ニュース
» 2006年05月12日 13時33分 公開

Wiiのセガタイトル「SONIC WILD FIRE」と「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」E3 2006「Wii27番勝負」(その7)(1/2 ページ)

セガが放つ「スーパーモンキーボール」、そして「ソニック」シリーズの最新作が、新世代機Wiiでお目見えする。元々アナログ操作が肝なタイトルだっただけに、Wiiリモコンというインタフェースを使うことで、新たなソニックアクションを産み出すことになりそうだ。

[仗桐安,ITmedia]

より感覚的になった分、難易度もアップ?――「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」メインゲーム

画像 サイドに壁がある場合は安心できるが、そうでないところだと容赦なく落ちてしまう…。その判定はけっこうシビアだ

 E3で試遊できた「Super Monkey Ball:BANANA BLITZ」はメインゲームとミニゲームに分かれており、メインゲームはシリーズファンにはおなじみの、あの「玉転がし」。猿キャラがなぜか中に入っている半透明のボールをゴールまで導く、というのが目的だ。従来のシリーズはアナログスティック1つでプレイできるお手軽さと、そのくせ絶妙なさじ加減が要求される鬼のような難易度の高さで、パーティーゲームでありつつマニアックな支持を得てきた。その流れは今作でも踏襲されており、想像に難くないだろうが、基本はWiiリモコンを動かすことでモンキーボールを自在に転がしてゲームを楽しむことができるのだ。

画像 バナナ取り放題のボーナスゲームも遊ぶことができた。シリーズ旧作を踏襲した作りになっているようだった

 元々感覚的なスティックの操作のみでゲームを成立させていたタイトルだけに、Wiiリモコンとの相性はバッチリ。リモコンの先端を少し前に倒せばボールが前に転がり、Wiiリモコンを左右に倒せばボールが左右に転がる。気持ちよいくらいに単純明快だ。だが今作において注目したいのは、ただ転がすだけではなくなった、という点。実はAボタンによるジャンプの要素が追加されたのだ。転がされるままに転がってきたモンキーボールが自らの意思で跳躍できるようになったことで、おそらくジャンプを活かした新たなステージも多く登場するだろう。

画像 今作では、ある程度ステージが進むとボスキャラが登場する。うまく敵の攻撃をよけて反撃の余地を伺わなくてはならない、硬派なプレイが要求された

 実際にやってみると、Wiiリモコンでの操作はすんなりとなじめたのだが、やはり慣れが必要なようで、どうってことないステージのすきまからぴょいっと落っこちてしまったり、目の前にゴールがあるのになかなか入れられなくて、もどかしい思いをした。Wiiリモコンが手になじみ、ボールを自在に繊細に動かせるようになるためには、少々の時間を要しそうな印象だった。

妙にハマりそうな珠玉のミニゲーム

 一方ミニゲームの方は、パーティにうってつけのお手軽で愉快な内容が満載。試遊台では12個のミニゲームがプレイできたのだが、筆者はそのうちの2つをやってみた。1つはWiiリモコンでぴょいっと輪を投げて画面上の棒に輪を通す輪投げゲーム。もう1つはシンプルななわとび。なわが下に来たらWiiリモコンをぴゅんっと上に動かすだけ、というものだ。

画像画像 こちらが輪投げ。いたってシンプルだが、さじ加減はけっこう難しい
画像 こちらがなわとび。タイミングが合わなければ一発で終わってしまう。切ないがなぜか笑える、良質なミニゲームだ

 どちらもシンプルながら相当に面白く、失敗しても笑えるし、成功すると気持ちがよいので、ぜひぜひ大人数でわいわい遊んでほしい内容だった。Wiiリモコンの魅力が分かりやすく、楽しめるミニゲーム群には期待していいだろう。

 思い返せばニンテンドーゲームキューブの同時発売タイトルに初代「スーパーモンキーボール」が名を連ねていた。今作もぜひぜひ同じ時期にWiiの楽しさを伝えるために活躍してほしいタイトルである。

画像
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響