ニュース
» 2006年07月18日 18時28分 公開

井上喜久子さんとゲームジョッキーが名古屋に登場──エムゲーム夏の陣を追いかけてきました(2/2 ページ)

[麻生ちはや,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ネットゲームの魅力をもっと分かってもらいたい

 特設スペースでのイベント終了後、15分と短い時間ではあるがエムゲームジャパンマーケティンググループ グループ長であるキム・シン氏、エムゲームジャパン代表取締役 チェ・ジョンジュン氏、いまじん専務取締役 津坂富浩氏の3人に、エムゲームの今後の展開からいまじん新店舗オープンとあわせた、今回のイベントの理由などについてお話を伺うことが出来た。

画像 エムゲームジャパン マーケティンググループ グループ長CMO キム・シン氏

──新店舗の初日に加えて、イベントという皆様大変お忙しい中、お時間をいただきましてありがとうございます。まずはエムゲームジャパンさんに、イベントについて幾つか質問させてください。秋葉原からスタートした巡業ツアー、地方都市はこの名古屋が第1弾になりますが、いまじんの新店舗を選んだ理由は何ですか?

キム・シン氏(以下、敬称略) これまでコンシューマゲームと、PCゲームは完全に市場が分かれてしまっていましたが、これからは手をつなぐ必要があります。そこでコンシューマゲームに知識があり強い、いまじんさんと組むことになりました。

──全国ツアーは全5カ所で行われますが、名古屋だけが3日連続ですね?

キム はい、これはいまじん春日井南店オープンとの、相乗効果を狙ったものです。

──ちなみに今後、いまじんの他店舗でも、エムゲームのタイトルと絡めたイベントなど予定されているんでしょうか。

津坂富浩氏(以下、敬称略) ゲームを扱っている全20店舗で何かしら考えています。これは言ってもいいのかな? 実は愛知県では10月にまた新店舗がオープンする予定でして、その際にはまた同じようにエムゲームさんのイベントを行いたいと思っています。

キム ご覧になったと思いますが、この店舗内にも設けた「エムゲームブース」。あそこでは試遊台だけでなく各タイトルのクライアントCDも無料配布し、その結果をマーケティングにとして反映させる予定です。

画像 エムゲームジャパン代表取締役 チェ・ジョンジュン氏

──ところで、今回のイベントツアーはエムゲームジャパンという会社の知名度アップと、個々のタイトルの知名度アップどちらを狙って行われてるんでしょう。

チェ・ジョンジュン氏(以下、敬称略) もちろんどちらも高めたいですが……今回は熱血江湖オンラインをメインに、そして鬼魂のプレマーケティングも兼ねたといったところでしょうね。今回のイベントツアーは、“サービス精神を形で見せる”という意味合いもあります。

──逆にいまじんさんに伺いますが、エムゲームブースを設置したりイベントを店舗内で行うメリットはどこにあるんでしょう。

画像 いまじん専務取締役 津坂富浩氏

津坂 メリットというか……ゲームの面白さをもっと一般のお客様にきちんと伝えたいということですね。以前うちはアーケード機を設置していたんですが、これはコンシューマゲームのユーザー層に“コンシューマゲームの未来像”という形でアピールしていました。ところがアーケードはいまパっとしないですよね、コンシューマに関しても私は遊びの限界、面白さの限界に来てると思っています。業界全体も盛り上がらないこの状態を打破するのは、やはりネットなんだろうなと。今までコンシューマゲームにしか目がいかなかったお客様にも、いまじんに来た際にネットゲームに触れて、もっと知って欲しい。それとともに、一旦ゲームそのものから離れてしまった年代のユーザーに、もう一度戻ってきて欲しいですね。

──最後にメッセージをいただけますでしょうか。

チェ 名古屋駅からここに来るまでに感じたんですが、いまじんさんの店舗は商店街や繁華街にあるのではなく、住宅街に大型店舗を設置することで、地域密着型の展開をしているなと。オンラインの世界も同じように、ユーザーにもっと近い存在にならねばと思っています。ゲームジョッキーというGMより、ぐっとユーザーに身近な存在を置いたのもそういった理由です。日本でのビジネス展開は、後発組にあたりますので、謙虚に頑張っていきたいです。

キム 日本のオンラインゲーム市場はまだまだ大きくないので、ユーザーさんと一緒に情報交換しつつ作り上げて行きたいです。先ほどもユーザーに近い存在になりたい、という言葉がありましたが、ではどうやったらユーザーさんに近づけるのか? そういう存在になれるのか、まだ模索中ではありますが努力していきます。


 これから8月半ばまで続く、日本横断!エムゲーム夏の陣!!! はまだ始まったばかり。今回は東京から関西方面が中心となっているが、いずれは北海道まで展開する予定とのお話であった。キム氏が述べたように、いささか乱立気味のMMORPG市場でもエムゲームはかなり後発組み。だからこそ他社にできなかった戦略で、一般ユーザーに愛されるタイトルとサービスを提供して欲しいところだ。その頃には、ちょっとたどたどしかった、ゲームジョッキーの成長も見られる……かな?

画像画像画像
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声