ニュース
» 2006年05月11日 18時57分 公開

WiiでFPSも大きな変化を遂げる。ローンチタイトル「RED STEEL」E3 2006「Wii27番勝負」(その2)

ユービーアイソフトのWii向けFPS「RED STEEL」をプレイ。一昔前よりは随分良くなっているとは言え、FPSに苦手意識を持つ日本人ではあるが、その意識が完全に取り除かれる日も近いかもしれない。

[遠藤学,ITmedia]

 Wiiのコントローラを初めて見て思ったのは“振るとさぞかし楽しいだろうなぁ〜”というものだった。そう、例えばFPSなど臨場感あふれるタイトルをプレイしたとしたら、どれほどの快感を得ることができるのか? それがとにかく気になって仕方がなかった。

 そして先ごろ行われた任天堂メディアブリーフィングにて、この欲を満たしてくれそうなタイトルを見つけた。ユービーアイソフトの「RED STEEL」である。「The Legend of ZELDA:Twilight Princess」も大いに気になるタイトルではあったが(特に弓の使い方とか)、残念ながらFPSではない。WiiでFPSをプレイすると、どのような体験を得られるのか? それを真っ先に知りたかったのである。

 まずRED STEELの内容について触れておくと、侍やヤクザが出てくる、ひと目見ただけなら日本が舞台と言ってしまいそうな、でも良く良く見てみると、侍屋敷から現代風の街並みが広がる未知の国(仮想日本というのが一番しっくりくるかも知れない)を舞台にしたFPSとなる。かなり回りくどい説明となってしまったが、これにはもちろん理由がある。ブリーフィングと同様のステージをプレイすることはできたのだが、すぐにステージが開始されてしまったうえに、合間にはさまれるムービーなどもなく、どのようなストーリーとなるのか、まったく把握することができなかったのである。あくまでプレイしての想像の範囲でしかないが、画面写真と合わせて、本作の内容を知るための材料のひとつとしてもらえれば幸いだ。

photophoto RED STEELのゲーム画面。このように見た目はバリバリの純粋FPSそのもの

 次に操作方法についてだが、メインコントローラ「Wiiリモコン」で視点と攻撃、拡張コントローラ「ヌンチャク」で移動が割り当てられていた。文章にするとかなり簡単なように思うかもしれないが、右手と左手にそれぞれ異なるコントローラーを持った経験などないため、右手を動かすと左手も勝手に動いてしまう(その逆もまたしかり)、といったように、想像以上に操作には悩まされた。とは言え、こういったものはプレイしているうちに慣れてくるものなので、大きな問題とはならないだろう。むしろ、ちょっとした動きにも正確に反応を示してくれるため、それに対する感動のほうが大きかったほどだ。

 なお、今回のデモ版では、マシンガン、ショットガン、木刀、刀の4つの武器が扱えるようになっていた。Wiiリモコンで照準を合わせながら、Bボタンで発砲する射撃要素もすばらしかったが、注目すべきは近接武器にある。ほかのWiiタイトルにも共通することだが、“振る”のがとにかく面白いのだ。目前へと迫った敵に向かい、上から切り下げるのも、下から切り上げるのも、すべてプレーヤーの判断ひとつ。振り方次第で多彩な反応が返ってくることに、感動しっぱなしであった。

photophoto 近接武器での戦闘の場合は、特に自身の直感に左右される。アクションはもちろん、RPGやSLGにおいて、敵から攻撃を受けた時、思わず反応してしまう人は、本作をうまくプレイする素質があるかもしれない

 また、本作の近接戦闘には、防御の概念も組み込まれている。敵からの攻撃に対し、とっさの判断で防御を行いはじく、そしてすきのできた敵に向かい、上や下から切りまくるのである。その爽快(そうかい)感と臨場感は、まさに言葉では言い表せないものとなっていた。


 Wiiのロンチタイトルとしては、「The Legend of ZELDA:Twilight Princess」や「Wii Sports」、「DRAGON QUEST SWORDS」や「スカッとゴルフ パンヤ」といったタイトルが発表されている。そんな中で、一昔前よりは随分良くなっているとは言え、FPSに苦手意識を持つ日本人にとって、RED STEELはちょっと及び腰になってしまうタイトルかもしれない。しかし、Wii(の2つのコントローラ)の登場により、FPSというジャンルにも大きな転機が訪れるかもしれない、と感じたことも事実だ。新しいハードで、より多くの新たな体験をしてみたいという人は、ぜひRED STEELをプレイしてみることをお勧めしたい。

photophoto 武家屋敷で戦っていたかと思えばパチンコ店へ。海外からの、一昔前の日本のイメージと、現在の日本のイメージを掛け合わせたような時代背景にも面白さを感じた。ちなみにパチンコ店の入り口を抜けたところにある「幸運」の文字が、個人的なツボだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響