ニュース
» 2006年08月04日 00時00分 公開

戦うメイドはこんなことまでできるらしい――「THE メイド服と機関銃」(1/2 ページ)

謎のロボ軍団からご主人様を護るため、機関銃を手に戦うメイドスタイリッシュアクション。発売直前となる今回は「メイドスタイル」など、本作のシステムについて、もう少し詳しく紹介する。

[ITmedia]
photo

 ディースリー・パブリッシャーから2006年8月10日に発売予定のプレイステーション 2用ソフト「SIMPLE2000シリーズ Vol.105 THE メイド服と機関銃」。本作はメイドアンドロイド「ユウキ」を操り、ユウキが仕える博士(ご主人様)からタイムマシンを奪った組織を相手に、過去へとワープした先にいる少年時代の博士「マサキ」を守りながら、メイドらしく戦うアクションゲームとなっている。

 メイドらしさとは何か? それを表すシステムが、前回の記事でも紹介した「メイドスタイル」となる。メイドスタイルは「お茶をくむ」、「ホウキでお掃除をする」、「ちょっと可愛らしく回転してみる」など、メイドらしい一連のアクションのこと。R3ボタンを押せばどこでも繰り出すことが可能で、決まればポイント(ランク)を入手することができる。

 メイドスタイルには、繰り出すうえで覚えておきたいことがいくつかある。ひとつは“敵の少ないところで決めてもランクは低い”こと。加えて“敵がいない時はエフェクトが発生せず、ランクによってエフェクトが異なる”ことだ。例えば、敵が数体いる場合は「星のようなエフェクト」、敵の数が多い時やボス戦などでは「ハートのエフェクト」がキャラクターの回りに現れる。ランクはモーションの終わりにしか表示されないため、どれぐらいの難易度でメイドスタイルを決めたかをすぐに知りたい場合は、エフェクトを見れば一目瞭然(りょうぜん)となるわけだ。

photo 敵のいない場所でメイドスタイルを繰り出しても意味はない。しかも何だか寂しい……
photo ボス戦で決めればラブリーなハートのエフェクトとともに高ランクを得ることができる
photo 乱戦で決めることこそがメイドスタイルの醍醐味(だいごみ)だ!

 ここで“モーションの終わりにランクが表示されるなら、別にエフェクトを見る必要はないんじゃないか”と思った人もいるだろう。最もな意見だが、実はメイドスタイルには、“かなり長い間無防備の状態を相手にさらすことになる”という問題がある。

 「ホウキでお掃除をする」を例に挙げると、“ホウキでお掃除をする→汗を拭う→ポイントの表示”まで約3秒程度かかるのだ。ただし、危ないと思ったら“ある方法”でのみメイドスタイルはキャンセルすることができる。キャンセルできるチャンスが存在するため、モーションの終わりではなく、エフェクトでランクを確認する癖を身につける必要があるわけだ。

photo メイドスタイルと回避攻撃は、クリアボーナスに大きく関わる

 ちなみに、メイドスタイルは攻撃アクションではないため、使用しなければクリアできないということはない。しかし、これを決めたか決めていないかにより、後々の追加武器取得などに関わってくるため、覚えておいても損はないはずだ。

 メイドスタイルと同じくらい重要なシステムに「回避攻撃」がある。これは通常、アサルトライフルを手に戦っているユウキが、敵の攻撃をヒラリとかわし、素早く2丁拳銃に持ち替えて攻撃をする、見た目にも非常にスタイリッシュなもの。敵の攻撃モーションに合わせて△ボタンを押すと敵の攻撃をかわし、すかさず□ボタンを押すことで攻撃を行うことができる。さらに言えば、回避攻撃を行なっている最中に再度△ボタン、□ボタンと連続で押すことで、最大10連続で攻撃を繰り出す。回避攻撃はコンボとしてカウントされていき、ステージクリア後の累計数でランクが決定するという。

 また、回避攻撃のもうひとつの特徴として、“メイドスタイルのモーションをキャンセルできる”ことが挙がる。そう、先に述べた“ある方法”とは回避攻撃のことを指していたのである。密接に関係した2つのシステムをいかにうまく使いこなすか? それが本作の最大の特徴といっても過言ではないだろう。

photo メイドスタイルをくりだすユウキ。だが、後ろからは敵が攻撃準備に入っている
photo こんな時こそ回避でメイドスタイルをキャンセル
photo うまくいけば一気に反撃に転じ、敵を一掃することも可能だ

コスチュームで持てる武器が変わる

photo 武器はクリアランクが良ければどんどん増えていく

 アサルトライフル、ハンドガン、対戦車ライフルなど、本作にはさまざまな武器が登場する。武器にはそれぞれ特徴があり、例えばメインとなるアサルトライフルは、「装弾数」、「重量」、「威力」といった項目を3段階まで改造することが可能だ。

 ステージに持って行く武器は、総重量を超えない限り、プレーヤーが任意に選択することができ、総重量はコスチュームによって変化するという。コスチュームはゲームをクリアすると増えていき、「持てる武器の総重量が変わる」、「銃による攻撃力が上がる」、「剣のエフェクトの変化と共に威力が上がる」などのメリットが存在する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」