ニュース
» 2006年08月08日 10時00分 公開

ダークエルフとアデン、最後の戦場が明らかに──「リネージュ」エピソード5最新情報

[ITmedia]

 エヌ・シー・ジャパンは同社が運営するMMORPG、「リネージュ〜The Cross Rancor〜」の次期アップデート、「エピソード5 ラスタバド〜混沌の塔〜」の最新情報を公開した。

 今回明らかとなったのは、ダークエルフの本拠地である「ラスタバド」に関する情報がメイン。「地下大空洞」と繋がるラスタバドは、地下1階〜地上3階の4層構造になっており、さらにそれぞれのフロアが多数の部屋によって構成されている巨大マップだ。各階に四大軍王が待ち受けているだけでなく、部屋ごとに他の部屋へ移動するための扉があり、その近くにはボスモンスターが控えているという。さらに、扉が一旦開いて閉まる前に移動しなければ、部屋の中のプレーヤーは強制的に指定位置にテレポートさせられ、再度挑戦をやり直さなければいけなくなる。

画像画像

ラスタバドのボスモンスター達

■地下1階:暗殺軍王「スレイヴ」

画像 「スレイヴ」

スレイヴはブラッドアサシン師団と、暗殺旅団の傘下にある2つの独立師団を指揮している。暗殺団長「ブレイズ」と親衛隊長「カイト」率いる師団は、スレイヴの命令に絶対服従する組織力の強さを見せる。スレイヴはアサシン出身らしく接近戦でその実力を十分に発揮する。スレイヴは自らに挑む敵を決して拒むことはないが、戦闘時間が30分を越えると自分に挑む価値もない相手だとみなし、挑戦者たちをラスタバド城の外へ弾きだしてしまう。

画像画像 (左)暗殺団長ブレイズと(右)親衛隊長カイト

■地上1階:魔獣軍王「バランカ」

画像 「バランカ」

バランカはビーストマスターという名の通り、召喚したモンスターや部下たちの扱いに長けている。異界の魔獣や調教された野獣、そして敵とみなせば躊躇せず飛びかかる突撃兵たちが、バランカの恐るべきパワーと威容を増幅させる。バランカもまた、自らに挑む者たちを決して拒むことはない。ただ、バランカとの戦闘時間が40分を超えると、バランカはダラダラと続く戦いに嫌気がさして、挑戦者たちを城の外にはじき出してしまう。もしバランカに挑戦するときは、40分以内に倒さなくてはならない。

画像画像 (左)クリムゾンドレイクと(右)師団長シンクレア

■地上2階:魔霊軍王「ライア」

画像 「ライア」

ライアは黒魔法に精通しているウィザードで、エレメンタリスト師団とブラックウィザード師団を統括。彼女が闇の異空間から呼び寄せる精霊は、呪いの力で人々を悪夢で苦しませ、様々な呪いで苦痛を与える。ライアとの戦闘は40分以内で終わらせなくてはならない。

画像画像 (左)魔法団長カルミエルと(右)地の精霊ガーディアン

■地上3階:冥法軍王「ヘルバイン」

画像 「ヘルバイン」

今回のエピソードでラスタバドの最強ボスとして登場したヘルバイン。異界の魔族から力を借りているという疑惑が尾を引いているが、4大冥王の以外のダークエルフたちには、その事実を確認することは不可能に近い。不死の肉体を持つ鋼鉄の軍隊と魔族で構成されている破壊力のある軍隊を引き連れてその威容を誇示している。

 ヘルバインを倒すと、今回のエピソードではアップデートされていないダンテスに遭遇できる謎のヒントを入手できる。ただし、戦闘が30分を超えると、挑戦者の実力に怒りを覚え戦闘を中断してしまう。

画像画像 (左)冥法団長クリファスと(右)血の降霊師

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」