ニュース
» 2006年06月16日 00時00分 公開

対をなす黒く怪しいもうひとつのFFXIII――「ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII」「ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII」(その2)

「FFXIII」はひとつではない。野村哲也氏が直接ディレクションするもうひとつのFFXIIIは、深く闇の中から我々の目の前に現れた。先日の発表会で公開された映像から改めて検証してみた。

[ITmedia]

それは唐突に発表された

 ファイナルファンタジー最新作はひとつではない。複数の作品で構成される新たな伝説は、総称を「FABULA NOVA CRYSTALLIS FINAL FANTASY XIII」(ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII)としている。ラテン語で“新しいクリスタルの物語”を意味するこのプロジェクトは、北米時間の5月8日、世界最大のゲームイベント「Electronic Entertainment Expo 2006」(E3 2006)に先駆けて行われたスクウェア・エニックスのプレスイベントにおいて発表された。

 それがプレイステーション3用ソフトとして製作されている「ファイナルファンタジーXIII」と「ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII」、そしてケータイ用コンテンツとして開発されている「ファイナルファンタジー アギトXIII」の3作品である。3作品がそれぞれ独立、登場人物もストーリーもゲームシステムすらも異なり、新たなクリスタルの物語を紡いでいく。

 今回は「ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII」の根幹となる「ファイナルファンタジーXIII」と対をなす形で企画された「ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII」(以下、ヴェルサス XIII)を紹介したい。

 ヴェルサス XIIIは、ディレクターを野村哲也氏が担う。「ファブラ ノヴァ クリスタリス FFXIII」全作品のコンセプトデザインとキャラクターデザインも担当していることから、今作がどれだけ重要かは推して図るまでもない。発表会で野村氏は、「今までにない新しいFFということで、アクション要素の高いものを考えている。物語は“絆”をテーマに、痛みを感じるリアルなキャラクターとストーリーを描いていきたい」とコメントしている。野村氏は今作を「これまで自分たちが追ってきた作品性のひとつの完成形にしたい」と意気込みも語っていた。


「ヴェルサス XIII」

 “ヴェルサス”とはラテン語で“向きを変える”という意味。ムービーを「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」のスタッフが、ゲーム部分を「キングダム ハーツII」のスタッフが担当するとか。上映された映像では、現代とさほど変わらない世界が舞台となっている。しかし、そこはテクノロジーと魔法が混濁した、ダークな世界が広がっていた。

新宿の高層ビル群にも見えなくはない現代世界によく似た世界が舞台。ネオン輝くその場所は、もちろん現代のものではない。魔法とテクノロジーが合わさった独自の文明が息づくどこか乾いた世界だった
この高層建造物のいずこかに鎮座するどこか憂いのある男性が今作の主人公。紅い瞳を持つ彼が玉座と思しき場所からゆっくりと立ち上がる。彼が見つめる先にはなにが写っているのだろうか?

ひとり歩を進めると外には銃器を抱える兵士の姿が。そして彼に向けて一斉射撃を試みる。ひとりに対するにはあまりにも過剰なこの攻撃にも、黒い衣をまとう主人公は動じることはない。画像からはマシンガンやライフルなど、近代兵器に近い銃器を甲冑を着込む兵士が構えているのが分かる
しかし、兵士の撃った弾は彼に届くことなく宙に留まり落ちていく。彼の周囲に次第に現れる幾本もの剣や斧……。どうやら彼が喚び出したらしい

そのうちの1本に彼が手をかざすと、吸い寄せられるように剣が実体化していく。剣、斧、ランス、メイス、槍など、この画像からは11本の武器が確認できる。戦況に応じて武器を変えていくアクション要素の高い作品になりそうだ
そして手に取った剣を横に払う。イメージ的には「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN」のクラウドが使用した、次々と剣を替えながら切り結ぶ必殺技を彷彿とさせる。果たしてどうクリスタルが関わってくるのか。彼は果たして誰なのか……。それが分かるのはまだまだ先になりそうだ


「ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII」
対応機種プレイステーション 3
メーカースクウェア・エニックス
ジャンルRPG
発売予定日未定
価格未定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声