ニュース
» 2006年05月11日 09時55分 公開

PS3、まずは遊んで確かめてE3 2006「SCEブース」

先日行われたプレスイベントで、プレイステーション3の価格と発売日を発表したソニー・コンピュータエンターテインメントは、E3 2006でPS3を中心に、「見せる」より「遊ぶ」に特化して設営していた。

[加藤亘,ITmedia]

PS3タイトルがプレイアブルで出展――PS3と同時発売タイトルも多数

 現地時間の5月10日から12日までの期間中、北米ロサンゼルスのコンベンションセンターで世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo 2006」(E3 2006)が開幕。コンベンションセンターWestホール入口上部やSTAPLES Centerの壁面だけでなく、周辺地域へのポスター、会場内のエントランス部分など、プレイステーション陣営はこれでもかと「PLAY BEYOND」の文字を掲げ、その存在をアピールしていた。

 ソニー・コンピュータエンターテインメント(以下、SCE)が広大なスペースを確保しているのは例年と変わりないが、なによりもプレイステーション 3がプレイアブルで14タイトル(明日には15タイトル)出展されていたことが印象的。SCE代表取締役社長の久夛良木健氏曰く、過去にはなかった量をこの時期に提供できたということはその開発状況の順調さを前面に押し出す内容といえる。

 SCEブースはどこからでも入場できる仕組みとなっているが、一応正面とされているゲート部分は、PS3をかたどった柱で支えられており、そこを抜けると開発機材ベースで動くPS3の試遊台がずらりと並んでいた。そして試遊台を挟む形でクリアケース内に積まれた開発機材がつながっているという様相。このPS3の開発機材はネットワークで会場にある同タイトルの開発機材と、遠く開発元につながっており、開発者はコードを送りさえすれば、それこそ毎日でも遠くロサンゼルスにある試遊台であろうとも日々更新していくことができるとのこと。

PS3専用コントローラもお披露目され、これが完成形となる
ずらりと並ぶPS3の試遊台
SCE初の試みとなるこの展示方式は東京ゲームショウでも実現されるものと思われる

 試遊台単体でも遊べるが、切り替えることでマルチプレイも可能。実際プレイアブル出展されていた「WARHAWK」や「RESISTANCE FALLOF MAN」などは、その場にいた見ず知らずの人間と戦うことができた。どのPS3タイトルも長い列ができ、さすが次世代機として注目されている様子。基本的にはオープンスペースとなっているのだが、プレスイベントでもデモンストレーションした「SINGSTAR」は音の関係で、アヒルが炎を吹いたカードゲームの新しい形を提案する「THE EYE OF JUDGMENT」は、光とテーブルがないとできないため、区切られた部屋でのプレイとなっていた。


 14タイトル(明日には「Motor Storm」も追加され15タイトル)に及ぶE3 2006バージョンの体験プレイは別記事にて紹介するので、そちらを楽しみにしてほしい。ただ、「HEAVY RAIN THE CASTING」と「WARDEVIL[ENIGMA]」の2つは、コントローラで映像の切り替えやカメラワークを楽しめるようになっているものの、基本的に映像出展と同様と判断する。報告をお待ちいただきたい。なお出展(予定も含む)していたPS3タイトルは以下のとおり(アルファベット順・英語名)。


  • Formula 1 06
  • GENJI 2
  • GRAN TURISMO HD
  • GUNDAM MOBILE SUIT
  • Heavenly Sword
  • HEAVY RAIN THE CASTING
  • MADDEN NFL 07
  • Motor Storm(5月11日から展示予定)
  • RESISTANCE:FALL OF MAN
  • SINGSTAR
  • SONIC THE HEDGEHOG
  • THE EYE OF JUDGMENT
  • Virtua Tennis 3
  • WARHAWK
  • WARDEVIL[ENIGMA]

 また、プレスイベントで公開されたPS3の新コントローラも当然手にすることができた。見た目は従来の「DUALSHOCK2」コントローラとそれほど変わりはないが、L2、R2ボタンの形状やアナログジョイスティックの傾斜角度が変更されていたり、アナログスティックの検出精度も従来の8ビットから10ビットに拡大されているなど何かが違う。なによりもPS3専用コントローラは6軸検出システムが搭載されており、Roll(左右傾き)、Pitch(前後傾き)、Yaw(左右振り)の3軸に加え加速度をリアルタイムで検知可能で、高精度・高速応答の6軸検出システムを内蔵している。

