Wiiのセガタイトル「SONIC WILD FIRE」と「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」E3 2006「Wii27番勝負」(その7)(1/2 ページ)

セガが放つ「スーパーモンキーボール」、そして「ソニック」シリーズの最新作が、新世代機Wiiでお目見えする。元々アナログ操作が肝なタイトルだっただけに、Wiiリモコンというインタフェースを使うことで、新たなソニックアクションを産み出すことになりそうだ。

» 2006年05月12日 13時33分 公開
[仗桐安,ITmedia]

より感覚的になった分、難易度もアップ?――「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」メインゲーム

画像 サイドに壁がある場合は安心できるが、そうでないところだと容赦なく落ちてしまう…。その判定はけっこうシビアだ

 E3で試遊できた「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」はメインゲームとミニゲームに分かれており、メインゲームはシリーズファンにはおなじみの、あの「玉転がし」。猿キャラがなぜか中に入っている半透明のボールをゴールまで導く、というのが目的だ。従来のシリーズはアナログスティック1つでプレイできるお手軽さと、そのくせ絶妙なさじ加減が要求される鬼のような難易度の高さで、パーティーゲームでありつつマニアックな支持を得てきた。その流れは今作でも踏襲されており、想像に難くないだろうが、基本はWiiリモコンを動かすことでモンキーボールを自在に転がしてゲームを楽しむことができるのだ。

画像 バナナ取り放題のボーナスゲームも遊ぶことができた。シリーズ旧作を踏襲した作りになっているようだった

 元々感覚的なスティックの操作のみでゲームを成立させていたタイトルだけに、Wiiリモコンとの相性はバッチリ。リモコンの先端を少し前に倒せばボールが前に転がり、Wiiリモコンを左右に倒せばボールが左右に転がる。気持ちよいくらいに単純明快だ。だが今作において注目したいのは、ただ転がすだけではなくなった、という点。実はAボタンによるジャンプの要素が追加されたのだ。転がされるままに転がってきたモンキーボールが自らの意思で跳躍できるようになったことで、おそらくジャンプを活かした新たなステージも多く登場するだろう。

画像 今作では、ある程度ステージが進むとボスキャラが登場する。うまく敵の攻撃をよけて反撃の余地を伺わなくてはならない、硬派なプレイが要求された

 実際にやってみると、Wiiリモコンでの操作はすんなりとなじめたのだが、やはり慣れが必要なようで、どうってことないステージのすきまからぴょいっと落っこちてしまったり、目の前にゴールがあるのになかなか入れられなくて、もどかしい思いをした。Wiiリモコンが手になじみ、ボールを自在に繊細に動かせるようになるためには、少々の時間を要しそうな印象だった。

妙にハマりそうな珠玉のミニゲーム

 一方ミニゲームの方は、パーティにうってつけのお手軽で愉快な内容が満載。試遊台では12個のミニゲームがプレイできたのだが、筆者はそのうちの2つをやってみた。1つはWiiリモコンでぴょいっと輪を投げて画面上の棒に輪を通す輪投げゲーム。もう1つはシンプルななわとび。なわが下に来たらWiiリモコンをぴゅんっと上に動かすだけ、というものだ。

画像画像 こちらが輪投げ。いたってシンプルだが、さじ加減はけっこう難しい
画像 こちらがなわとび。タイミングが合わなければ一発で終わってしまう。切ないがなぜか笑える、良質なミニゲームだ

 どちらもシンプルながら相当に面白く、失敗しても笑えるし、成功すると気持ちがよいので、ぜひぜひ大人数でわいわい遊んでほしい内容だった。Wiiリモコンの魅力が分かりやすく、楽しめるミニゲーム群には期待していいだろう。

 思い返せばニンテンドーゲームキューブの同時発売タイトルに初代「スーパーモンキーボール」が名を連ねていた。今作もぜひぜひ同じ時期にWiiの楽しさを伝えるために活躍してほしいタイトルである。

画像
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」