ニュース
» 2006年05月12日 07時52分 公開

バンダイナムコのWiiタイトル「ワンピース」、「ガンダム」そして「競馬」に「ドラゴンボール」E3 2006「Wii27番勝負」(その4)

任天堂ブースに設置されているバンダイナムコゲームスのWiiタイトル3作+1をレッツプレイ。それぞれに特徴があって非常に楽しめた。もちろん、かめはめ波も打てます。

[今藤弘一,ITmedia]

 バンダイナムコゲームスが発表しているWiiタイトルは以下の9タイトル。この中で「SD GUNDAM G BREAKER」、「ONE PIECE UNLIMITED ADVENTURE」、「FINAL FURLONG」がプレイ可能。加えて、米国ではAatriから発売される「Dragon Ball Z Budokai: Tenkaichi 2」も、プレイアブルとして置かれている。ということで、プレイ可能な4タイトルについて紹介していこう。

タイトル名
FINAL FURLONG
Mobile Suit GUNDAM
SD GUNDAM G BREAKER
DIGIMON
ONE PIECE UNLIMITED ADVENTURE
New Action Game
New RPG
TAMAGOTCHI
タイトル未定
Dragon Ball Z Budokai: Tenkaichi 2(Atari)

がちゃがちゃ振ってハンマーで敵を叩け――「SD GUNDAM G BREAKER」

 「SD GUNDAM G BREAKER」(以下、Gブレイカー)は、「BREAKER」(壊し屋)の名前の通り、あたりかまわず壊しまくるゲーム。Wiiリモコンを振って敵を倒し、ビルを破壊していく、というものだ。

画像画像

 操作方法は至ってシンプル。ヌンチャクにあるコントロールスティックでガンダムは移動。Zボタンでジャンプ。前に振るとダッシュで移動する。そしてWiiリモコンで武器を操作して敵や建物を攻撃する。建物を攻撃すると、回復アイテムなどが登場した。

 体験したバージョンではガンダムハンマーが装備されており、リモコンの振り方の強弱によって、敵に与えるダメージが変わる。ビームサーベルとライフルも用意されているが、この場合はWiiリモコンのBボタンを押すことで攻撃が可能だ。武器はCボタンで変更できる。ガンダムハンマーを振り回しての攻撃はなかなか気持ちいい。思わず右手を振りかぶっている自分に気がつく。なお、敵に連続でヒットするとチェイン数もカウントされる。

画像画像

 今回は最初のステージしか体験できなかったが、ワイド画面に加えて、トゥーンレンダリングで動くSDガンダムはちょこちょこしていておもしろいし、何よりハンマーで何もかもをたたき壊すのが、これほど気分いいものだとは思わなかった。最初のうちは、ガンダムでビルを壊すことにとまどいを覚えていたものの、気がついたら辺り構わず振り回していることに……。発売されたら是非プレイしてみたいタイトルの1つだ。

今度はアクションアドベンチャー――「ONE PIECE UNLIMITED ADVENTURE」

 このタイトルは、日本でも「ワンピース アンリミテッド アドベンチャー」として発売される予定のアクションアドベンチャー。今回体験できたのは、フィールドで武器(つるはし)を見つけて、穴を掘ってアイテムを探したり、ちょっとした謎解きを行う、というものだった。

画像画像

 なお、このタイトルにも釣りが登場する。「The Legend of Zelda: Twilight Princess」同様に、Wiiリモコンを振りかざして投げると、釣り針が飛んでいくという形だ。

「かーめーはーめー、はっ」ができます――Dragon Ball Z Budokai: Tenkaichi 2

 こちらは「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」。米国ではAtariから発売されるタイトルだ。このソフトでは、「ドラゴンボールZ」シリーズのタイトルをプレイした人なら、必ず「こうしてみたい!」と思うことが実現している。それは「かめはめ波」。キャラクターの必殺技は、ヌンチャクのZボタンを押して、WiiリモコンのBボタンを押しながら、手を腰に引いて“いつものポーズ“を取り、拳を前に突き出すことで発動する。

画像 かーめーはーめー
画像 はっ
画像

 このほかの操作も非常に直感的。右手のWiiリモコンを上下左右に振ることで殴り、それに加えてBボタンを押すと強攻撃だ。移動はヌンチャクのコントロールスティックで行うが、ダッシュはヌンチャクを前に振ることで可能だ。

画像画像

ジョッキー気分を味わおう――「FINAL FURLONG」

 「FINAL FURLONG」は競馬ゲーム。日本では「ファイナルハロン」のタイトルで発売される予定のタイトルだ。

 この操作方法だが、まさに馬に乗る気分と同様の操作となる。アーケードでは馬型の筐体にまたがって操作したわけだが、今回はヌンチャクとWiiリモコンを両手に持ったらそのまま前に持ち、まさに“手綱”を引いているイメージで操作すればOKだ。

 馬を走らせるには前に強く振る。少しスピードを弱めたいときは手前に。左に行きたければ左側のヌンチャクを振り、右に行くときにはWiiコントローラを振る、となる。

画像画像

 E3バージョンでは「E3 CUP」と銘打ち、1レースを開催。逃げ切り馬と追い込み馬の2種類から選んでプレイできた。コントローラーはそれほど強く振る必要はない。手首を使って手を振る程度で十分操作できた。ただし最終コーナーを回った後の追い込みは別。思いっきり両手を振ってみよう。このときムチを入れるのはBボタンで。

画像画像

画像画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」