ニュース
2006年06月14日 19時59分 更新

4つのゲームソフトメーカーの人気キャラクターが集結――「カオス ウォーズ」 (2/4)

アイディアファクトリー参戦キャラクター

日向 タケル(「破滅のマルス」より)

 近未来の日本。火星探査船が墜落して以来、街には怪物がはびこり、人を好んで襲うようになる。それら“遺跡人”と戦う人々を描いたのが「破滅のマルス」。気弱なタケルだが、エンディアでも戦うことに。

wk_060614if12.jpgwk_060614if13.jpg 特殊機動隊AASTに所属する青年。争いは好まないものの、特殊防護服との相性がよかったために遺跡人と呼ばれる怪物と戦うことになる


ミュウ&ヒロ(「ネバーランドシリーズ」より)

 エルフや魔族、そして現世界から召喚された人間など、多くの種族が混在する異世界ネバーランド。種族間差別により争いは絶えず、その歴史を描いてきたのがネバーランドシリーズ。最近の戦いで、ミュウは解放軍、ヒロは皇国軍の一員として、戦いの裏に潜む存在を暴きだす。常人離れした戦いぶりを本作でも発揮する。

wk_060614if14.jpgwk_060614if15.jpg 「ミュウ」:ネバーランドの伝説的存在の孫娘。ボーイッシュな外見や言葉遣いとは裏腹に、家事全般をこなし、とくに料理は得意という、女の子らしい一面も持つ

wk_060614if16.jpgwk_060614if17.jpg 「ヒロ」:ネバーランドを支配していた大魔王ジャネスの娘で、爆炎の申し子の異名を持つ。第一次ネバーランド大戦のきっかけを作った人物。しかし、大陸統一もつとめた


レッド・エンターテインメント参戦キャラクター

沖田 総司(「新選組群狼伝」より)

 キャラクター原案は「るろうに剣心」や「武装錬金」の和月伸宏氏。キャラクターデザインは「サクラ大戦」、「岩窟王」の松原秀典氏など、豪華キャストが話題になったACT「新選組群狼伝」。幕末の日本を揺り動かした新選組の活躍を描いた本作からは、主人公、沖田 総司が登場する。

wk_060614if18.jpgwk_060614if19.jpg 「沖田 総司」:幕末の時代に活躍した、新選組一番隊隊長。天才的な剣の腕を持ち、10才には免許皆伝に達したほど。しかし肺結核をわずらい、若くしてこの世を去った


グレイヴ&ミカ(「ガングレイヴ O.D.」より)

 手当たり次第に破壊、破壊、破壊! 2丁の巨銃ケルベロスをぶっ放すフルブレイクガンアクションからは、漆黒の破壊神ビヨンド・ザ・グレイヴが参戦。巨大マフィア組織ミレニアムの覇権を巡る戦いの中心にいたのが、最強の殺し屋ブランドン・ヒート。鉄の掟、恋人との別れ、友人の裏切り、ボスの死……さまざまな人間模様が絡み合う中で彼は殺され、改造された後に死人兵士グレイヴとなって蘇る。2丁拳銃を華麗に操り、兵器を満載した棺桶をブン回すグレイヴがエンディアでも大暴れする。

wk_060614if20.jpgwk_060614if21.jpg 「グレイヴ」:親友に殺された後、死人兵士として改造され蘇った殺し屋。感情を奥底に秘め、非情に徹し悪を討つその姿は、闇社会の伝説にすらなっている

wk_060614if22.jpgwk_060614if23.jpg 「ミカ」:ミレニオンの創始者ビッグダディの娘。芯が強く時にはグレイヴと戦う。今作では部分的に身体が結晶化されている模様



[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.