「DQ」、「FF」の次世代機向け4タイトルが明らかに――スクウェア・エニックス プレスイベントE3 2006(2/2 ページ)

» 2006年05月09日 15時31分 公開
[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photo 橋本真司氏

 「ここでスクウェア・エニックスが全力を挙げて進めている次世代プロジェクトを紹介します。口頭で説明する前にご覧ください」と切り出したスクウェア・エニックス コーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏より紹介されたのは、FFシリーズ最新作となるFINAL FANTASY XIIIと、それに関連するプロジェクト「FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIII」だった。

 会場で上映されたムービーは、実機映像も多数含まれているということで、かなり作り込まれている印象を受けたFINAL FANTASY XIII。ゲームの内容としては、シリーズの中でも、最も文明が進んだ未来、魔法とテクノロジーが融合し進化した、誰も見たことのない未来世界を舞台に、そこで生きる人間たちの物語が描かれるという。

photo 北瀬佳範氏

 プロデューサーである北瀬佳範氏は、「今回見ていただいたムービーはスタートラインに過ぎない。FFの名を冠す以上、“対応ハードの持つ性能を極限まで使い切る”を命題に、さらなるクオリティアップへの挑戦を続けていきたい」とコメントした。

 また、こちらの記事でも触れている通り、“FINAL FANTASY XIII”という名が付くタイトルはほかに2つある。そのひとつが、ラテン語で“行動を起こす”の意味を持つアギトの名を授けられた「FINAL FANTASY アギト XIII」となる。次世代のケータイをターゲットにして開発が進められている本作は、新しいオンラインRPGを目指すという。

photo 田畑端氏

 ディレクターの田畑端氏は、「例えば敵との戦闘では、ケータイの持つロケーションフリーな通信性を生かした、その場その場でプレーヤーがパーティを組むといった、バトルスタイルが導入できます。いつでも、どこからでもアクセスできる、最も身近なFFを目指したい」とコメントした。

 続く2つ目、ラテン語で“向きを変える”の意味を持つヴェルサスの名が付く「FINAL FANTASY ヴェルサス XIII」は、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」と「KINGDOM HEARTS II」のスタッフが開発を務めるタイトル。上映された映像を見た限りでは、現代とさほど変わらない時代設定のようにも思えたが、主人公と思わしき青年のいる聖堂や、それを取り囲む防具で身を固めた集団など、幻想的な雰囲気漂うものとなっていた。

photo 野村哲也氏

 FABULA NOVA CRYSTALLIS全作品のコンセプトデザインとキャラクターデザインを手がけ、本作ではディレクターを務める野村哲也氏は、FINAL FANTASY ヴェルサス XIIIについて「今までにない新しいFFということで、アクション要素の高いものを考えています。物語は“絆”をテーマに、痛みを感じるリアルなキャラクターとストーリーを描いていきたい」とコメント。続けて「これまで自分たちが追ってきた作品性のひとつの完成形にしたい」と、その意気込みを語ってくれた。

photo FABULA NOVA CRYSTALLISロゴ

 FABULA NOVA CRYSTALLIS3作品が紹介され、再度登壇したのは橋本氏。同氏は「既存のFFの概念を自ら打ち壊しつつも、これまで挑戦し続けてきたFFらしい新たな試みをしたい。これはまだスタートに過ぎない。この先、(FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIIIに関して)“新たな発表”を心待ちにしていただきたい」という意味深な発言を行い、新プロジェクトの説明を終えた。


photo 和田洋一氏

 すべてのタイトル紹介を終え、最後に壇上に登場した和田洋一氏は、まず開発スタッフに感謝の気持ちを述べた後、「私たちスクウェア・エニックスは、レスポンスに優れた高品質な製品を出すことが使命だと思っています」とコメント。また、次世代ゲーム機はゲーム作品の品質に衝撃を与えるだけでなく、ゲームのビジネスモデルを大きく進化させる力があるとし、今後も『Compilation of FFVII』の展開を始めとしたポリモーフィックコンテンツ(一昨年からスクウェア・エニックスが提唱している事業戦略で“ひとつのコンテンツをさまざまなプラットフォームやメディアを越えて幅広く展開するビジネスモデルで、作品同士の相乗効果をもたらす”というもの)をまい進していくことを改めて強調するとともに、力強く将来へのビジョンを述べて幕を閉じた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」