レビュー
» 2006年07月07日 15時09分 公開

これまでのシリーズをいいとこ取り――珍しくも中身はしっかりしたドット絵RPG「イリスのアトリエ グランファンタズム」レビュー(3/3 ページ)

[篠崎薫,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

懐かしのクエスト制が復活し、永遠に遊び続けることも

 5作目までは、街の人が主人公に頼み事をし、それに応じる形でアイテムを調合するというクエストが発生していた。イリスのアトリエシリーズになってからはなくなっていたが、今回それが復活している。ギルドへ出かけると数多くのクエストが張り出されていて、中には“何々というアイテムをX個持ってきて欲しい”というような、シリーズを昔からプレイしている人にとっては懐かしいものも用意されているのだ。

 これを引き受け、アイテムを調合して当人に渡せば、見返りとして報酬をもらうことができる。この時、報酬ではなくクエストポイントを入手する場合もあり、一定以上になるとミストルースとしてのランクがアップし、より高い報酬のクエストを請け負うことができるようになる。ミストルースとしてランクアップしていくと、ミッションと呼ばれる必須イベントが発生。エルスクーラリオに関する話が展開され、物語の核心に少しずつ迫っていくことになる。これをクリアすると、次の章が始まる仕組みだ。

 しかし、ストーリーを進めなくても本作は十分に楽しく、つい時間を忘れてプレイしてしまう。筆者など、その時点で覚えられる全スキルをマスターしてから次へ進もうと考えながら遊んでいてたため、やたらとレベルが上がりすぎてしまった……。それでも飽きずにプレイできるのは、ひとえにゲーム自体が面白いからだと言えるだろう。

photo 1作目ではよく見かけた、懐かしのクエストが復活している。これだけを遊び続ければ、ストーリーを進めないこともできてしまう
photo クエストポイントは、セレクトボタンを押せばいつでも確認できる
photo ストーリーは章立てで展開される。各章の頭にはムービーが流れるので、すぐに分かるだろう

これまでの良いところをすべて取り込み、新たな路線を見いだした1本

 オープニングを歌うのは、イリスのアトリエシリーズですっかりおなじみになった霜月はるかさん。今回は、Revoとのコラボレーションとなっているが、心に染み渡る歌声は健在だ。

 BGMも耳に心地よく響いてくる。どの曲も場面にマッチしたものなので、必然的に物語が盛り上がるのだ。BGMを聴かずにプレイするという人もいるようだが、それではどんなゲームも魅力は半減してしまう。筆者としては、ゲームの3分の1を損しているとしか思えないのだが……。

photo イベント絵をスクロールさせたりなど動かないムービーが多い中、非常によく動くアニメーションに仕上がっているオープニング。歌とも上手にシンクロしている

 全体的なバランスは、これまでの作品と比べてやや簡単になっているように感じた。今回も親切なヘルプが付いているので、マニュアルを見なくてもプレイできるのはうれしい配慮だろう。クエストといった昔懐かしい要素も入っているので、1〜5作目が好きだったという人も違和感なく遊べる。もちろん、イリスのアトリエシリーズのファンならば、間違いなく買いと言えるデキだ。

 このところ、ビッグメーカーの大作ばかりがピックアップされる傾向にあるが、そうではないところのタイトルにも、良作はたくさんある。本作も、そのうちの1本と言えるだろう。今では珍しいドット絵の画面に抵抗を感じる人もいるかもしれないが、肝心なのはその中身だ。オーソドックスにまとまっていながらも、随所にらしさを埋め込んである本作は、非常に良くできたタイトルだと感じた。食わず嫌いせずにプレイしてみれば、その面白さが間違いなく分かるだろう。

イリスのアトリエ グランファンタズム
対応機種プレイステーション 2
メーカーガスト
ジャンル錬金術RPG
発売日発売中
価格7140円(税込)
(C)GUST CO., LTD. 2006 / Character designed by Gust / Illustration:双羽 純


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声