「WARHAWK」は、PS3専用コントローラを実感できるタイトルとして最適と判断。まずはこのタイトルからプレイしてみた

 一番顕著な例として「WARHAWK」を遊んでみたが、デモ版とはいえ、即座に傾きを検知し、スムーズに動いてくれるから素直に楽しい。無線ワイヤレス時の接続はBluetoothで行われており、USB端子に接続すればシームレスに有線ケーブル(有線接続中はコントローラ内のバッテリーが充電される)へと切り替えられるとのことだが、会場の試遊台は有線でつながっているものだった。なおコントローラの背面にはミニUSBアダプタと1〜4ポートの確認LEDが搭載されている。振動機能をなくしたために軽量化も図られているようだった。

 追記としては、PS3専用コントローラの中央にあるPSマークのボタンの使用方法については特に報じられていなかったが、将来的には何かしら別の意味合いを提案できるとしている。ただ、今のところはコントローラ自体の電源を切ることに使用することが決定しているとか。

PS2タイトルよりはPSPに注力?

「RATCHET&CLANK SIZE MATTERS」、「Every Extended Extra」、「LOCOROCO」、「CAPCOM CLASSICS COLLECTION RELOADED」、「Lemmings」、「Gangs of London」の6タイトルがPlaystation Spotでダウンロード可能だった

 もちろんPS2タイトルも充実していたが、残念ながら日本ですでに発売済みのものが大半。それよりもPSPタイトルの展示方法が面白い。PSPという携帯ゲーム機である特性からか、外に出たさまざまなプレイ環境を再現するかのようなPSPコーナーとなっており、Playstation Spotでの体験版の配信はもちろんのこと、ダウンロードコーナーでは壁紙やスクリーンショットのほか、PS3タイトルの開発者インタビューなどをPSPに移すことができた。ちなみに、PS3開発者のインタビューは「GENJI 2」、「Lair」、「NBA 07」、「RESISTANCE:FALL OF MAN」、「Stranglehold」、「Untold Legends」、「WARHAWK」の8タイトル。また、「God of War」、「NBA 07 Featuring the Life vol.2」、「Rogue Galaxy」、「SingStar」、「SOCOM U.S.Havy SEALs Combined Assault」、「ATV Offroad Fury PRO」、「Gangs of London」、「Killzone」などはE3で上映される映像やスクリーンショット、壁紙などが配信されていた。なお、出展していたタイトルは以下のとおり。


PS2

  • DESTROY ALL HUMANS!2
  • DIRGE of CERBERUS FINAL FANTASY VII
  • DISCAEAZ Cursed Memories
  • DRAGONBALL Z BUDOKAI:TENKAICHI 2
  • FINAL FANTASY XII
  • GOD of WAR
  • GUITAR HERO II
  • JUSTICE LEAGUE HEROES
  • MADDEN NFL 07
  • MLB 06 THE SHOW
  • MORTAL KOMBAT ARMAGEDDON
  • NBA 07 FEATURING the Life Vol.2
  • OKAMI
  • ROGUE GALAXY
  • Singstar
  • SOCOM v.s. NAVY SEALS COMBINED ASSAULT
  • URBAN CHAOS RIOT RESPONSE
  • YAKUZA

PSP

MIAMI VICE THE GAME
BATTLEZONE:ENGAGED
DEATH JR Root of Evil
SONIC RIVALS THE GAME
MLB 06 THE SHOW
DEF JAM FIGHT FOR NY THE TAKEOVER
RACE DRIVER 2006
NCAA 07 FOOTBALL
WORLD TOUR SOCCER 06
NASCAR
NBA 07
MADDEN NFL 07
MONSTER HUNTER FREEDOM
Gangs of London
Pixer/Cars
DUNEON SIEGE THRONE of AGONY
Every Extender Extra
50cent Bulletroof G unit Edition

ATV Offroad Fury PRO
LOCOROCO
Ace Combat X:Skies of Deception
BLADE DANCER LINEAGE OF LIGHT
Lemmings
FIELD COMMANDER
BOMBERMAN
METAL GEAR SOLID DIGITAL GRAPHIC NOVEL
SOCOM U.S.NAVYSEALS FIRETEAM BRAVO 2
LUMINES 2

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」