ニュース
» 2006年08月03日 17時21分 公開

「桃太郎電鉄」の立佞武多が青森県五所川原市の夏祭りに登場――高橋名人も参加

ハドソンは、8月4日(金)〜8月8日(火)、青森県五所川原市で行われる「五所川原立佞武多」において、「桃太郎電鉄」のキャラクターを題材とした立佞武多(たちねぷた)を運行する。

[ITmedia]

 ハドソンは、8月4日(金)〜8月8日(火)青森県五所川原市で行われる「五所川原立佞武多」において、「桃太郎電鉄」の登場キャラクターを題材とした立佞武多(たちねぷた)を披露し運行する。

 2006年の4月下旬から五所川原市の協力を得て製作された「桃太郎電鉄 立佞武多」は、キャラクターデザインを担当する土居孝幸氏によるイメージイラストを元にしており、

山車には桃太郎やキングボンビー、お供の犬、猿などのゲームキャラクターが配置されている。

 運行初日の8月4日には、祭りの先陣をきって「桃太郎電鉄 立佞武多」が登場するということもあり、高橋名人も地元の子供たちと練り歩く予定。この様子はハドソンが今冬発売予定のシリーズ最新作「桃太郎電鉄16」(プレイステーション 2用ソフト)のオープニング映像として収録されるとのこと。

土居氏の手による「桃太郎電鉄 立佞武多」のイメージイラスト

 青森県五所川原市の「五所川原立佞武多」とは、明治中期から大正初期に行われていた五所川原市の伝統的なお祭り。当時は高さ約21メートルものねぷたが町内を練り歩いたが、電気の普及とともに市内に電線が張り巡らされるようになり、運行に支障が生じるようになり小型化(高さ約4.5メートル)されていた。1996年、有志により復元された高さ20メートル強のねぷたを「立佞武多」と命名。その後、駅前からの運行コース上の電線を地中に埋めるなどの「立佞武多プロジェクト」が発足し、1998年8月、約90年ぶりに復元された高さ約22メートル、総重量約17トン、7階建てのビルに匹敵する立佞武多の山車が市内を練り歩くようになり観光客を魅了するようになった。その後、五所川原市の夏祭りとして定着している。

 「桃太郎電鉄 立佞武多」は、高さ約8メートル、幅約2.5メートルで、台座の上に「桃太郎電鉄」シリーズの主要登場キャラクターである桃太郎、キングボンビー、犬、猿の人形ねぷた(燈籠)が載っている中量級タイプ。同シリーズのゲーム監督であるさくまあきら氏が、取材で青森県を訪問した際、五所川原市の立佞武多の迫力に圧倒されたことが今回の山車制作のきっかけとなったとのこと。これ以外にも「桃太郎電鉄」と青森県の関わりは深いようで、ハドソンが提供しているiモード用サイト「桃太郎電鉄」(月額情報料税込315円)内の「桃鉄物産館」コーナーにおいて、本年7月より青森県の特産物を販売している。


「桃太郎電鉄 立佞武多」の制作過程がこちら。骨組みが組まれた後に紙を張り、色付けしていく。仕上げの最後となる桃太郎の目入れ作業では、キャラクターデザインの土居孝幸氏(下の写真左側)も手伝って完成させた。明日から五所川原市の夜を、桃太郎電鉄が淡く照らし練り歩く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」