ニュース
» 2006年08月04日 15時02分 公開

漢にはやらねばならぬ時がある――果たし状が届いたので「パワプロ」マスコミ大会に行ってきた

「東京ゲームショウ2006」のコナミデジタルエンタテインメントブース内で開催される「第2回 実況パワフルプロ野球 日本一決定戦」決勝大会のマスコミ枠を争う熱き大会をお届け。

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

 2006年7月某日。突如やってきたメールにこんなことが書かれていた。
 “【果たし状】「実況パワフルプロ野球 日本一決定戦」マスコミ大会開催”

 「実況パワフルプロ野球」シリーズといえば、コナミデジタルエンタテインメントの人気野球ゲーム。1994年のスーパーファミコン用ソフト「実況パワフルプロ野球'94」に始まり、現在はプレイステーション 2用ソフト「実況パワフルプロ野球13」(以下、「パワプロ13」)が発売中だ。

 このたび案内が届いたマスコミ大会は、「東京ゲームショウ2006」のコナミデジタルエンタテインメントブース内で開催される「第2回 実況パワフルプロ野球 日本一決定戦」決勝大会のマスコミ枠を争うというもので、最新作である「パワプロ13」を使用して行われた。なお、マスコミ枠はあくまでサブ的な扱いで、メインとなるユーザー枠はしっかりと別に設けられている。予選大会はすでに始まっているので、もし参加したいという人はこちらでスケジュールなどを確認していただきたい。

 「パワプロ13」について簡単に紹介しておくと、前作までとの違いとしては、変化球情報の表示や落下点表示の基本表示が一新されたほか、キャッチャーウインドウの表示がなくなったことが挙がる。また、投手が投球モーションを開始する直前から盗塁操作が可能な「フライング盗塁システム」や、これまでは試合後にしか確認することができなかった配球データを、タイムをかければ試合中にいつでも見ることができる「いつでも配球データ」を導入。これまで以上に熱い投打の駆け引きが楽しめるようになっている。

photophotophoto
photophotophoto

 マスコミ大会に話を戻そう。我がITmedia +D GamesからはE記者が参戦。“(男ではなく)漢なら果たし状と聞いて行かないわけにはいかないんですよ!”と、ひとり意気込むE記者だが、実はひたすら「サクセス」(選手作成)モードをプレイしているせいで、対人戦はほとんどプレイしていなかったりする。

photo 大会の様子その1

 チームは福岡ソフトバンクホークス、先発にはエースの斎藤和巳投手を選択。試合自体は、内角、外角、低め、高めを使い分け、まずは相手の攻撃を封じた。対人戦の場合、CPU戦と異なり空振りさせるパターンというものがないため、いかに球を散らすかが重要になる。何球目かに必ず狙い打ちされるという人は、知らず知らずのうちに投球の癖を読まれていると考えたほうが良いだろう。

 ただし、対人戦をあまり得意としていないE記者でも気付いていることだけに、もちろん相手もそれを実践してくる。お互いに得点圏にランナーを進ませることができない、白熱のゲームが展開した。そして迎えた最終回。後攻だったE記者は、奇跡的にもヒットにヒットを重ね、2アウト満塁という場面を作り出す。この好機を逃すまいと集中力を極限まで高めたおかげか、続くバッターがライナー性のヒットを放つ。

photo 大会の様子その2

 満塁、サヨナラという場面でヒットを放ったのである。その場にいたギャラリー、とりわけE記者本人はこの瞬間に勝利を確信していただろう。だが、ヒットを打ったにも関わらず、一向に点が入る様子はない。何事かとランナーを見てみると、動いていないのである。慌ててランナーを動かすものの、いち早くこの状況に気付いた相手は、すでにキャッチャーへと送球済み。

 この状況では間に合うはずもなく、ホームでタッチアウトされてしまった。ちなみに、この後の回では、精神的なダメージを負ったE記者の投球が乱れ、相手に一挙6点を献上。その裏、最後の攻撃も目に見えて空振りが多くなり、試合はそのまま終了と相成った。E記者の不可解な行動が招いた敗北だけに、特に反省点などは見当たらないないのだが、あえて言うならば“満塁でヒットを打ってもコントローラを手放すのはやめよう”といったところだろうか。

 なお、先にも述べたように、「第2回 実況パワフルプロ野球 日本一決定戦」の予選大会はすでに開催されている。まだ募集が締め切られていない予選もいくつかあり、会場によってはビッグなゲストも登場するそうなので、興味のある人はぜひとも参加していただければと思う。

(C)2006 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
(社)日本野球機構承認
NPB BIS プロ野球公式記録使用
フランチャイズ13球場公認
(社)全国野球振興会公認
ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2005年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」