ニュース
» 2006年08月10日 16時41分 公開

ニンテンドーDSにジョブチェンジ――「ファイナルファンタジーIII」いよいよ発売(1/4 ページ)

ファミコンで発売されて以来、沈黙を守っていたシリーズ第3弾が完全リニューアルでニンテンドーDSに帰ってくる。スクウェア・エニックスがこの夏、すべてを刷新し、伝説を蘇らせる。

[ITmedia]

すべてはニンテンドーDSでの最高水準への挑戦

 1990年4月。スーパーファミコンが発売されるわずか半年前に発売されたファミリーコンピュータ最後のファイナルファンタジーシリーズは、機種が移り変わる度にリメイクされた「I」「II」とは異なり、16年の間長き眠りについていた。この夏スクウェア・エニックスは、グラフィックを刷新し、システムに手を入れた新たな「ファイナルファンタジーIII」(以下、FFIII)を、ニンテンドーDSで蘇らせる。

 FFIIIは、プレーヤーが任意で最適と思えるジョブ(職業)に変更できる。本作は場面によって有利に進められるというジョブチェンジシステムがゲームの要となっており、ポリゴンに置き換えられたまったく新しいキャラクターたちの見た目にも反映されていく。ストーリーやゲームシステムにも手が加えられ、時代に則したものになっているとのこと。それは、まったく新しい、しかし懐かしい――新旧どちらのファンも納得できるタイトルへと進化しているということだった。

――そのグルガン族の男は静かに語った

この大地震でさえも単なる予兆に過ぎぬと

世界の光の源であるクリスタルを

地中深く引きずり込み

魔物を生み出した大いなる震えさえも

これから起きることに比べれば

些細なことに過ぎない――


 ウルの長老・トパパにより育てられたルーネスは、村近くにある洞窟へと出かけることになった。そこは、かつて風のクリスタルが祭られていた神殿だったが、大地震の影響で今はその浄化された神殿の面影はなく、魔物が住まう誰もが近づかない場所となっていた。ルーネス、アルクゥ、レフィア、イングズの4人は運命に導かれるように集い、そしてサスーン城のサラ姫に出会う。ルーネスたちはクリスタルから光の力を受け取り、旅立ちの時を迎えるのだった。


サスーン城。パルメニア山脈地方一帯を治める王家の居城で、東西に2つの塔がそびえ立つ荘厳な建造物

サスーン城はジンの呪いにより、姿を変えられた人々が。サラ姫も姿が見かけられなくなっていた

4人の主人公たち

 クリスタルに選ばれし、4人の勇者。ファミコン版では当初、たまねぎ剣士で全員が孤児という設定だった主人公たちは、本作でさらに詳細な個性づけがなされている。ただし、どうやらゲーム開始と同時に4人全員がそろうわけではないらしい。ファミコン版では“たまねぎ剣士”から始まったのだが、DS版では新たに“すっぴん”という初期状態から物語が紡がれることに。ルーネス、アルクゥ、レフィア、イングズ――4人の勇者は、導かれるように出会い、そして巨大な敵へと立ち向かうことになる。


ルーネス

孤児でウルの長老であり養父であるトパパに育てられた少年。好奇心旺盛で前向きな思考の持ち主だが、どこか少し抜けていて、周囲に支えられて力を発揮するタイプ。言うことは勇ましいが、後になって発言を後悔することもしばしば。それでも言ったことには責任を持ち、最後までやり遂げようと努力する。周囲を鼓舞するムードメーカー的な一面を持っている

アルクゥ

思考は後ろ向きで自分から一歩を踏み出せない、ちょっぴり臆病者。外遊びより読書が好きで、その博識ぶりは誰もが認めるところ

レフィア

カズスの鍜冶屋タカじいさんに育てられた。タカじいさんからの厳しい修行に嫌気がさし、ここ最近は家出を繰り返している。容姿端麗でかなりの自信家ではあるが、根は優しい少女。明るく活発で、他者にも積極的に意見することからルーネスと衝突することもしばしば

イングズ

サスーン王に忠誠を誓う有能な兵士。城内にその勇猛さを知らない者はいない。4人の中では一番冷静でお兄さん的存在である

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声