ニュース
» 2006年07月04日 16時11分 公開

テクモ「BASTARD!! -ONLINE-」が1年の沈黙を破り情報公開(1/2 ページ)

テクモは、2006年にサービス開始を予定しているMMORPG「BASTARD!! -ONLINE-」のキャラクターとモンスターの一部設定などを公開した。昨年7月に発表されて以来の長き沈黙を破ったその姿に期待も高まる。

[ITmedia]

 2005年7月に行われた「テクモ新機軸戦略発表会」で発表されて以来、1年あまりの長き沈黙を守っていたMMORPG「BASTARD!! -ONLINE-」がその姿を表した。2006年サービス開始を予定している本作は、水面下でしっかりと開発が進められていたようだ。

 本作はそのタイトルのように、人気コミック「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」をベースに描かれる。ゲームの舞台はコミックで描かれるストーリー以前からスタートし、コミックのパラレルワールドを冒険することになる。

ストーリー

古戦場フィールド。かって「魔躁兵戦争(ゴーレムウォー)」が繰り広げられた戦場跡。地中に埋没するゴーレムの残骸が……

 ダーク・シュナイダーが四天王とともに、世界をその支配化に収めようと列国4王家に侵攻し、4年の長きに渡って続いた大戦争“魔操兵戦争”。

 数百を超える「魔操兵(ゴーレム)」と数万のデミヒューマン、そしてダーク・シュナイダーの「闇の軍団」によって4王家は壊滅的な被害を受けるも、メタ=リカーナ王国ラーズ王子率いる5大英雄らがダーク・シュナイダーを封印し、戦争は終わる……。

 この魔操兵戦争終結後、ダーク・シュナイダーを封印され、精神的支柱を失った闇の軍団四天王「カル」、「ネイ」、「ガラ」そして「アビゲイル」は、その共通の絆から解き放たれる。結果、闇の軍団は自然と霧散、彼らはそれぞれの思惑を胸に行動することとなる。

 またこの戦争終結とダーク・シュナイダー封印から派生したもうひとつの誤算。それがプレーヤーキャラの存在。これは正史にはない。「生まれるはずの無かった」者が生まれ、その僅かな誤差が大きなうねりとなり、宇宙の時間はその思惑をはずれ、微妙にその軌道を変えていく。


あの人気キャラクターとともに闘えるゲームシステム

 原作同様、世界を剣と魔法が支配する乱世を舞台にプレーヤーは、カル軍・ネイ軍・ガラ軍またはシーラ姫率いるメタ=リカーナ王国軍のいずれかに所属し、冒険を進めていくこととなる。

カル軍

 爆炎の魔術師ダーク・シュナイダーとならび称される氷の魔術師カル・ス。魔戦12将軍中心に、カルを妄信的にカリスマ化する旧闇の軍団第一軍がカル軍。ダーク・シュナイダーの意思を継ぎ、世界征服そして絶対的な破壊の力で一度世界を壊し新たな理想郷を作り上げることがカルの目的。

ネイ軍

 ネイ率いる「鬼道衆」の本体はシーン・ハリ、カイ・ハーン、ダイ・アモンを初めとするネイ直接の弟子、頂点に君臨する雷帝アーシェス・ネイ配下の武の一門が鬼道衆である。ダーク・シュナイダーの恋人を自負し、それがゆえに闇の軍団にも参加していたため、ダーク・シュナイダーを失った今、その失望や絶望は大きい。失意のネイの憎悪はダーク・シュナイダーを倒したメタ=リカーナの王子ラーズやその国民に向けられている。

ガラ軍

 もともと自己顕示欲や支配欲の薄いガラにとって魔操兵戦争は、あくまで盟友ダーク・シュナイダーへの付き合い。ガラを人格的にも力量的も神格化し、鉄の結束で慕うニンジャ軍団は、ガラ以外の命令には決して従わない。軍団の中でも上位のニンジャは「霞の目」という名の超絶能力を発揮する特殊部隊として機能している。

メタ=リカーナ軍

 闇の軍団との戦闘で、王子ラーズを失い、またそれ以上に多くの人命を失ったメタ=リカーナ王国。「封印」の絶対守護が王家の命題であるがゆえ、国内外・種族・傭兵を問わず戦闘人員を揃えた軍団が現在のメタ=リカーナ軍である。大神官ジオ、騎士団長ボン・ジョビーナなど高名な武人もいるものの、兵の士気は低く寄せ集めの印象は否めない。そんな中、第3王女のシーラ姫の人気は年を増すごとに高まり、いまや国王をしのぐ。清廉潔白、可憐な姫は皆が慕う、兵士たちの女神として存在。

 上記4勢力いずれかに所属し、プレーヤーはダーク・シュナイダー封印されし後の世界に影響を与える。果たして封印されたダーク・シュナイダーの行方は? 消息を絶った四天王の一角“冥界の預言者”アビゲイルの企みとは? そしてヨーコさんはどこへ……。

ともに戦い相対するキャラクターたち

「ダーク・シュナイダー」:原作主人公。かって魔躁兵戦争を起し世界をその支配下に収めようとした無敵の爆炎の大魔法使い。無限の魔力であらゆる魔法を使いこなす
「破壊神アンスラサクス」:原作登場。400年以上前に当時の人類のテクノロジーが結集された超巨大思考兵器。過去人類を殲滅の危機に落とし入れた
「アーシェス・ネイ」:原作登場。人間と闇(ダーク)エルフの混血であるダーク・ハーフ・エルフという希少種。ダーク・シュナイダーの恋人でもあり娘的な存在でもあった。雷を統べる最強の魔法剣士(通称:雷帝)。その呼び名に相応しく雷撃の呪文は超強力。又、破裏拳流剣法の達人でもある

「ガラ」:精鋭の忍者集団を従え数々の忍具・忍術を操る頼れるニンジャマスター。巨大な体躯が繰り出す技は軽妙かつ豪快
「カル=ス」:氷の至高王(ハイキング)。氷の呪文を得意とし、その魔力は師であるダーク・シュナイダーに比肩するといわれる
「シーラ姫」:正式にはシーラ・トェル・メタ=リカーナ。メタ=リカーナ国王女。普段はおっとりしているが王国を守る責任感は強い

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい