ド派手なアクションで、決めろ、スペシャルショット!「マリオバスケ3on3」レビュー(3/3 ページ)

» 2006年08月07日 18時44分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

いずれも熱く楽しい4つのモード

 本作には大きく分けて「チャレンジゲーム」、「トーナメント」、「エキシビジョン」、「たいせん」という4つのモードがある。

画像画像 とにかく何回もやって失敗から学習しよう。己の限界に挑戦だ

 チャレンジゲームでは「プラクティス」、「スペシャルショット」という項目でそれぞれ技の練習ができるほかに、「ドリブルレースタイムアタック」という項目でドリブルの技を磨けるミニゲームを遊ぶことができる。文字通りタイムアタック要素のあるミニゲームで、ちらばる「?」マークから効率よくコインを回収してコインが100枚たまったらゴールできるというシンプルなもの。ルールはシンプルだが用意された各コートはそれぞれひと癖もふた癖もあり、最初はうまくコイン稼ぎができないはずだ。慣れてくると自分なりのルートや必勝法も見つかるだろう。何の気なしに初めてみたこのモードが筆者のツボにはまったようで、やり出したらけっこうムキになってやってしまった。本編の箸休め的にたまに遊んでタイム更新を狙ってみるといいかもしれない。熱いミニゲームである。

画像画像 最初のうちは弱い敵ばかりなのだが… 最後のほうのバトルは熾烈を極めるはず。腕を磨いてぜひクリアしよう

 トーナメントでは、これまたマリオカートなどでおなじみの「キノコカップ」に始まり、「フラワーカップ」、「スターカップ」とトーナメントを勝ち進んでいくことになる。各カップで遊べるコートはそれぞれ趣向が凝らしてある。中にはボスパックンの口にボールを入れるコートなどもあり、飽きさせない工夫がふんだんに盛り込まれているのだ。勝ち進んでいくと使えるキャラが増えるので、1人でのプレイではまずやり込んでおきたいモード。最後に立ちはだかる「レインボーカップ」の最終戦では、開発がスクウェア・エニックスだからこそ登場させられた刺客たちも登場する。その姿は実際にプレイして確かめてほしいが、かなり強い相手なので心してかかってほしい。

 エキシビションは、対戦タイムやコンピュータの難易度を自由に設定して遊べるモード。気軽にいつでもコンピュータ対戦ができるのが魅力だ。また、たいせんではDSワイヤレスプレイとDSダウンロードプレイが可能。注意したいのは、本体と本作を2つずつ用意するDSワイヤレスプレイでなければ本編のエキシビションは遊べない、ということ。DSダウンロードプレイで可能なのはドリブルレースとコインハンターのみだ。

 ドリブルレースは、前述したドリブルレースタイムアタックの対戦版と考えてもらえればいい。複数人でのドリブルレースはタイムアタックとはまた違った面白さがあって、けっこう白熱する。また、コインハンターは手持ちの50枚のコインを奪い合うバトル。いかにもマリオのミニゲームといった感じで、アイテムを駆使しての容赦ないコイン争奪戦が繰り広げられる。これらはこれらで十分に面白いのだが、願わくばダウンロードプレイでも本編のエキシビションがプレイできるようにしてほしかった。更に贅沢なお願いをさせてもらえるなら、Wi-Fi対戦をしてみたかった、というのが正直な感想だ。敵がいて、相手がいてなんぼのスポーツゲームなだけに、Wi-Fiで無限に対戦環境が広がれば、より長く遊べる良作になっていたと思う。

画像画像画像 対戦プレイはやっぱ熱いっす。点の取り合い、取られ合いが楽しすぎます

気になるところはあれど、秀逸なスポーツ系アクションゲーム

画像画像 個性的なコートの数々も魅力のひとつ。氷のコートはめちゃくちゃすべるので攻守ともに大変!

 本作はバスケットボールのゲームというよりも、「マリオバスケ」という名の「バスケをモチーフにしたアクションゲーム」という印象が強い。これは筆者の場合、褒め言葉であって、リアルなシミュレーターとしてのスポーツゲームよりも、こういうゲームだからこそ体感できるスポーツゲームというのが個人的に大好きなのである。マリオのスポーツゲームはいずれにもそういった「ゲームだからここまでやっちゃってOKっしょ!」というはっちゃけたものが盛り込まれているのだが、本作でもそれはいかんなく発揮されている。操作系統も良好で、各キャラの個性や性能もバランスよく練りこまれていると思う。

 ただいくつか残念な部分もある。前述したWi-Fi未対応というのも残念だった。トーナメント後半の鬼のような難易度も正直たまらなかった。某強豪チームに何度戦いを挑んだことか。全体のゲームバランスは非常によいと思ったが、このトーナメントのラストあたりだけは突出して難易度が高いので、非常にもったいない気がしたものだ。

画像画像

 とはいえ、タッチペンによるアクションという点においては、かなりよくできている作品であることは間違いない。スクウェア・エニックスと任天堂のコラボレーションと聞くと話題先行な感はあるが、内容としてはしっかりと楽しいマリオスポーツシリーズとして、その責務はまっとうしていると思う。ここでは言えないが魅惑の隠しキャラや隠しコートも多く存在し、やり込み甲斐も十分。バスケに興味がない人でも、「マリオの新しいアクションゲーム」だと思ってプレイしてみれば、その楽しさは感じてもらえるはずだ。ニンテンドーDSでしか体験できない軽快なタッチペンアクションで、回転するダンクシュートやスペシャルショットの気持ちよさをぜひ味わっていただきたい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  9. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」