レビュー
» 2006年08月08日 14時43分 公開

美少女ゲームと美少女フィギュア。この食い合わせは悪くない「ディアピアニッシモ」レビュー(2/2 ページ)

[雛見沢秀一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

独断と偏見で選んだキャラクター名シーン

 さて、美少女ゲームのメインといえば、やはり魅力あふれるかわいい女の子であろう。本作にも、それはもう魅力的なキャラクターがあふれている。そんな本作の登場人物を、筆者独断の萌え度を交えつつ紹介していく。

●暮里菜葱
萌え度:★★★★☆
 少々引っ込み思案だが頑固な一面を持つ、声優志望の女の子。にもかかわらず極度の音痴だったりする。彼女の見どころは、興奮すると関西弁が出てしまうところ。普段はおとなしいナギが、関西弁でまくし立てる様は、かなりの萌えポイントだ。

photophotophoto

●鳴海澄香
萌え度:★★★★★
 とある理由で下の名前を呼ばせてくれない美人。だが、中身はひねくれている。生前は病弱だったそうだが今は常に強気。周りにトゲトゲしているせいで、ひとりになることもしばしばだ。そういった瞬間を見ると、つい守ってあげたくなる。しかし、中身がひねくれているから素直にならない。その一連のしぐさといったらもう! 思わずゲーム画面を見ながら、ニヤニヤしてしまうほどの、彼女のツンデレっぷりが見どころだ。

photophoto

●花山田先生
萌え度:★★★★★
 学園の教師で、学園長を敬愛している大人の女性。年上キャラは年齢の話に敏感、というのは美少女ゲームをやる上での共通認識であろう。彼女の見どころは学園長との掛け合いだ。学園長は女性なのだが、2人を取り巻く空気が徐々に妖しい雰囲気になっていき、何とも言えない妄想を抱いてしまう。

photophotophoto

●ぴあのたん
萌え度:★★★☆☆
 音の妖精である彼女の魅力は、コロコロと変わる表情と、愛くるしい仕草だ。シュウの体操着入れの袋にすっぽり入ったぴあのたんは、なんだか“男物のダボダボYシャツを着る女の子”を連想させる。また、その小さなナリで、シュウに対し「オンナ」を語る、そのギャップが萌え萌えだ!(なのだが、筆者のストライクゾーンからは外れているため、やや萌え度は低い)

photophotophoto

第1弾は様子見だった?

 ミュージックパートは難しいながらも面白く、キャラクターの誰もが魅力的。この手のタイプとしては文句のないデキである本作だが、あえて気になる点を挙げるとすれば、シナリオの短さとなる。ルート分岐がなく、ヒロインのストーリーも1本道なのだ。これは時間のない人にとっては手軽で遊びやすいだろう。だが、ヒロイン以外のキャラクターも魅力的なため、個々に起きるイベントや専用シナリオ、専用エンディングなどがあれば、なお良かったと感じてしまう。

 ボイスがないのも残念な点だ。過去シリーズ「エンジェリックコンサート」や「シンフォニック=レイン」では有名な声優が使われていたのに、本作だけボイスがないのはやはり寂しい。ただこれに関しては、本作のキモであるフィギュア型USBメモリの容量に関係していると考えられる。ボリュームを増やせばソフトの容量が増えるため、より大容量のUSBメモリを搭載する必要があるからだ。そうなるとどうしても定価が高くなってしまう。メーカーとしても断腸の思いだったのだろう。どこを増やし、なにを減らすか。このバランス調整が「Music Angel Collection」の今後の課題となりそうだ。

Dear Pianissimo
対応OS WindowsMe/2000/XP
ジャンル ショートノベル+ミュージックアクション フィギュア
発売日 2006年8月11日
価格(税込) 6800円
(C)2006 KOGADO STUDIO,INC. All Rights Reserved.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」