく街で見かけた別の2種類。吊り輪をしてたり、巨大なブランコに乗っていたりするのだが、その意味することとは?
こちらがSouthホール入口の現状。まさに撮影をしようとしていた目の前で大段幕の設置が行われた。毎年のことではあるが、この場所はSCEAと同様指定席のようにATARIが大段幕を設置する。今年は「NEVER WINTER NIGHTS 2」のもの

WestホールとSouthホール結ぶ壁面にも「ダヴィンチ・コード」や「GEARS OF WAR」の大段幕が並んでいた
会場内はまさに設営の真っ最中。Westホールのエントランスにも「PLAY BEYOND」。今回ずいぶんと力が入っている様子。あと3日経てば、ここに世界中からゲーム関係者が飲み込まれていく
こちらはSouthホールエントランス部分。Westホールから歩いて5分はかかるほどで、会場全体では東京ドーム約4つ分となる16万平方メートルの広さを誇る。そりゃ足も棒になります

 ITmedia +D Gamesでは、いち早くE3 2006の最新情報を現地からお届けしていく。E3 2006特設サイトも併設するので、今週1週間はお見逃しのなきように。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評