「SonyMusic ANIME FES.06」でネオロマンスが渋谷に出張

5月6日、7日、東京・渋谷周辺で開催された「SonyMusic ANIME FES.06」で、パシフィコ横浜を聖地とする「ネオロマンス」が出張ライブを行った。緊張のファーストステージの様子をお届けしよう。

» 2006年05月19日 11時53分 公開
[塙恵子,ITmedia]
見よ、この盛り上がりを

 ゴールデンウィークも終わりに近づいた5月6日、7日、日本の代表的なアニメ作品と、そのテーマソングを歌うアーティストによるコラボレーションイベント「SonyMusic ANIME FES.06」が東京・渋谷近辺で開催された。

 「BLOOD+」や「鋼の錬金術師」、「交響詩篇エウレカセブン」に加え、「機動戦士ガンダムSEED」、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のライブが代々木第一体育館で大々的に催される中、その隣にあるライブハウス「SHIBUYA-AX」では、「ネオロマンス・ライヴ」が行われた。「ネオロマンス」初の出張ライブ、その緊張のファーストステージにおじゃました。

 ネオロマンスとは、コーエーが発売している女性向け恋愛ゲーム「アンジェリーク」、「遙かなる時空の中で」、「金色のコルダ」、「ネオ アンジェリーク」各シリーズの総称で、ゲーム以外にも書籍、CDと幅広く展開、この夏にはTVアニメの放送や、劇場版の公開なども予定されている。

 ネオロマンスの聖地とされるパシフィコ横浜で、作品出演者によるライブやイベントが定期的に行われているが、今回登場した先は、1階が完全立ち見の本格的なライブハウス。パシフィコ横浜のような大きなホールではないため、入場者数も限られている。開場前には整理券を持った大勢の女性が今か今かと入場待ちをしていた。

岸尾大輔さん

 1階は指定席ではないため、みんな陣取りに必死だ。前に行けば行くほど、お目当ての人を間近で拝めるので、当然気合いが入っている。開演前から会場は熱気に包まれ、じっとしていても汗ばむほどだった。

 バンド演奏が響き渡り、派手なライティングの中から出演者が姿を現す。出張先でも、熱いライブはそのままである。ロックありバラードありと、これまでと変わらない流れでライブは進んだが、大きなホールでは味わえない臨場感がとても新鮮に感じた。初のライブハウス公演とあって、出演者の表情には、緊張と喜びの両方が浮かんでいる。一方ファンはハイテンションで盛り上がっていった。

 恒例の「愛のメッセージ」コーナーでは、鳥海浩輔さん(遙かなる時の中で 十六夜 藤原泰衡役)の語る導入部に続き、神奈延年さん(アンジェリーク ランディ役)、立木文彦さん(アンジェリーク ヴィクトール役)からの“あま〜い”ささやきを聞き、ファンは半分溶けている。金色のコルダ柚木梓馬役の岸尾大輔さんが、最後も甘く締めるかと思いきや、「帰れよ」とピシャリ。幕に下がってしまった。会場からは「え〜」という不満の声も出る。本当にこれで終わりか?と思っていたところに、岸尾さんが再び登場。やっぱり甘い言葉で締め、場内は「キャー」という歓喜の声で溢れた。


GRANRODEOと2HEARTSが紹介される
熱唱する谷山紀章さん
僕たちのAnniversaryを歌うキャスト陣

 また7月から放送開始のTVアニメ「恋する天使アンジェリーク〜心のめざめる時〜」のオープニング曲「Infinite Love」と、エンディング曲「Dearest You」が紹介された。Infinite Loveは、谷山紀章さんと、ネオロマンスのバンド演奏を務める「BLOODY RUBY」のリーダー飯塚昌明さんの2人で結成された「GRANRODEO」が、Dearest Youは、立木文彦さんと森川智之さんによるユニット「2HEARTS」が歌っている。Infinite Loveにおいては、谷山さん自身が作詞を担当。両曲が初披露され、盛り上がりも最高潮になる。


エンディング

 会場全員でおなじみの「僕たちのAnniversary」を歌い、エンディングを迎えた。森川智之さんが「いつもの聖地から渋谷に場所を移しました。ライブハウスもいいですね」と話し、貴重なライブハウス初公演は終了した。終わった頃には、わたしも汗だく。運動した後の心地よい疲労感が残った。

撮影/大山雅夫


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  9. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」