戦うメイドはこんなことまでできるらしい――「THE メイド服と機関銃」(1/2 ページ)

謎のロボ軍団からご主人様を護るため、機関銃を手に戦うメイドスタイリッシュアクション。発売直前となる今回は「メイドスタイル」など、本作のシステムについて、もう少し詳しく紹介する。

» 2006年08月04日 00時00分 公開
[ITmedia]
photo

 ディースリー・パブリッシャーから2006年8月10日に発売予定のプレイステーション 2用ソフト「SIMPLE2000シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃」。本作はメイドアンドロイド「ユウキ」を操り、ユウキが仕える博士(ご主人様)からタイムマシンを奪った組織を相手に、過去へとワープした先にいる少年時代の博士「マサキ」を守りながら、メイドらしく戦うアクションゲームとなっている。

 メイドらしさとは何か? それを表すシステムが、前回の記事でも紹介した「メイドスタイル」となる。メイドスタイルは「お茶をくむ」、「ホウキでお掃除をする」、「ちょっと可愛らしく回転してみる」など、メイドらしい一連のアクションのこと。R3ボタンを押せばどこでも繰り出すことが可能で、決まればポイント(ランク)を入手することができる。

 メイドスタイルには、繰り出すうえで覚えておきたいことがいくつかある。ひとつは“敵の少ないところで決めてもランクは低い”こと。加えて“敵がいない時はエフェクトが発生せず、ランクによってエフェクトが異なる”ことだ。例えば、敵が数体いる場合は「星のようなエフェクト」、敵の数が多い時やボス戦などでは「ハートのエフェクト」がキャラクターの回りに現れる。ランクはモーションの終わりにしか表示されないため、どれぐらいの難易度でメイドスタイルを決めたかをすぐに知りたい場合は、エフェクトを見れば一目瞭然(りょうぜん)となるわけだ。

photo 敵のいない場所でメイドスタイルを繰り出しても意味はない。しかも何だか寂しい……
photo ボス戦で決めればラブリーなハートのエフェクトとともに高ランクを得ることができる
photo 乱戦で決めることこそがメイドスタイルの醍醐味(だいごみ)だ!

 ここで“モーションの終わりにランクが表示されるなら、別にエフェクトを見る必要はないんじゃないか”と思った人もいるだろう。最もな意見だが、実はメイドスタイルには、“かなり長い間無防備の状態を相手にさらすことになる”という問題がある。

 「ホウキでお掃除をする」を例に挙げると、“ホウキでお掃除をする→汗を拭う→ポイントの表示”まで約3秒程度かかるのだ。ただし、危ないと思ったら“ある方法”でのみメイドスタイルはキャンセルすることができる。キャンセルできるチャンスが存在するため、モーションの終わりではなく、エフェクトでランクを確認する癖を身につける必要があるわけだ。

photo メイドスタイルと回避攻撃は、クリアボーナスに大きく関わる

 ちなみに、メイドスタイルは攻撃アクションではないため、使用しなければクリアできないということはない。しかし、これを決めたか決めていないかにより、後々の追加武器取得などに関わってくるため、覚えておいても損はないはずだ。

 メイドスタイルと同じくらい重要なシステムに「回避攻撃」がある。これは通常、アサルトライフルを手に戦っているユウキが、敵の攻撃をヒラリとかわし、素早く2丁拳銃に持ち替えて攻撃をする、見た目にも非常にスタイリッシュなもの。敵の攻撃モーションに合わせて△ボタンを押すと敵の攻撃をかわし、すかさず□ボタンを押すことで攻撃を行うことができる。さらに言えば、回避攻撃を行なっている最中に再度△ボタン、□ボタンと連続で押すことで、最大10連続で攻撃を繰り出す。回避攻撃はコンボとしてカウントされていき、ステージクリア後の累計数でランクが決定するという。

 また、回避攻撃のもうひとつの特徴として、“メイドスタイルのモーションをキャンセルできる”ことが挙がる。そう、先に述べた“ある方法”とは回避攻撃のことを指していたのである。密接に関係した2つのシステムをいかにうまく使いこなすか? それが本作の最大の特徴といっても過言ではないだろう。

photo メイドスタイルをくりだすユウキ。だが、後ろからは敵が攻撃準備に入っている
photo こんな時こそ回避でメイドスタイルをキャンセル
photo うまくいけば一気に反撃に転じ、敵を一掃することも可能だ

コスチュームで持てる武器が変わる

photo 武器はクリアランクが良ければどんどん増えていく

 アサルトライフル、ハンドガン、対戦車ライフルなど、本作にはさまざまな武器が登場する。武器にはそれぞれ特徴があり、例えばメインとなるアサルトライフルは、「装弾数」、「重量」、「威力」といった項目を3段階まで改造することが可能だ。

 ステージに持って行く武器は、総重量を超えない限り、プレーヤーが任意に選択することができ、総重量はコスチュームによって変化するという。コスチュームはゲームをクリアすると増えていき、「持てる武器の総重量が変わる」、「銃による攻撃力が上がる」、「剣のエフェクトの変化と共に威力が上がる」などのメリットが存在する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」