最後は“やりたい放題”――サクラ大戦・歌謡ショウファイナル「新・愛ゆえに」公開稽古(1/2 ページ)

2006年8月12日から22日まで、青山劇場で開催される「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。その公開稽古が2006年7月15日に行われ、出演者より意気込みなども語られた。

» 2006年07月18日 16時09分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 2006年8月12日から22日まで、青山劇場で開催される「サクラ大戦・歌謡ショウ ファイナル公演『新・愛ゆえに』」。その公開稽古が2006年7月15日に行われた。1997年7月「帝国歌劇団・花組特別公演『愛ゆえに』」より始まった歌謡ショウも、今回の公演でファイナルを迎える。

「新・愛ゆえに」あらすじ

photo

 帝国歌劇団レビュウショウが華やかな幕を開ける。しかし、支配人大神一郎は、月半ばでその公演を終了し、「新・愛ゆえに」へ変更を決断した。一方、秘密部隊帝国華撃団の存続をかけ、米田一基、藤枝かえでは賢人機関と交渉を重ねていた。

 そこへ、元賢人機関の科学者であった暗闇博士が、帝都崩壊をもくろみ人造人間(モンスター)を帝都に放つ。花組は緊急出動するが、人造人間に苦戦する。さくら絶体絶命の危機に、花組の「愛」が輝いた。

 帝都は再び平和を取り戻し、そして第3幕ミュージカル仕立ての全5景「新・愛ゆえに」の幕が上がる。



photo

 記者会見には、作/総合プロデューサーの広井王子氏、音楽監督の田中公平氏、演出の茅野イサム氏のほか、横山智佐さん(真宮寺さくら役)、高乃麗さん(マリア・タチバナ役)、西原久美子さん(アイリス役)、渕崎ゆり子さん(李紅蘭役)、田中真弓さん(桐島カンナ役)、伊倉一恵さん(レニ・ミルヒシュトラーセ役)、折笠愛さん(藤枝かえで役)、陶山章央さん(大神一郎役)、富沢美智恵さん(神崎すみれ役)、西村陽一さん(西村ヤン太郎役)、武田滋裕さん(ベロムーチョ武田役)といったメインキャストに加え、ゲスト出演する真矢武さん(モンスター役)、三ツ矢雄二さん(暗闇博士)、岡村明美さん(藤井かすみ役)、増田ゆきさん(榊原由里役)、氷上恭子さん(高村椿役)が出席した。

photo

 「このキャストさんたちと10年間やれたことを大変誇りに思います」と切り出した広井氏。続けて「去年の夏公演が終わった時ぐらいから仕込みを始めていたんですが、実は劇場が取れなかったり、台本が固まらなかったりと、いろいろと大変な思いをして“10年目危ないな”という話をしながらやってきました。というのも、これまで花組のメンバーが身につけたものを全部たたき込んだら、最初の台本が4時間を越えまして……どう切っていくかを茅野さんと随分話し合いました。3回書き直して、今は4回目の台本。3時間半ぐらいですかね。本当にやりたい放題で、商業演劇でも小劇場でもなく“帝国歌劇団花組のショウ”というまったく新しいものになっています。ひとつひとつの素材が吟味されている、大変楽しい幕の内弁当のショウだと思います」と語ってくれた。

 ファイナルをうたっているからには当然ではあるが、最後ということを強く意識させられる広井氏の言葉には、何とも言えないものを感じた。なおここでは、“やりたい放題”のひとつの具体例として「ジェミニとエリカが来て、幕あいにちょっとしたコント(?)をします」(広井氏)というサプライズが明らかにされている。どの日に来場するかは定かではないが、最後にしてかなった夢の共演を楽しみにしてもらいたい。

photo

 続けて、舞台では途中に4年ほどの休みがあったものの、「サクラ大戦」を語るうえで欠かすことのできない人物のひとりである田中公平氏があいさつを行う。「例年では先に発売するはずの歌謡全集が、今回は公演後に発売されるということで、(お客さんにとっては)すべてがサプライズのショウになります。リピーターも多いので2日目には一緒に歌ってくれる方もいるかもしれませんが、それが段々と増えてきて、最後にはどのようになるかが楽しみです。今回はバンドも入りますので、いつもとは違ったライブ感も楽しんでいただけるのではないかと思います」と、音楽監督ならではの視点で見どころを語ってくれた。

photo

 また、演出の茅野氏は「10年前はまだ参加していませんでしたが、(参加するにあたって)当時のビデオを見た際、その初々しさと若さにものすごく感動したのを覚えています。と同時に、お芝居自体がすごくのどかでかわいらしくて、“あの娘たちがここまでなったのか”という意味で、今は感動しています。花組さんたちはただ年を経てきたわけではなく、その間にいろいろなスキルを積み上げてきています。それらを出しきった最高傑作にしたいと考えています」とコメント。“いろいろなスキル”というのがどれを指すのかは定かではないが、大いに期待したいところだ。

 なお、公開稽古では花組のテーマソングである「ゲキテイ〜激!帝国華撃団〜」の部分を含めた3つのシーンが公開された。内容については詳細は避けるが、中には“大神隊長切られる!”という衝撃的なシーンもあるので、しっかりとチェックしていただきたい。また、次ページには今回の公演にあたっての出演者の意気込みを掲載する。こちらも合わせてチェックしてもらえればと思う。

photophotophoto 楽屋での一幕。こういった何気ない日常のシーンが面白いのも歌謡ショウの特徴だろう
photophotophoto 大神隊長の戦闘シーン。最後は切られているように見えるが……
photophotophoto 公開稽古はいつも通り「ゲキテイ!」で締められた
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」